COLUMN コラム

GRヤリスの内装をレビュー!スポーティな室内空間を紹介

GRヤリスの内装をレビュー!トヨタがこだわるスポーツカーの室内空間は?
この記事をシェアする

<この記事は8分で読めます。>

GRヤリスは、レースで勝つために開発されたスポーツカー。WRCではベース車両を市販車とする規定がありますが、市販車を改造するのではなく、「モータースポーツ用の車両を市販化する」逆転の発想で開発されたトヨタ初となるモデル。自らもレースに参戦する豊田章男社長が「トヨタのスポーツカーを取り戻したい」という想いを込め開発された肝入りのスポーツカーです。

トヨタにはGRヤリスとヤリスがありますが、見た目こそ似ているものの、コンセプトや開発の方向性が大きく異なります。ヤリスは最新の安全・安心の技術を備えたクルマを目指して開発した新世代コンパクトカーに対しGRヤリスは、エンジンやボディ構造などもスポーツカー志向になっています。

長年のモータースポーツ活動で得た技術を活かし、改良と熟成を重ねて開発されたGRヤリスは、「英国カー・オブ・ザ・イヤー2021」も受賞。走りを愛するドライバーのための性能がつまった、GRヤリスの内装を紹介します。

※記事公開時の情報をベースにしており、最新の新車販売グレードにはない情報が含まれる場合もあります。最新の情報については各公式サイトでご確認ください。

<この記事の目次>

  1. GRヤリスのスポーティな室内空間
  2. GRヤリスの収納とスペース
  3. GRヤリスのグレード別内装
  4. GRヤリスのグレードと価格
  5. GRヤリスの内装 まとめ

GRヤリスのスポーティな室内空間

GRヤリス RZ“High performance”(内装色:ブラック)内装

※GRヤリス RZ“High performance”(内装色:ブラック)

GRヤリスの魅力は、WRCに参戦するラリードライバーも開発に参加したレーシングカーが、一般車として市販されていることです。ダウンフォースの最大化と優れた空力性能を織り込んだワイド&ローの躍動感あふれる外観に、内装においても、走ることへの楽しさを追求するドライバーのための機能と装備が用意されています。

GRヤリスのグレードは、2WDの「RS」、4WDでベースモデルの「RZ」、より限界性能を高めた「RZ“High performance”」の3種類。なお、モータースポーツへの参戦やカスタマイズを前提とした「RC」グレードもあります。

全グレードに、本革巻き3本スポークステアリングホイールと本革巻きシフトノブ+シフトブーツを採用。握った時に指先までしっくりとなじむ本革巻きステアリングは、スポーツ走行に適した運転姿勢を取りやすい形状で、フィット感を高めるとともに、スポーティな操舵感を実現しています。

メーターまわりは、スポーツ走行時の視認性を追求。レッドポインター、レッドゾーン帯表示を採用し、中央には高精細の4.2インチカラーTFT液晶画面を配置。前後輪トルク配分、ターボ過給圧、各種ウォーニング等を表示します。なお、前後輪トルク配分とターボ過給圧は、GRヤリスのRZ“High performance”とRZのみになります。

GRヤリスの収納とスペース

GRヤリスはスポーツカーでありながら、荷室がしっかり確保されている点も、魅力の一つ。通常時でも、荷室長(4名乗車時)574mm、荷室幅1,081mm、荷室高570mmの荷室容量174L(4名乗車時)を確保できます。

また2名乗車時にリヤシートを倒せばスペースが大きく広がり、グランドタイヤ4本(225/40R18サイズ)に加え、工具箱やジャッキ、ヘルメットまで搭載できるスペースが生まれます。

2名乗車の荷室には、ゴルフバッグ(9.5インチ)2個にスポーツバッグ2個、あるいはロードバイク(タイヤサイズ700C[27インチ相当])を積むパターンも可能で、荷物が多いアウトドアのお出かけにも便利です。

GRヤリスでは、運転に必要な情報をウインドシールドガラスの視野内に投影する「カラーヘッドアップディスプレイ」を、メーカーパッケージオプションで付けることも可能です。高輝度表示により日中でも高い視認性を確保し、車速のほか、ナビと連携したルート案内など、さまざまな情報を表示させることができます。

なお、ナビとの連携には販売店オプションのT-Connnectナビキットまたはエントリーナビキットの装着が必要です。

GRヤリスのグレード別内装

そのほか各グレードに合わせた装備をみていきましょう。

GRヤリス「RS」の内装

GRヤリス RS(内装色:ブラック)内装

※RS(内装色:ブラック)

高級感のある本革巻き3本ステアリングホイールと、本革巻きシフトノブ+シフトブーツで行うドライビングは、マニュアル感覚の操作が可能。「10速スポーツシーケンシャルシフトマチック+パドルシフト」により、シフトアップ・ダウン時のエンジントルクをきめ細かくコントロールでき、スムーズかつ鋭いレスポンスの変速を体感できます。

またGRヤリスRSにはノーマル/パワー/エコのモードを切り替えられる「ドライブモードセレクトスイッチ」を装備。パワーモードはエンジンブレーキを積極的にかけて俊敏な走りにしたり、加速レスポンスを鋭くできます。エコドライブモードでは、パワートレーンとエアコンに燃費優先の制御を行い、環境に配慮した走行を実現します。

GRヤリス RS(内装色:ブラック)シート

※RS(内装色:ブラック)

GRヤリスRSのシートはスポーツ走行時のサポート性能に優れたスポーツシートで、素材はファブリック。RSとRZのヘッドレストにはGRのブランドロゴが付いていて、スポーティなイメージを高めます。

GRヤリス「RZ」の内装

GRヤリス RZ“High performance”(内装色:ブラック)内装

※RZ(内装色:ブラック)

GRヤリスRZもRSと同様、スポーツ走行時のサポート性能に優れたスポーツシートを採用。本革巻き3本ステアリングホイールと、本革巻きシフトノブ+シフトブーツがプレミアム感を高めます。

GRヤリスRZには、6速iMT(インテリジェントマニュアルトランスミッション)」を標準装備。iMTスイッチを押すと6速iMTがスタンバイ状態に。この状態でクラッチ操作、シフト操作などの変速動作を行う際にスムーズな変速をアシストしてくれます。

運転席のペダルには、踏み替えやヒール&トゥのしやすさを追求したアルミペダルを採用。アクセルとブレーキのペダル間隔を最適化し、クラッチペダルの踏面の形状や角度にもこだわったことで、スポーツ走行時のスムーズかつ正確な操作を実現します。

GRヤリス RZ(内装色:ブラック)シート

※RZ(内装色:ブラック)

GRヤリス「RZ“High performance”」の内装

GRヤリス RZ“High performance”(内装色:ブラック)内装

※RZ“High performance”(内装色:ブラック)

GRヤリスRZ“High performance”にはRZと同じく、スムーズな変速をアシストする6速iMT(インテリジェントマニュアルトランスミッション)を標準装備。

GRヤリスRZ“High performance”は、RZをベースにより限界性能を高めたモデルで、そのための機能や設備が備わっています。

例えば、夏場など外気温が高い過酷な走行時でもエンジン本来の高出力維持を可能にする、「冷却スプレー機能付空冷インタークーラー」。スイッチを押すと、吸気の冷却部品であるインタークーラーに水をスプレー状にして吹きかけ、吸気温度を低減します。

GRヤリス RZ“High performance”(内装色:ブラック)シート

※RZ“High performance”(内装色:ブラック)

ホールド性能が徹底的に追及されたプレミアムスポーツシートは、コーナリングでの強いGに対しても身体をしっかりサポートできるよう、サイドサポートの形状や硬度を最適化。ステッチや合成皮革とスエード表皮の組み合わせは、最上位モデルの高級感を演出しています。

またGRヤリスRZ“High performance”では、室内空間に最適な音質を確保する8スピーカーのJBLサウンドシステムを標準装備。ANC(アクティブノイズコントロール)システムも搭載し、乗員が不快と感じる音は低減、スポーツ性を感じやすい音は強調することで、快適な室内サウンドを創出します。

GRヤリスのグレードと価格

GRヤリスのグレード、トランスミッション、駆動、価格(税込)を表にまとめました。

グレードトランスミッション駆動価格(税込)
RSDirect Shift-CVT2WD(FF)265万円
RC6速マニュアルトランスミッション(iMT)4WD330万円
RZ6速マニュアルトランスミッション(iMT)4WD396万円
RZ “High performance”6速マニュアルトランスミッション(iMT)4WD456万円

各グレードの詳細や価格は、公式サイトでご確認ください。

GRヤリスの内装 まとめ

GRヤリス リヤ外観

WRCで勝つことを目標に開発されたレーシングカーを市販モデルとした「GRヤリス」。走りを愛するドライバーのために、ホールド力が高いシートや視認性を高めたメーター類を採用し、スポーティな内装を実現しています。

最後に、購入以外にもGRヤリスに乗れる方法をお伝えします。

それはトヨタのサブスクリプションサービス「KINTO」です。KINTOなら、頭金なしの月々定額で新車に乗れるので、まとまったお金を用意する必要がなく魅力的なサービスです。

KINTOの月々の定額料金には車両代金だけでなく、自動車税に自賠責保険、点検費用など、車の維持にかかってくる諸費用がすべて含まれています。なかでも、KINTO専用の任意保険が付いているのは大きな特徴です。

KINTOの申し込みはネット上ですべて完結するので販売店に足を運ぶのは納車の時だけです。

KINTO限定車GRヤリス“モリゾウセレクション”

GRヤリスに、技術革新に合わせてソフトウェアを反映する「アップデート」と、ドライバーの運転データをもとにした「パーソナライズ」お届けする「GRヤリス“モリゾウセレクション”」が登場。2021年6月7日より、KINTO限定で取り扱いがスタートしました。

GRヤリス“モリゾウセレクション”は、ベースのGRヤリス RZ“High perfomance”とは月額2,640円~の差額(GRヤリス“モリゾウセレクション”は3年契約のみ)で利用することができます。

KINTOを利用してGRヤリス、GRヤリス“モリゾウセレクション”に乗ることも検討してみてはいかがでしょうか?

※一部取り扱いのない車種がある場合もございます
※記事公開時の情報をベースに掲載しています

この記事をシェアする

MEMBERSHIP

1分のメンバー登録で、
お得情報、見積もり保存、クルマ比較を
ご利用いただくことができます。

メンバーシップに登録

SNSをフォローする

  • ホーム
  • コラム
  • GRヤリスの内装をレビュー!スポーティな室内空間を紹介

PAGE TOP