• ホーム
  • コラム
  • 車のエンジンオイル交換時期の目安や頻度は?定期的なオイル交換で愛車を長持ちさせよう

COLUMN コラム

車のエンジンオイル交換時期の目安や頻度は?定期的なオイル交換で愛車を長持ちさせよう

車のエンジンオイル交換時期の目安や頻度は?定期的なオイル交換で愛車を長持ちさせよう
この記事をシェアする

<この記事は8分で読めます。>

愛車に長く乗り続けるには、日常的なメンテナンスが大切です。その代表的なもののひとつが「エンジンオイルの交換」。ガソリンスタンドやカー用品店に行くと、「オイル交換はいかがですか?」と声をかけられた経験がある人は多いと思います。オイル交換はなぜ必要で、交換タイミングや頻度はどのくらいなのか?今回はオイル交換について解説していきます。

<この記事の目次>

  1. 車のオイル交換が必要な理由
  2. 車のオイル交換の時期について
  3. 車のオイル交換時にオイルフィルターも交換しよう
  4. 車のオイル交換に加えて“エンジンフラッシング”で洗浄する方法も
  5. 車のオイル交換を依頼できる業者
  6. 車のオイル交換に必要な費用の相場
  7. 面倒なメンテナンスもKINTOならラクラク!
  8. 車のオイル交換 まとめ

車のオイル交換が必要な理由

車を持っていれば、「オイル交換」について頻繁に耳にするはずです。この「オイル」とは、ほとんどの場合「エンジンオイル」のことを指します。まずは、オイル交換が必要な理由を解説していきましょう。

車はエンジンを中心にさまざまなパーツが組み合わされてできていますが、エンジンをスムーズに回転させたり、パーツ同士を滑らかに動かすには、エンジンオイルが必要です

エンジンを使っているうちに、ガソリンが燃焼した時にススが発生したり、パーツの金属摩耗により金属粉が出ます。エンジンオイルの役割の一つは、それらの不純物が一か所にとどまらないよう洗浄することです。

一方で、エンジンオイルに不純物や汚れがたまって劣化してくると、エンジンの摩耗を進みやすくさせたり潤滑不良を起こして、結果的に焼き付きが発生することもあります。そのため、定期的にエンジンオイルを交換し、故障やトラブルから車を守る必要があるのです。

定期的にオイル交換を行い、きれいなエンジンオイルを潤滑させることにより、エンジン内部のスムーズな作動を助け、燃費向上にもつながります。また、車を良好なコンディションに保つことは、売る時の査定金額にも影響します。それだけエンジンオイルのメンテナンスは重要です。こまめにチェックし、定期的な交換を行いましょう。

車のオイル交換の時期について

では、エンジンオイルの交換はどのようなタイミングで行うのがいいのでしょうか。トヨタ公式サイトでは、交換時期の目安として以下としています。

車種標準交換時期シビアコンディション(※)時の場合
ガソリン車
(ターボ車を除く)
15,000km、または1年7,500km、または6ヶ月
ガソリンターボ車5,000km、または6ヶ月2,500km、または3ヶ月
ディーゼル車5,000km~20,000km、
または半年~1年ごと
2,500km~10,000km、
または3ヶ月~半年ごと
※シビアコンディションの条件:悪路走行が多い、走行距離が多い、山道など上り下りの頻繁な走行等

上記の交換時期はあくまで目安で、車種や使用状況、劣化状態によって変化します。車両の取扱書を確認し、わからない場合は販売店やカー用品店、修理業者などのプロに相談するとよいでしょう。

エンジンオイルは時間とともに劣化するため、車にあまり乗っていなかったり、乗る距離が短い場合でも、エンジンオイルの交換が必要になってきます。なお、早めの交換をする分には問題はなく、むしろより良いことだといわれています。

車のオイル交換時にオイルフィルターも交換しよう

エンジンオイル関係では、オイルフィルターも交換が必要な消耗品です。オイルフィルターは、エンジンオイルをろ過し、汚れを取り除くパーツです。

同じオイルフィルターを使い続けると、エンジンオイル内のススや金属粉などの不純物、汚れによって目詰まりをおこしエンジンオイルがスムーズに循環できなくなることで、エンジンに重大な損傷を与えてしまう場合があります。そのためオイルフィルターも定期的な交換が必要となるのです。

トヨタ公式サイトでは、オイルフィルターの交換時期の目安を以下としています。

車種 標準交換時期シビアコンディション(※)時の場合
ガソリン車
(ターボ車除く)
15,000km7,500km
ガソリンターボ車10,000km5,000km
ディーゼル車10,000km~20,000km5,000km~10,000km
※シビアコンディションの条件:悪路走行が多い、走行距離が多い、山道など上り下りの頻繁な走行等

こちらも交換時期は、あくまで目安です。車種や使用状況、劣化状態によって変化しますので、車両の取扱書を確認し、わからない場合は販売店やカー用品店、修理業者などのプロに相談しましょう。

車のオイル交換に加えて“エンジンフラッシング”で洗浄する方法も

エンジンフラッシングとは、日本語にすると「エンジンの洗浄」です。エンジン内部洗浄剤を使ってエンジン内部に固着したスラッジやワニス(※)を除去することで、エンジン本来の動きを取り戻し、燃費やパワーを回復させる効果が期待できます。

※スラッジとは、エンジン内部に堆積するエンジンオイルがヘドロ状になった汚れのことで、ワニスとは、金属表面にできる粘着性のある油膜状の汚れのこと

オイル交換では落ちない頑固な汚れまで徹底的に落としたい場合や、エンジンオイルの種類を変える場合などには、エンジンフラッシングを行うことで、オイル本来の性能を発揮できます。

車のオイル交換を依頼できる業者

車のオイル交換を依頼できる業者

車のオイル交換は、ジャッキアップが必要な場合が多く、廃オイル処理などの手間もかかるので、プロに任せた方が安全でしょう。

では、実際にプロに依頼するときは、どのようなところへお願いしたらいいでしょうか。

車の販売店・ディーラー

車を販売店から購入した場合は、その店舗にそのままメンテナンスを依頼するとよいでしょう。購入した店舗であれば、基本的に取り扱い車種のメンテナンスに対応しているので、特殊な技術を要する車でも安心してメンテナンスを頼めます。

カー用品店

エンジンオイルをはじめ、さまざまなパーツを販売するカー用品店。多くのカー用品店では、追加で工賃を払うことで、買ったパーツをその場で取り付けてもらえます。

オイル交換やフィルター交換も、オイルを購入して工賃を追加すればオイルを交換してもらえます。ただし、すべてのカー用品店がメンテナンスできるわけではないので、オイル交換に応じてもらえるか事前にチェックしましょう。

ガソリンスタンド

多くのガソリンスタンドでオイル交換をしてもらえますが、販売しているオイルが限られていたり、フィルターの交換やエンジンフラッシングはできないなどの制限がある可能性があります。

定期的に通っているガソリンスタンドがある方は、どの程度のメンテナンスに応じてもらえるか聞いてみるといいでしょう。

自動車整備工場

自社で取り扱うメーカーしか対応できない販売店に対し、さまざまなメーカーのメンテナンスにも対応できるのが自動車整備工場。

多くの自動車整備工場では、あらゆる車種に対しオイル交換をしてもらえます。ただし、工場によって対応範囲や技術が異なるので、愛車のメーカーや車種に対応してもらえるか、対応したことがあるかなどを、あらかじめ確認する必要があります。

車のオイル交換に必要な費用の相場

車のオイル交換に必要な費用の相場

車種や排気量によって必要なエンジンオイルの容量は異なります。また使用するエンジンオイルの種類によって価格が異なるため、オイル交換に必要な費用は変わってきます。

参考までに、国産車/コンパクトカー(~1,500cc)/ガソリン車の場合で、一般的なオイルに交換する場合に目安となる、最低価格帯からの費用感は以下のとおりです。

オイル交換4,000円前後~
オイル交換+オイルフィルター交換5,000円前後~
※税込/工賃込

店舗や会員価格の有無などによっても費用は違うので、あくまで目安としてご参考ください。

面倒なメンテナンスもKINTOならラクラク!

定期的なオイル交換となるとそれなりに費用がかかります。またメンテナンスのタイミングを管理する負担も。そんなときに検討したいのが、トヨタのサブスクリプションサービス「KINTO」です。

KINTOは頭金なしの月々定額で新車に乗れるサービスですが、KINTOの定額料金には車両代金だけでなく、エンジンオイル交換をはじめ、定期的なメンテナンス費用や自動車税、自賠責保険、点検費用、さらにKINTO専用の任意保険まで毎月の支払い額にすべて含まれています。

ここではKINTOのメンテンナンスに関する特徴について、いくつかご紹介します。

メンテナンス費用も月額料金に含まれる

KINTOの定額料金の中には定期的なメンテナンス費用も含まれていますが、その内容にはエンジンオイルやオイルフィルターはもちろん、各種ブレーキ類やタイヤまで網羅。安心してトヨタ車やレクサス車を利用することができます。

詳しい点検内容については、KINTO公式ページでご確認ください。

定期メンテナンスの時期をKINTOが教えてくれる

KINTOでは、定期的なメンテナンスの時期を気にする必要がありません。

KINTOの申し込みはネット上ですべて完結しますが、納車以降のやり取りは最寄りのトヨタ販売店と行うことになります。定期点検や車検の時期が近づくとトヨタ販売店から連絡がくるので、スケジュール調整のうえメンテナンス日に車に乗って販売店に行くだけです。

また定期メンテナンスの情報は、管理画面のMy KINTOのページからも随時確認することができるので安心です。

車のオイル交換 まとめ

車のオイル交換

エンジンオイルの交換は車を安全に、燃費よく走らせるために重要なメンテナンスです。上記で紹介した交換頻度や方法を参考にして、こまめなチェックを心がけましょう。

また車のメンテナンスも含め、できるだけで手間なくトヨタの新車に乗りたい方は、KINTOの利用も検討してみてはいかがでしょうか?

この記事をシェアする

MEMBERSHIP

1分のメンバー登録で、
お得情報、見積もり保存、クルマ比較を
ご利用いただくことができます。

メンバーシップに登録

SNSをフォローする

PAGE TOP