COLUMN コラム

【2021年】トヨタ新型アクアの内装を画像中心に紹介!

【2021年】トヨタ新型アクアの内装を画像中心に紹介!
この記事をシェアする

<この記事は9分で読めます。>

2021年7月、10年ぶりにフルモデルチェンジされた「アクア」。アクアといえば優れた燃費性能で人気の車ですが、コンパクトなボディながら広い室内であることも、先代アクアから引き継いでいる魅力のひとつ。本記事では、新型アクアの内装を画像と合わせて解説していきます。

※記事公開時の情報をベースにしており、最新の新車販売グレードにはない情報が含まれる場合もあります。最新の情報については各公式サイトでご確認ください。

<この記事の目次>

  1. 新型アクアのゆとりある室内空間
  2. 新型アクアの収納とスペース
  3. 新型アクアのグレード別内装
  4. 新型アクアのグレードと価格
  5. 新型アクアの内装 まとめ

新型アクアのゆとりある室内空間

新型アクアのゆとりある室内空間

新型アクアは、全長4,050mm×全幅1,695 mm×全高1,485mm(E-Fourは1,505mm)のコンパクトなボディに対し、室内サイズは、室内長1,830mm×室内幅1,425mm×室内高1,190mm。

先代アクアの室内サイズ全長2,015mm×室内幅1,395mm×室内高1,175mmと比べると、室内長は短くなっているものの、室内幅、室内高はサイズアップしています。

新型アクアはステアリングの前にメーターを配置

アクアのメーター配置 左:先代アクアS 右:新型アクアG

※左:先代アクアS 右:新型アクアG

先代アクアではセンターメーターでしたが、新型ではステアリングの前にメーターを配置。よりシンプルですっきりとしたデザインとなりました。インパネ中央にはディスプレイとシフト、スイッチなどをまとめて配置。スイッチは機能ごとにまとめられており、視界をさまたげず、操作性にも優れています。

運転席からの視界にも配慮

新型アクアは運転席からの視界にも配慮

※Z(2WD)(内装色:コジー[ブラック×ダークネイビー])<オプション装着車>

フロントピラーのスリム化、三角窓の拡大、ワイパーの停止位置を下げるなどして運転席からの視界を十分に確保しているのもうれしい配慮。リヤも、ガラス部分やリヤワイパーの払拭範囲を拡大するなどして、快適な後方視界を作り出し、運転のしやすさと心地よさをもたらします。

ゆとりのある後席スペースを確保

新型アクアはゆとりのある後席スペースを確保

※Z(2WD)(内装色:コジー[ブラック×ダークネイビー])<オプション装着車>

コンパクトカーにありがちな、“後部座席が狭い”問題を解消し、ゆとりのある後席スペースを確保した新型アクア。前後席間距離が十分にとられており、後席でも膝まわりに余裕を感じます。頭上の高さもしっかりとられているのでゆったりとくつろげ、乗り降りもしやすい設計になっています。

また、静粛性を追求した新型アクアは、フロア全面へ吸音材を設定しています。ほかにも、エンジン音やロードノイズを低減する遮音材の最適配置や、接合部の隙間も細部まで埋めるなどして車内への音の侵入を抑制。ドライブ中も会話が弾む静かな空間を実現しています。

新型アクアの収納とスペース

新型アクアは、荷室が広いだけではなく、収納スペースも充実しており、カーライフに必要なものをスマートに収納することができます。

広い荷室

新型アクアの広い荷室

※積み降ろしをラクにする広い荷室 写真はZ(2WD)

荷室長656mm(5名乗車時)×荷室幅1,153 mm(最大)×荷室高824mmが確保された荷室。バックドアの開口長が拡大され、荷物の出し入れがしやすくなりました。

新型アクアのリヤシートアレンジ

※リヤシートアレンジ

リヤシートを倒すことにより、荷室はさらに拡大。長さや幅のある荷物も収まります。

助手席アッパーボックス、助手席グローブボックス

新型アクアの助手席アッパーボックス、助手席グローブボックス

※左:助手席アッパーボックス 右:助手席グローブボックス

助手席には、2つの収納ボックスを用意。たくさんの小物を収納できるので、ドライブ中の車内をすっきりさせることができます。

充電用USB端子/通信用USB端子、フロントコンソール

新型アクアの充電用USB端子/通信用USB端子、フロントコンソール

※左:充電用USB端子/通信用USB端子 右:フロントコンソール

フロントコンソールには、スライド式のスマホトレイとカップホルダーが2個備わっています。また、通信用USB端子を標準装備。「Z」には充電用USB端子も標準装備されています。

フロントセンターアームレスト、フロントドアポケット&ボトルホルダー

新型アクアのフロントセンターアームレスト、フロントドアポケット&ボトルホルダー

※左:フロントセンターアームレスト 右:フロントドアポケット&ボトルホルダー

「Z」「G」にはフロントセンターアームレストにコンソールボックスを装備。フロント両側のドアポケットにはボトルホルダーがあり、ペットボトルを1本ずつ収納できます。

リヤコンソール、アクセサリーコンセント

新型アクアのリヤコンソール、アクセサリーコンセント

※左:リヤコンソール 右:アクセサリーコンセント

「X」「B」のリヤコンソールにはオープントレイ/カップホルダー2個を装備。100V・1500Wのアクセサリーコンセントは非常時給電システム付き。全車に標準装備しています。

助手席シートバックポケット、リヤセンターアームレスト

新型アクアの助手席シートバックポケット、リヤセンターアームレスト

※左:助手席シートバックポケット 右:リヤセンターアームレスト

「G」「X」のメーカーオプションとして、助手席のシート背面には地図や雑誌などを収納できるポケットを用意。カップホルダー2個を備えたリヤセンターアームレストは「Z」「G」に装備されています。

助手席シートアンダートレイ、買い物アシストシート

新型アクアの助手席シートアンダートレイ、買い物アシストシート

※左:助手席シートアンダートレイ 右:買い物アシストシート

助手席シートの下には運転時に靴を履き替えたい時などに便利なトレイ、荷物の落下を防いだり、傘をかけたり、いろいろな使い方ができる買い物アシストシートは、「G」「X」のメーカーオプションとなります。

このように、新型アクアには様々なアイテムをすっきりしまうことができる、多彩な収納スペースが用意されています。

新型アクアのグレード別内装

ここからは新型アクアの内装について、グレード別に紹介します。

新型アクア「B」の内装

新型アクアBのインパネ(2WD 内装色:ブラック)<オプション装着車>

※アクアBのインパネ(2WD 内装色:ブラック)<オプション装着車>

新型アクアBのシート(2WD 内装色:ブラック)<オプション装着車>

※アクアBのシート(2WD 内装色:ブラック)<オプション装着車>

エントリーモデルとなる「B」の内装はシンプルなデザインにまとめられており、内装色はブラック。シートはヘッドレスト一体型で、表皮はファブリックを採用しています。コックピットにはウレタン3本スポークのステアリングホイール、シフトまわりはピアノブラック加飾が施され、インパネ中央には7インチディスプレイを配置。インパネやフロントドアトリム、助手席アッパーボックスはマット塗装となっています。

新型アクア「X」の内装

新型アクアXのインパネ(2WD 内装色:ブラック)<オプション装着車>

※アクアXのインパネ(2WD 内装色:ブラック)<オプション装着車>

新型アクアXのシート(2WD 内装色:ブラック)<オプション装着車>

※アクアXのシート(2WD 内装色:ブラック)<オプション装着車>

「X」は、「B」の内装をベースに、細部がアップグレードされています。インパネにはピアノブラック加飾とシルバー塗装が、フロントドアトリム、助手席アッパーボックスにピアノブラック加飾が施されています。メーカーオプションで、シートを一体型からヘッドレスト型に、表皮をファブリックから上級ファブリックへの変更が可能。メーカーオプションは注文時にオーダーすることができます。

新型アクア「G」の内装

新型アクアGのインパネ(2WD 内装色:ブラック)<オプション装着車>

※アクアGのインパネ(2WD 内装色:ブラック)<オプション装着車>

新型アクアGのシート(2WD 内装色:ブラック)<オプション装着車>

※アクアGのシート(2WD 内装色:ブラック)<オプション装着車>

「G」の内装は、「B」「X」よりも質感を高めたデザインに。ステアリングホイールは本革巻き3本スポークに。シフトまわりにはサテンメッキ加飾が施されています。フロントドアトリムと助手席アッパーボックスにはピアノブラック加飾に加え、合成皮革巻きオーナメントとステッチも。また、フロントセンターアームレストはコンソールボックス付きとなります。

「G」および「Z」では、メーカーオプションで、室内の上質感をさらに高める「合成皮革パッケージ」を選択することも可能。合成皮革パッケージでは、合成皮革のシートにストライプ柄のファブリックがアクセントとして加わります。運転席は6ウェイパワーシートに、さらに運転席と助手席にシートヒーターが付きます。

新型アクア「Z」の内装

新型アクアZのインパネ(2WD 内装色:コジー[ブラック×ダークネイビー])<オプション装着車>

※アクアZのインパネ(2WD 内装色:コジー[ブラック×ダークネイビー])<オプション装着車>

新型アクアZのシート(2WD 内装色:コジー[ブラック×ダークネイビー])<オプション装着車>

※アクアZのシート(2WD 内装色:コジー[ブラック×ダークネイビー])<オプション装着車>

最上級モデルである「Z」の内装は「G」をベースにさらに高級感を高め、室内装備もより快適に。ディスプレイは他のモデルよりもひとまわり大きい10.5インチ。インパネまわりにはピアノブラック加飾が施されています。フロントドアトリムはピアノブラック加飾、合成皮革巻きオーナメントとステッチが施されています。また、助手席アッパーボックスにはスモーキーブロンズ加飾のアクセントも。

また、「Z」および「G」では、メーカーオプションとして「コンフォートパッケージ」も用意されています。コンフォートパッケージでは、窓のガラスにUVカット・IRカット機能をプラス。フロントドアガラスにはスーパーUVカット機能を施し、紫外線や赤外線をカットしてくれます。また、室内を快適な空気環境に導く「ナノイーX」、ドライビングポジションを記憶できる「運転席イージーリターン機能」助手席に収納が追加されるなど、快適なドライブをかなえてくれる機能や装備を備えています。

新型アクアのグレードと価格

新型アクアの新車価格(税込)とグレードは以下の通りです。

2WD[FF] E-Four
Bグレード198万円217万8,000円
Xグレード209万円228万8,000円
Gグレード223万円242万8,000円
Zグレード240万円259万8,000円

上記でも紹介したように、新型アクアのグレードは4種類。各グレード2WD[FF]とE-Four(電気式4WDシステム)を用意しています。価格帯はBグレード2WD[FF]の198万円からZグレードE-Fourの259万8,000円まで幅があります。

各グレードの詳細や価格は、公式サイトでご確認ください。

新型アクアの内装 まとめ

新型アクアの内装 まとめ

コンパクトなボディながら広い室内も魅力の新型アクア。シンプルなデザインの中に便利な機能や装備がたくさん詰まっており、快適なドライブを実現してくれるでしょう。

そんな新型アクアの購入を検討している方向けに、購入以外にも新型アクアに乗れる方法をお伝えします。

それはトヨタのサブスクリプションサービス「KINTO」です。KINTOなら、頭金なしの月々定額で新車に乗れるので、まとまったお金を用意する必要がなく魅力的なサービスです。

また、KINTOの定額料金には車両代金だけでなく、自動車税に自賠責保険、点検費用など、車の維持にかかってくる諸費用がすべて含まれています。なかでも、KINTO専用の任意保険が付いているのは大きな特徴です。

KINTOの申し込みはネット上ですべて完結するので販売店に足を運ぶのは納車の時だけです。

新型アクアがKINTOイチオシのベストプランで発売開始!

7年プランが月額19,580円~()で利用いただけます
※Xグレード、最安値パッケージ、追加オプションなし、ボーナス月加算額110,000円(税込)の場合

なんと、月額19,580円で7年分の維持費が全てコミコミです。

具体的には、任意保険7年分、車検2回、自動車税7回、タイヤ交換やバッテリー交換などが含まれます。また新型アクアにはKINTOだけの特別オプション、人気のオプションカラー「プラチナホワイトパールマイカ」が無料で選択できます!

さらに今なら、Xグレード限定で「安全装備パーキングサポートブレーキ」が無償で付けられるキャンペーンも実施中です。
※対象期間:2021年12⽉27⽇(⽉)13:30までのお申し込み分まで

ご契約で「モビリティマーケット」で使用できるモビマポイント30,000円分をプレゼントなど、とってもお得にクルマに乗ることができます!

また7年契約は長いかな?と思われる場合でも、3年たったらいつでも割安な手数料()で別プランに乗り換えができるのりかえGO」を使えば気軽にお乗り換えが可能です。
※7年プランの場合

新しいクルマが気になった、就職や転職、結婚などライフスタイルの変化に合わせて最適なクルマに乗ることができます。

ぜひこのお得な期間中に、KINTOを利用して新型アクアに乗ることを検討してみてはいかがでしょうか?
※一部取り扱いのない車種がある場合もございます
※記事公開時の情報をベースに掲載しています

KINTOマガジンTOPはこちら

この記事をシェアする

MEMBERSHIP

1分のメンバー登録で、
お得情報、見積もり保存、クルマ比較を
ご利用いただくことができます。

メンバーシップに登録

SNSをフォローする

  • ホーム
  • コラム
  • 【2021年】トヨタ新型アクアの内装を画像中心に紹介!

PAGE TOP