COLUMN コラム

フルモデルチェンジした新型アクアの価格やグレードを紹介!

フルモデルチェンジした新型アクアの価格やグレードを紹介!
この記事をシェアする

<この記事は10分で読めます。>

初代「アクア」は2011年東日本大震災のその年に、トヨタ自動車東日本株式会社(当時の関東自動車工業株式会社)の岩手工場で誕生しました。「ハイブリッドカーを身近なものにする」という思いのもと、圧倒的な低燃費と静粛性を持ち合わせたハイブリッド専用車として発売されると、およそ1ヶ月後には10万台以上を受注。これまでの販売台数は187万台を超えました。

誕生から約10年、新型アクアは「さらに次の10年を見据えたコンパクトカー」として、安全・安心で快適に乗ることができる充実した装備や、より高度な環境性能、上質な走りを実現しています。本記事では新型アクアの魅力とおもな改良点などについてチェックしていきます。

※記事公開時の情報をベースにしており、最新の新車販売グレードにはない情報が含まれる場合もあります。最新の情報については各公式サイトでご確認ください。

<この記事の目次>

  1. 新型アクアはモデルチェンジでさらなる低燃費を実現
  2. 新型アクアと先代モデルとの大きな違いは「走り」
  3. 新型アクアの安全性能
  4. “もしもの時”に役立つ給電機能
  5. 新型アクアの外観を画像で紹介
  6. 新型アクアの内装を画像で紹介
  7. 新型アクアのサイズや使い勝手
  8. 新型アクアの新車価格とグレード
  9. 新型アクアのレビューまとめ

新型アクアはモデルチェンジでさらなる低燃費を実現

新型アクア いい。AQUA

※Z(2WD[FF]クリアベージュメタリック)

アクア最大の特徴は、なんといっても環境性能。圧倒的な低燃費により、発売からこれまでにアクア全体で約1,240万トンのCO2削減に貢献してきました。

今回のフルモデルチェンジにおいても「実用的な環境車を持続可能な形でご提供する」という使命のもと、これまでと同様にハイブリッド専用車として開発され、カーボンニュートラル実現への貢献を目指し、すべてを刷新しています。その結果、燃費は35.8km/L(2WD[FF]BグレードのWLTCモード燃費)と、従来型(アクア Lグレード)と比較すると燃費が約20%向上しています。

新型アクアと先代モデルとの大きな違いは「走り」

新型アクアでは、高出力な「バイポーラ型ニッケル水素電池」を駆動用車載電池として世界初採用(Bグレードを除く全車)。従来型アクアのニッケル水素電池に比べバッテリー出力が約2倍に向上したほか、アクセル操作への応答性も向上。電気だけでの走行可能速度域が拡大したことで、市街地走行の多くのシーンで電気だけでの走行が可能となりました。

エンジンは、1.5Lダイナミックフォースエンジンを搭載。小型・軽量化を徹底的に追及したほか、高速燃焼により熱効率を向上させ、最大熱効率は40%以上に。1.5Lハイブリッドシステムは、電気系・機械系損失を大幅に低減し、ハイブリッド世界トップレベル(ガソリン乗用車コンパクトクラス)の低燃費を実現しています。

新型アクアの「POWER+モード」作動イメージ/ペダル踏みかえ頻度低減イメージ

※「POWER+モード」作動イメージ/ペダル踏みかえ頻度低減イメージ

さらに、アクセルペダルによる加減速コントロールが可能な「快感ペダル」をトヨタ初採用(Bグレードを除く全車)。ドライブモードスイッチの「POWER+モード(Bグレードを除く全車)」を選択すると、加速の力強さが増すとともに、アクセルオフの減速度が強くなり、アクセルペダルの操作だけで速度を調整しやすくなります。アクセルとブレーキペダルの踏みかえ頻度が減り、快適な走りが楽しめます。

こうした装備や機能により、力強くトルクフルな加速と電動車らしい軽快で上質な走り、そしてWLTCモード35.8km/L(2WD[FF]Bグレード)という高い環境性能を両立しています。

新型アクアの燃費は?

では、気になる燃費をみていきましょう。新型アクアのカタログ燃費(WLTCモード)は以下の通りです。

2WD[FF]E-Four
Bグレード35.8km/L30.1km/L
Xグレード34.6km/L30.0km/L
Gグレード33.6km/L30.0km/L
Zグレード33.6km/L30.0km/L

2WD[FF]のBグレードが最高燃費でWLTCモード35.8km/Lを達成。従来型アクアの最高燃費WLTCモード29.8km/Lと比べると、大幅に低燃費化していることがわかります。従来型アクア Lグレードと新型アクア BグレードのWLTCモード燃費を比較すると、約20%の燃費向上がはかられ、よりサステナブルな車へと成長しています。

新型アクアの安全性能

新型アクアは、最新のToyota Safety Sense(予防安全パッケージ)を標準装備。“ぶつからない”をサポートする「プリクラッシュセーフティ」や、同一車線内の中央を走行するよう操舵支援する「レーントレーシングアシスト」、車速に応じた車間距離を保ちながら追従走行を支援する「レーダークルーズコントロール」など、最新の予防安全機能を搭載しています。

新型アクアのアドバンストパーク作動イメージ

※アドバンストパーク作動イメージ

さらに、駐車時における全操作をアシストして安全でスムーズな駐車を可能とする「トヨタチームメイト アドバンストパーク」(全車にメーカーオプション)、従来の前後進行方向に加え新たに側方の静止物を検知対象とし、警報とブレーキ制御で接触回避を支援する「パーキングサポートブレーキ」(Z、G、Xにメーカーオプション)といったトヨタのコンパクトカーでは初の技術を採用することで、ドライバーを支援します。

新型アクアのヘッドランプ

左:Bi-Beam LEDヘッドランプ デイライト点灯時 右:Bi-Beam LEDヘッドランプ LEDターンランプ点灯時

※Zに標準装備、G、Xにメーカーオプション

また、ヘッドランプなどに採用(グレードにより異なります)されているLEDは、夜間走行や悪天候時の安全性を確保するだけでなく、すべての光源をLEDにすることで消費電力の低減にも貢献します。

“もしもの時”に役立つ給電機能

新型アクアの外部給電アタッチメント 給電バイザー

※外部給電アタッチメント 給電バイザー

災害時など、“もしもの時”に役立つ機能も新型アクアのホットトピック。アクセサリーコンセント(AC100V・1500W)と非常時給電モードを全車に標準装備しています。

停電などが起こった際、車両を駐車させ「非常時給電モード」にするとコンセントが非常用電源となり、電気ポットや炊飯器などの家電製品を稼働させることができます。ガソリン満タン/消費電力400Wの場合、約5日間分の電力を供給可能。災害時の備えとして心強い機能です。

もちろん、通常走行時にはアクセサリーコンセントからだけでなく、車内のUSB端子によりスマートフォンなどの電子機器を充電することができます。

新型アクアの外観を画像で紹介

新型アクアのフロント

※Z(2WD[FF]クリアベージュメタリック)

新型アクアのデザインは、“知性・感性を刺激する、人に寄り添う先進”を意味する「Harmo-tech」がコンセプト。

新型アクアの外観

※Z(2WD[FF]クリアベージュメタリック)

外観はフロントからリヤにかけての伸びやかなシルエットと、左右に張り出したリヤフェンダーが特徴的で、アクアらしいスマートでエモーショナルかつ動感のあるデザインです。

新型アクアのサイド

※Z(2WD[FF]クリアベージュメタリック)

カラーは、新規開発された「クリアベージュメタリック」をはじめ、「アーバンカーキ」「ブラスゴールドメタリック」など全9色を設定。上質で落ち着きのあるカラーが特徴的です。

新型アクアの内装を画像で紹介

新型アクアのシート

※Z(2WD[FF]内装色:コジー[ブラック×ダークネイビー])

内装は、機能をコンパクトに集約し、シンプルでクリーンかつ上質な空間に仕上がっています。ソフトな合成皮革巻きのオーナメントやアームレスト、合成皮革とファブリックを組み合わせたパワーシートなど、コンパクトカーでありながらも上質なデザインが魅力です。

新型アクアの内装

※Z(2WD[FF]内装色:コジー[ブラック×ダークネイビー])

インパネ中央部に設置された大型かつ高精細な10.5インチディスプレイオーディオ(Zに標準装備、Gにメーカーオプション、7インチディスプレイはG 、X、 Bに標準装備)をトヨタコンパクトカーとして初採用。視界をさまたげない配置で、機能ごとにまとめられたスイッチなど操作性にも優れています。

新型アクアのサイズや使い勝手

新型アクアは、2020年の新車販売台数1位(2020年1月~12月、軽自動車および海外ブランドを除く)のヤリスと同じ、コンパクトカー向けTNGAプラットフォームの「GA-B」 を採用。コンパクトなボディながらも、高いボディ剛性と静粛性、優れた操縦安定性を実現しています。

新型アクアの荷室

※積み下ろしをラクにする広い荷室(写真はZ 2WD[FF])

ボディサイズは、全長4,050mm×全幅1,695mm×全高1,485mm(2WD[FF])で、従来型から全高が30mmアップ。また、ボディサイズはそのままにホイールベースを50mm延長したことで、リヤシートの居住空間や荷室空間が拡大し、利便性が向上しています。

新型アクアの新車価格とグレード

新型アクアの新車価格(税込)とグレードを表にまとめました。

2WD[FF]E-Four
Bグレード198万円217万8,000円
Xグレード209万円228万8,000円
Gグレード223万円242万8,000円
Zグレード240万円259万8,000円

新型アクアは2WD[FF]とE-Four(電気式4WDシステム)があり、グレードは4種類。エントリーモデルのBグレードの198万円(2WD[FF])から、ハイエンドモデルとなるZグレードの259万8,000円(E-Four)までの価格帯です。

各グレードの詳細や価格は、公式サイトでご確認ください。

新型アクアのレビューまとめ

新型アクアのリヤ外観

コンパクトながらも、低燃費に磨きがかかり、安全・安心の先進テクノロジーもたくさん詰まった新型アクア。伸びやかで上品なデザインに心躍り、スムーズな加速や軽快な走りがドライビングの楽しさや喜びを与えてくれる贅沢な一台です。さっそく新しいアクアに乗って「颯爽と走ってみたい!」と願う人も多いのではないでしょうか。

そんな新型アクアを購入検討する方向けに、購入以外にも新型アクアに乗れる方法をお伝えします。

それはトヨタのサブスクリプションサービス「KINTO」です。KINTOなら、頭金なしの月々定額で新車に乗れるので、まとまったお金を用意する必要がなく魅力的なサービスです。

KINTOの定額料金には車両代金だけでなく、自動車税に自賠責保険、点検費用など、車の維持にかかってくる諸費用がすべて含まれています。なかでも、KINTO専用の任意保険が付いているのは大きな特徴です。

KINTOの申し込みはネット上ですべて完結するので販売店に足を運ぶのは納車の時だけです。

新型アクアがKINTOイチオシのベストプランで発売開始!

7年プランが月額19,580円~(※)で利用いただけます
※Xグレード、最安値パッケージ、追加オプションなし、ボーナス月加算額110,000円(税込)の場合

なんと、月額19,580円で7年分の維持費が全てコミコミです。

具体的には、任意保険7年分、車検2回、自動車税7回、タイヤ交換やバッテリー交換などが含まれます。また新型アクアにはKINTOだけの特別オプション、人気のオプションカラー「プラチナホワイトパールマイカ」が無料で選択できます!

さらに今なら、Xグレード限定で「安全装備パーキングサポートブレーキ」が無償で付けられるキャンペーンも実施中です。

※対象期間:2021年7⽉19⽇(⽉)〜12⽉27⽇(⽉)13:30までのお申し込み分まで

ご契約で「モビリティマーケット」で使用できるモビマポイント30,000円分をプレゼントなど、とってもお得にクルマに乗ることができます!

また7年契約は長いかな?と思われる場合でも、3年たったらいつでも割安な手数料(※)で別プランに乗り換えができるのりかえGO」を使えば気軽にお乗り換えが可能です。
※7年プランの場合

新しいクルマが気になった、就職や転職、結婚などライフスタイルの変化に合わせて最適なクルマに乗ることができます。

ぜひこのお得な期間中に、KINTOを利用して新型アクアに乗ることを検討してみてはいかがでしょうか?
※一部取り扱いのない車種がある場合もございます
※記事公開時の情報をベースに掲載しています

KINTOマガジンTOPはこちら


この記事をシェアする

MEMBERSHIP

1分のメンバー登録で、
お得情報、見積もり保存、クルマ比較を
ご利用いただくことができます。

メンバーシップに登録

SNSをフォローする

  • ホーム
  • コラム
  • フルモデルチェンジした新型アクアの価格やグレードを紹介!

PAGE TOP