COLUMN コラム

愛車をコーティングで守ろう!コーティング剤の種類や費用相場などを紹介

愛車をコーティングで守ろう!コーティング剤の種類や費用相場などを紹介
この記事をシェアする

<この記事は8分で読めます。>

今回は、車のコーティングについて紹介します。

車の劣化が現れるもののひとつに、ボディの塗装面が挙げられます。雨風や紫外線、空気中の砂や塵、埃などの浮遊物、走行中の飛び石、鳥の糞など、ボディの塗装面が劣化する理由は多岐にわたります。

今回は、愛車の輝きを保つための方法のひとつである「コーティング」について、知っておきたい情報を取り上げていきます。

<この記事の目次>

  1. 車のコーティングについての基礎知識
  2. 車をコーティングするメリット
  3. 車のコーティングの種類
  4. 車のコーティング費用目安と耐久目安
  5. 車のコーティングを依頼できる業者
  6. 車のコーティングまとめ

車のコーティングについての基礎知識

愛車をコーティングで守ろう!コーティング剤の種類や費用相場などを紹介

車のコーティングとは

車のコーティングは、ボディの塗装面上に保護皮膜を作るというものです。コーティングによって作られた膜が塗装を守り、汚れや傷を防ぎきれいな状態を保ちます。

車のコーティングとワックスの違い

「コーティング」とコーティングの一種でもある「ワックス」は塗装面を保護しますが、素材をはじめ様々な点が異なります。最大の違いは、ロウを主成分とするワックスとは異なり、コーティングには、科学化合物を原料とする成分が配合されている点です。ワックスに比べ、汚れを寄せ付けず、撥水効果も備えているため、コーティングはより効果が長持ちします。

車をコーティングするメリット

愛車をコーティングで守ろう!コーティング剤の種類や費用相場などを紹介

車のボディにコーティングを施工することで、どんなメリットがあるのでしょうか。その特徴や役割を具体的にみていきましょう。

ボディ保護

コーティングのメリットとしてまず取り上げたいのが、ボディを保護することです。ボディをコーティング剤が覆うことで、ボディへの直接的なダメージを減らしてくれます。

汚れ防止

コーティングは塗装面を保護するため、汚れからもボディを守ってくれます。施工前のボディは塗装面がむき出しになるため、汚れが直接つきやすい状態です。コーティングを施すことで塗装面に汚れが直接つくことがなく、ボディを守ってくれます。また汚れが取れやすく、洗車もしやすいメリットがあります。

ボディにツヤと光沢

コーティングにより、ボディにツヤと光沢が出ます。その効果はコーティング剤の成分によっても違いがありますが、光沢を蘇らすものや、塗装内面から深く濡れたような光沢を生み出すものもあります。

売却時の査定額に影響

コーティングによるボディの保護が、売却時の査定額にも影響すると考えられます。下取りでも買取査定でも、外装の状態(傷や汚れ)は重要なポイントです。コーティングの有無というよりも、ボディをきれいに保つことで傷や汚れによるマイナス査定を減らすといった意味合いで、コーティングによるメリットがあるといえます。

車のコーティングの種類

コーティングにはコーティング剤の成分など、様々な種類があります。ここでは主成分の違いや、特性の違いに視点を置いて種類別に紹介します。

主成分の違い

コーティングは、使われている主成分により「油脂系」「樹脂系」「ガラス系」に大別できます。それぞれに特徴があり、使うものにより施工後の仕上がりが変わってきます。

油脂系コーティング(ワックス)

「油脂系コーティング」はいわゆる、昔から馴染みのある「ワックス」です。おもに植物性油脂(カルナバロウ)や石油系の油脂で作られており、塗装に深い艶が加わり、油脂による撥水性の高さも特徴です。

一方で、被膜が剥がれやすく耐久性が短いことや、ホコリや水アカがつきやすいというデメリットもあります。

樹脂系コーティング

「樹脂系コーティング」はポリマーコーティングとも呼ばれ、石油系樹脂を主成分として光沢と撥水性を両立させている点は油脂系コーティングと共通しています。

油脂系コーティングに比べ塗装面から剥がれにくいという特徴を持ち、耐久性に優れているというメリットがあります。

ガラス系コーティング

明確な定義はありませんが、「ガラス系コーティング」は樹脂系コーティングにガラス成分が入っているものを指し、呼称が似た「ガラスコーティング」はガラス成分の含有量を多く含むものを指すことが多いようです。

ガラス系コーティングは樹脂系コーティングより持続性に優れ、現在、専門店などで施工されるコーティングメニューの主流とされています。

特性の違い

次に水の弾き方という視点から、コーティングをタイプ分けしてみます。

ボディを保護するという役割は共通していますが、水をかけたときの水玉形状は異なります。タイプごとの特性を知っておき、ご自身に合ったものを選ぶ際の参考にしましょう。

撥水タイプ

従来のワックスのようにボディについた水をはじくのは、撥水性コーティングならではの特徴です。

丸い水玉として水分を弾くため、コーティングしている効果がわかりやすいというメリットがあります、しかし水滴が残ることでウォータースポットができやすく、レンズ効果で塗装が焼き付く可能性がある点には注意が必要です。

親水タイプ

親水タイプのコーティングでは、ボディについた水分が水玉にならず流れていきます。

コーティングの効果を実感しにくいですが、水分と一緒に汚れも流れ落ちるというメリットがあります。また、ウォータースポットが出にくいため焼き付く可能性も低く、長期的にはボディにやさしいコーティングともいえるでしょう。そのため、屋外駐車の方には親水タイプのコーティングがおすすめとされています。

疎水タイプ

撥水タイプと親水タイプの中間的な位置づけとなる「疎水タイプ」のコーティングもあります。親水タイプよりも水はけがよく、水が少ない小雨のような場合は撥水タイプと同じように水を弾きます。

車のコーティング費用目安と耐久目安

愛車をコーティングで守ろう!コーティング剤の種類や費用相場などを紹介

車のコーティング費用の相場について、業者に依頼するという前提で紹介します。ボディタイプやサイズによって、また施工業者やコーティング剤によっても料金は異なります。あくまで目安としてご覧ください。

費用の目安耐久性の目安
油脂系コーティング(ワックス)4,000円前後~1~2週間程度
樹脂系コーティング(ポリマーコーティング)7,000円前後~3ヶ月程度
ガラス系コーティング2万円前後~1年程度
ガラスコーティング8万円前後~3年程度
※セダン(カローラやプリウス)クラスでの費用目安

車のコーティングを依頼できる業者

前項では、コーティングを業者に依頼した際の費用目安を紹介しましたが、どこに連絡すればいいのか迷う方も多いのではないでしょうか。

ここでは依頼先として考えられる業者を、いくつか取り上げて紹介します。

販売店・ディーラー

自動車販売店やディーラーは、コーティングを依頼する際のファーストチョイスとして考えられます。

新車や中古車を販売店もしくはディーラーから購入した場合は、納車する前に施工してもらうことで、きれいな状態で乗り始められます。また、点検整備のついでにコーティングのチェックやメンテナンスを依頼することもできます。

ガソリンスタンド

日常的に足を運ぶガソリンスタンドでも、コーティングのサービスに対応しているところがあります。

近年、ガソリンスタンドでは燃料補給だけでなく、車に関する幅広いサービスを提供しています。そのひとつとしてコーティングもあり、スタンドに立ち寄った際に気軽に相談や依頼ができるという特徴があります。

カー用品店

様々なカーケア用品を販売しているカー用品店でも、コーティングを施工してもらえます。カー用品店ではコーティング剤も豊富に取り扱っているので、依頼しない場合でも好みのコーティング剤を探すのに役立ちます。

コーティング専門店

専門店にコーティングを依頼する場合、施工品質の高さが最大の特徴です。塗装を手がける板金屋などでコーティングをする場合もありますが、いずれも車の塗装を知り尽くしたプロフェッショナルとして、とくに下地処理を念入りに行います。

仕上がりの質が高い一方で、料金は他と比べて高くなります。

車のコーティングまとめ

ここまで見てきたように、コーティングの種類や施工業者などには様々な選択肢があります。こまめにメンテナンスをしたい方はコーティングの頻度を増やすという選択肢もありますし、できるだけ手間暇をかけたくない方にとっては効果が長持ちするコーティングの方が適しているといえます。

ご自身のライフスタイルに合ったコーティングを活用し車のボディをきれいに保つことは、きっと、車に対する愛着が増すことにもつながるでしょう。今回の記事も参考に、ぜひ、愛車とともに充実したカーライフを送ってください。

愛車をコーティングで守ろう!コーティング剤の種類や費用相場などを紹介

トヨタのサブスクリプションサービス「KINTO」では、2021年4月に「新しい移動のよろこび」を発見できるWEBサイト「モビリティマーケット by KINTO」(以下、モビマ)をオープンしました。移動の楽しさ・安心・快適につながるプログラムを揃え、日本国内に在住・滞在の方なら誰でも利用可能。カーコーティングに関するプログラムもあります。

モビマでは他社と提携することで、

「キャンピングカーを利用したワーケーションなど、新たな移動体験
「モータースポーツの観戦・体験など、クルマを使った非日常体験
「カーコーティングやクルマの中で流す音楽など、快適なクルマ時間を演出
「リムジンによる自宅から空港への送迎など、シームレスでストレスフリーな移動
「ドライビングレッスンやクルマの中の除菌など、移動の安心安全をサポート

といった、様々なジャンルのプログラムを随時提供しています。

コロナ禍により人々の移動が制限され、「どこかに行く楽しみ」「人に会い、触れ合ううれしさ」など、「移動のよろこび」の大切さを改めて実感し、新しい生活様式の中で「クルマのある生活をもっと楽しんでもらいたい」という思いで立ち上がったモビマ。みなさまの新しい生活の扉を開くきっかけを探しに、ぜひ、モビマに遊びにきてください!

この記事をシェアする

MEMBERSHIP

1分のメンバー登録で、
お得情報、見積もり保存、クルマ比較を
ご利用いただくことができます。

メンバーシップに登録

SNSをフォローする

  • ホーム
  • コラム
  • 愛車をコーティングで守ろう!コーティング剤の種類や費用相場などを紹介

PAGE TOP