COLUMN コラム

「もっといいクルマづくりの証明」 自動車研究家 山本シンヤ:KINTO専用アクア

この記事をシェアする

<この記事は5分で読めます。>

クルマをスマホと同じように月々コミコミ定額で利用できるサブスクリプションサービス「KINTO」。

ユーザーの用途や好みに合わせて様々なモデルの中から選択が可能だが、中には「人と同じのはイヤ」、「更に個性をプラスしたい」と言う想いがあると思う。

KINTOはそんな要望に合わせてトヨタ直系のカスタマイズブランド「MODELLISTA(モデリスタ)」、「GR PARTS」のパーツをプラスしたモデルも用意するが、何とKINTOでしか手に入れることができないスペシャルモデルも存在する。

それがヤリス/アクアに設定された「KINTOツーリングセレクション」だ。ここではアクア S“KINTOツーリングセレクション”についてベースとなるSグレードと比較して紹介していきたいと思う。

<この記事の目次>

  1. アクア S“KINTOツーリングセレクション”の内外装
  2. アクア S“KINTOツーリングセレクション”の走り

アクアは2011年に登場、プリウスと並ぶハイブリッド専用車として5ナンバーサイズのコンパクトボディと圧倒的な燃費の良さ、更にハイブリッドなのにリーズナブル価格が特長だ。

デビューから9年とモデルサイクルは長いものの、着実な進化・熟成によって商品性を維持しており、現在も好調なセールスを続けている。では、KINTOツーリングセレクションは何が特別なのか?

内外装

一つ目の特徴は専用の「内外装」だ。エクステリアはヤリス G“KINTOツーリングセレクション”と同じくルーフ、ドアミラー、シャークフィンアンテナ/アルミホイール(16インチ)をブラック化。

ちなみに16インチアルミホイールのデザインはノーマルには設定のないアクア S“KINTOツーリングセレクション”専用となる。

スポーティなイメージがプラスされているが元々装着されるメッキ加飾とのコントラストも相まってプレミアム感もアップ。

インテリアはシートやステアリング/シフトノブ(本革製に変更)をブラック+シルバーステッチでコーディネイト。加えて合皮革巻きのインパネ助手席オーナメントやピアノブラックのパワーウィンドウベース、シルバー塗装のサイドレジスターリングを採用。

ベース車に装着されるメッキ加飾とのコントラストも相まってエクステリア同様にスポーティ&プレミアムなインテリアだ。

また、ベース車ではオプションのオートライト/スマートエントリーの標準化やベース車には設定のないIRカットガラスや運転席アームレスト、6スピーカー仕様(ノーマルは4スピーカー)、など装備の充実もポイントである。

走り

二つ目の特徴はスポーティ&プレミアムな内外装に合わせた専用の「走り」だ。車体のスポット打点増し(10点)や床下ブレースの追加と専用のサスペンションチューニング(コイルスプリング/ショックアブソーバーの変更)を実施。

タイヤは195/50R16の組み合わせだ。ちなみにボディ補強はスポーツコンバージョンモデル「GRスポーツ」で実施されている内容を水平展開しながらもKINTOツーリングセレクションに合わせて最適化。パワートレイン(1.5L+モーター)はノーマルから変更はない。

ベースとなるアクアは低重心と軽量化を活かした走りは評価するものの、ボディの緩さや希薄なステアフィール、一体感の無いハンドリング、硬い柔らかいで言えば柔らかいが安定感に欠ける乗り心地。

GR SPORTはノーマルで感じた課題はおおむね改善されているが、普通のユーザーにはスポーティすぎるハードな乗り心地と、あっちを立てればこっちが立たずと言う感じだったが、KINTOツーリングセレクションはその悩みを解決する。

具体的にはボディがカッチリしていると実感できる剛性とドライバーの意志や操作に忠実に反応する一体感のあるGR SPORT譲りのハンドリング、ノーマルよりは若干硬めだがGR SPORTよりも優しい……と言うダンピングの効いたスッキリした乗り心地とまさにノーマルとGR SPORTのいい所取りの絶妙なセットアップの走りに仕上がっている。

ちなみにベース車との伸び代……と言う意味では、ヤリス G“KINTOツーリングセレクション”を上回る。

正直言うと、アクアは最新のヤリスと違い古いプラットフォームを採用しているため、ハンドリングと乗り心地の両立は難しいと思っていたが、KINTOツーリングセレクションは見事にバランスされた。この辺りは「古いプラットフォームだから仕方ない」と諦めるのではなく、「古いプラットフォームでもまだやれる事がある」と言った開発陣の「想い」と「挑戦」がクルマに表れていると感じた。これもある意味「もっといいクルマづくり」の証明と言えるだろう。

更にベース車ではオプションとなっているトヨタセーフティセンスや先行車発進告知機能、パーキングサポートブレーキ(静止物)付のインテリジェントクリアランスソナーなど予防安全装備の標準装備化も嬉しいポイントだ。

特別な「内外装」に理想のアクアと呼びたい特別な「走り」、そして充実した「装備」など、商品性が大きく引き上げられているアクア S“KINTOツーリングセレクション”。

アクア S“KINTOツーリングセレクション”

更なる驚きは「価格」である。

ノーマルモデルとの月々の支払額を計算(ナビ+バックカメラパッケージ選択で7年契約、有料カラー選択なし・追加オプションなし、ボーナス月11万円×14回を加算した場合)してみると、ノーマル21,120円に対してKINTOツーリングセレクションは22,330円とその差は1000円ちょっとだ。ただ、ノーマルは予防安全装備なしの価格でこれらをプラスすると価格差はほぼないに等しい。

KINTOでしか手に入れることができない“理想”のアクア、これは選ばない理由はないだろう。

取材・文/山本シンヤ(自動車研究家)

関連動画

アクア S“KINTOツーリングセレクション”紹介動画

この記事をシェアする

MEMBERSHIP

1分のメンバー登録で、
お得情報、見積もり保存、クルマ比較を
ご利用いただくことができます。

メンバーシップに登録

SNSをフォローする

  • ホーム
  • コラム
  • 「もっといいクルマづくりの証明」 自動車研究家 山本シンヤ:KINTO専用アクア

PAGE TOP