COLUMN コラム

東京から2時間以内! クルマで行きたい超おすすめスポット【デート編&ファミリー編】

この記事をシェアする

<この記事は10分で読めます。>

江ノ島や東京ディズニーランド、川越(小江戸)、駅チカのショッピングモールなどは、東京都内からでも気軽に電車で行くことができますよね。一方、電車ではアクセスしにくい場所や駅から遠い場所でも、クルマがあれば便利に楽しめるスポットがたくさんあります。そこで、日帰りでのお出かけを想定して、都内から片道2時間以内で行けるおすすめスポットを、「デート編」と「ファミリー編」、それぞれ3つずつ厳選しました。

【デート編】

デート編では、カップルにおすすめしたいデートスポットやドライブルートをご紹介します。

1)都内からクルマで1時間! 「愛の南京錠」発祥の地・湘南平で夜景ドライブ

神奈川県平塚市にある「湘南平高麗山公園」は、標高180mの高台にテレビ塔展望台と高麗山公園レストハウス展望台の2つの大展望台がある、夜景100選にも選ばれた県内屈指の夜景スポットです。また、訪れるカップルが、それぞれの名前や誓いの言葉を南京錠に書き込んでフェンスに取り付ける「愛の南京錠」発祥の地ともいわれています(諸説あり)。

湘南平のシンボル「テレビ塔」(旧展望台)

新展望台のある「高麗山公園レストハウス」

「愛の南京錠」をかけるモニュメント「ainowa(あいのわ)」

「高麗山公園レストハウス」は、1階が売店、2階がレストラン、3階が展望スペースとなっています。「愛の南京錠」をかけられるモニュメント「ainowa(あいのわ)」があるのは3階の展望スペース。南京錠はレストハウス内の各販売所で購入することができます。

360度パノラマの絶景を見渡すことのできる展望台。2台設置されている望遠鏡は無料で使用できる

夜景だけでなく、季節や時間によってさまざまな景色を楽しむことができる湘南平は、夕日や初日の出スポットとしても人気。また、高麗山の入り口から山頂までの山道は、春には満開の桜並木となります。桜のトンネルをドライブしながら絶景を前に愛を誓い合う……ロマンチックなデートになりそうですね!

▼高麗山公園
住所:神奈川県平塚市万田790番地
駐車場:あり(無料)
URL:http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/kanko/page-c_02820.html

2)お買い物やカフェスイーツも楽しめる! 「KAWAGOE@FARM」でいちご狩り

都心からクルマで1時間の距離にある埼玉県川越市の「@FARM」は、安心・安全にこだわった特別な農法で育てられたいちごが堪能できる農園です。新鮮な野菜やそこで作られたいちごを使ったジャムなどの加工品を購入できる「@FARM FARMER’S MARKET」や、それらを使ったメニューが味わえる「@FARM Café」もあり、いちご狩りだけでなく、お買い物やランチ、スイーツまでたっぷり楽しめます。

広々としたハウスは統合環境制御システムを完備。今年は全面開放し体験スペースは昨年までのおよそ2倍の広さだとか

いちご狩りはハウスに入れる人数を調整しているため、完全予約制。制限時間内(食べ放題は30分)は、常に快適にいちご狩りを楽しむことができます。「@FARM」のいちごは、「KOEDO ICHIGO 陽香-haruka-」というブランドのとちおとめ。その大きさにも驚かされますが、甘みと酸味のバランスが絶妙な飽きのこないおいしさに思わず舌鼓を打ってしまうほど。店内直売所の「@FARM FARMER’S MARKET」では、おみやげ用に購入することもできます。

自宅でも「KOEDO ICHIGO 陽香-haruka-」を堪能できる

ハウスではいちごだけでなくトマトや春菊などの野菜も栽培している

「@FARM FARMER’S MARKET」にはとれたての新鮮野菜やいちごジャム・トマトジュース・トマトソースなどの加工品が並ぶ

「@FARM FARMER’S MARKET」は、直営ハウスから10歩という、まさにとれたての新鮮野菜がズラリ! ハウスで収穫したいちごやトマトを使ったジャムやソース、ジュースなどの加工品はすべて無添加なので、子どもからお年寄りまで安心して食べられますね。マーケット内には、「@FARM」の野菜だけでなく、近隣農家から仕入れた新鮮野菜も並び、町の直売所として地元の方々にも愛されているそうです。

隣接している「@FARM Café」では、ハウスでとれたいちごやトマトをふんだんに使用したイタリアンメニューのほか、パフェやパンケーキといったスイーツも食べられますよ!

「KOEDO TOMATO」で作った無添加ソースを使った「フレッシュトマトとモッツアレラチーズのパスタ」

「KOEDO ICHIGO」100%の「いちごのパンケーキ」。小麦粉は埼玉県産を使用しもっちりとした食感

「@FARM」のいちご狩りは、1月~5月中旬ごろまで楽しめます。これからのおでかけにぴったりなスポットですね。予約をお忘れなく!

▼@FARM(アットファーム)
住所:埼玉県川越市大字今福1043-3
駐車場:あり(40台分)
URL:https://www.at-farm.co.jp/

3)都内ドライブイルミネーション2020

今年もイルミネーションが街を彩る季節がやってきました。ショッピングモールや公園、施設などでは、クリスマスイルミネーションとして点灯式が行われる場所も多いですよね。そんな中、都内では街頭イルミネーションも充実。ドライブしながらイルミネーションスポットをまわれる、デートにピッタリなルートをご提案します。

<今回のイルミネーションドライブルートはこちら>
・「原宿表参道 百年の灯りライトアップ」
・「Roppongi Hills Christmas 2020 けやき坂 イルミネーション (ロッポンギ ヒルズ クリスマス)」
・東京タワー
・レインボーブリッジ
・「丸の内イルミネーション2020」

イルミネーションドライブのコース

まずは表参道をスタートし、六本木方面へ向かいます。毎年、行われている表参道イルミネーション。今年は新型コロナウイルスの影響を受け、欅の木へのライトアップは実施されませんが、「原宿表参道 百年の灯りライトアップ」と題され歩道植栽帯にあかりが灯ります。

六本木ヒルズ周辺のイルミネーションは、例年通り実施予定だそうです。けやき坂のイルミネーションと東京タワーのコラボレーションは、「ザ・クリスマスイルミネーション」。ロマンチックの極みです。

けやき坂のイルミネーションを抜けて東京タワーへ向かう

下から見上げる東京タワーは大迫力

東京タワーを過ぎたら、お台場方面へクルマを走らせましょう。ライトアップされたレインボーブリッジからは、東京湾の夜景やお台場イルミネーション、さらにスカイツリーや東京タワーもきれいに見えます。お台場海浜公園でひと休みするのもいいですね。

お台場からはレインボーブリッジや東京タワーのライトアップも見ることができる

お台場をあとにしたら、東京・丸の内方面へ。19回目を迎える「丸の内イルミネーション」は、このエリアの冬の風物詩となっています。今年は過去最大の120万球のあかりが灯っているそうです。

丸の内イルミネーション。中通りのライトアップ

クルマに乗ったまま巡れるイルミネーションスポット。仕事後の待ち合わせでも間に合うよう、道が混んでいても2~3時間でまわれるルートになっています。ぜひ冬のおでかけの参考にしてみてください。

※各イルミネーションは、新型コロナウイルスの影響により、縮小または中止となる場合がございます。また、写真は本年のものではありません。

【ファミリー編】

ファミリー編では、大人から子どもまで一緒に楽しめるおでかけスポットをご紹介します。

1)高速を降りてわずか3分。家族で森の冒険へ出かけよう!
「フォレストアドベンチャー・小田原」

森をそのまま活用した、本格的なアスレチックが体験できる「フォレストアドベンチャー」。大人から子どもまで、夢中になって真剣に楽しめると人気を博しています。自然の中でおもいっきり体を動かしながらスリルを味わえるのが、最大の魅力。中でも、神奈川県小田原市にある「フォレストアドベンチャー・小田原」は、小田原厚木道路 荻窪インターを降りてわずか3分ほどの場所にあり、クルマで訪れるのにぴったりなアウトドアパークです。

最寄りの駐車場は「わんぱくらんど第2駐車場」。駐車場からは緑のフラッグが目印

「フォレストアドベンチャー・小田原」には、利用条件や安全システムの違う3つのコースが用意されています。それぞれ参加条件が異なりますので、お子さまの年齢や身長・体重に合わせて参加するコースを選びましょう。

「アドベンチャーコース」と「ディスカバリーコース」は、自己の安全確保を利用者自身で行うビレイシステムを採用しています。こちらの2つのコースは、利用者全員が事前にセーフティブリーフィング(安全講習)を受けてからのスタートになるので、初めてでも安心です。

簡単には木の上にものぼれません。不安定な綱のはしごはバランス感覚と筋力を使う

全国にあるフォレストアドベンチャーの中でも、ここ小田原はジップスライドの数が最大規模で、長さ100mを超える急傾斜や高さ18mの谷底は、足がすくむほど。他のパークより落差のあるターザンスイングは、バンジージャンプのようなスリルがあり、大人でも度胸が試されます。迂回コースも用意されているので、もしクリアするのが難しいと感じても大丈夫。

高さ18mの谷を木から木へと渡っていく。安全装置をつけていても揺れる橋から下を見ると足がすくむ

小さいお子さんでも本格的なコースが楽しめる

「フォレストアドベンチャー・小田原」は、伊豆や箱根、湯河原といった温泉地へのアクセスも良好。また、小田原市内には、日帰り温泉施設も充実しています。森の冒険で疲れた体を温泉でゆっくりと癒してから、帰路につくのもいいですね。

▼フォレストアドベンチャー・小田原
住所:神奈川県小田原市久野4391
駐車場:あり(有料)
URL: https://fa-odawara.foret-aventure.jp/

2) ゾウさんだけじゃない?! 約100種類の動物が暮らす「市原ぞうの国」

ゾウの国内最多飼育数を誇る「市原ぞうの国」。実はゾウ以外にもカピバラやレッサーパンダ、ペンギンなど約100種類の動物が暮らしています。ほぼ毎日開催される、ダイナミックな「ぞうさんショー」やゾウの背中に乗ることができる「ぞうさんライド」は大人気。そのほかにも、ゾウや動物たちと触れ合えるさまざまなアトラクションが用意されています。

子ゾウたちも芸達者。かわいいダンスを披露してくれる

ゾウにバナナやリンゴ、ニンジンなどのエサを直接あげることができる「ぞうさんのおやつタイム」

ゾウだけでなく、園内にいるほとんどの草食動物たちに直接エサをあげることができます。動物園の中でも、これほど身近に動物と触れ合える場所は珍しいですよね。たくさんの動物が暮らしているので、運がよければ生まれたての赤ちゃんにも会えるかも!?

人懐っこいカピバラは背中をなでさせてくれる

愛くるしいレッサーパンダも人気

「市原ぞうの国」から徒歩5分のところには、姉妹園の「サユリワールド」があります。「サユリワールド」では、キリンをメインに、約30種類の動物が飼育されていて、こちらもぞうの国と同様に“ふれあい”がテーマ。「サユリワールド」と「市原ぞうの国」間は、シャトルバスも随時運行されています。

千葉県のほぼ中央に位置する「市原ぞうの国」。都心からは東京湾アクアラインを使用して約1時間半の道のりです。週末や連休は渋滞することもあるので、海ほたるで休憩をとるといいでしょう。

▼市原ぞうの国
住所:千葉県市原市山小川937
駐車場:あり(有料)
URL:http://www.zounokuni.com/

▼サユリワールド
住所:千葉県市原市山小川771
駐車場:あり(有料)
URL:https://sayuriworld.com/

3) 都心から1時間半で北欧の森へ到着!? 「ムーミンバレーパーク」

埼玉県飯能市、宮沢湖畔の「メッツァ」内にある「ムーミンバレーパーク」は、北欧の雰囲気に包まれながら大人から子どもまで、1日中楽しめるテーマパーク。メッツァの入場料は無料ですが、駐車場やムーミンバレーパークの入場券&アトラクションチケットは事前予約がおすすめです。

ムーミンバレーパークの入り口ゾーン。物語の「はじまりの入り江」を表している

メッツァ内を散策しながら森を抜けたらいよいよムーミンの世界へ。入場エリアは、ムーミンのキャラクターによる本のゲートになっています。ここはまさに写真映えスポット。季節ごとに変わる自然の木々とのコラボレーションも絵になります。

ムーミンパパが作った「水浴び小屋」。湖面を横断しながら滑空するジップラインを楽しむ姿も見られる

入場エリアを抜けると見えてくるのが、「ムーミン谷」エリア。こちらは、ムーミンバレーパークのメインエリアで、物語を象徴する「水浴び小屋」や、内外装の設計図を忠実に再現したムーミン一家の暮らす「ムーミン屋敷」、ムーミンとその仲間たちによるライブエンターテイメントが繰り広げられる「エンマの劇場」、「海のオーケストラ号」や「リトルミイのプレイスポット」といったアトラクションなどが楽しめます。

小説「ムーミン谷の仲間たち」に出てくる場所をモチーフにした「ヘムレンさんの遊園地」

ムーミンバレーパークの一番奥のエリア「おさびし山」エリアは、“冒険と思索の山”がコンセプト。自然を生かしたツリーハウス「ヘムレンさんの遊園地」やその周辺は、子どもたちが自然の中で思いっきり体を動かして遊ぶことができます。おさびし山の頂上には、大人気アトラクション「飛行おにのジップラインアドベンチャー」もあり、森の中の開放感や湖上のスリルを味わいながら最高の景色を堪能できます。

「飛行おにのジップラインアドベンチャー」は宮沢湖面を往復400m滑空するスリル満点のアトラクション

その他にも、作者のトーベ・ヤンソンやムーミンの物語を追体験できる体感展示スペースの「コケムス」には、お土産が購入できるセレクトショップ、物語をイメージしたメニューが楽しめるレストランやカフェなどが併設されています。

レジャーから食事、買い物までムーミンの世界にどっぷり浸かれるムーミンバレーパーク。圏央道が開通したことにより、都内からのアクセスがぐっとしやすくなりました。ご家族で遊びに行ってみてはいかがでしょうか?

▼metsaメッツァ
住所:埼玉県飯能市宮沢327-6 メッツァ
駐車場:あり(有料)
URL:https://metsa-hanno.com/

都心から2時間以内のクルマで行きたいおすすめスポットを、「デート編」「ファミリー編」それぞれ3カ所ずつご紹介しました。道中やドライブ中も楽しめるプランがいっぱいです。ぜひクルマでお出かけしてみてください。

文:奥村みよ(PASSERBY GRAFFICS) 写真:@FARM(アットファーム) フォレストアドベンチャー・小田原 編集:木谷宗義(type-e)+ノオト

この記事をシェアする

MEMBERSHIP

1分のメンバー登録で、
お得情報、見積もり保存、クルマ比較を
ご利用いただくことができます。

メンバーシップに登録

SNSをフォローする

  • ホーム
  • コラム
  • 東京から2時間以内! クルマで行きたい超おすすめスポット【デート編&ファミリー編】

PAGE TOP