COLUMN コラム

レクサスLSの内装をレビュー!風格と上品さを兼ね備えた室内空間

レクサスLSの内装をレビュー!風格と上品さを兼ね備えた室内空間
この記事をシェアする

<この記事は8分で読めます。>

1989年のレクサス誕生以来、ブランドを象徴するフラッグシップセダンとして進化を続けてきた「レクサスLS」。内外装デザインにおいても、常に挑戦を続けてきました。

2020年11月に発売された新型LSは、オーナメントパネルやドアトリムに日本の伝統工芸である「西陣織」に「プラチナ箔」を使ったデザインをオプション採用するなど、インテリアをアートの領域まで高め、革新的なデザインを追求しています。レクサスならではの美意識が細部にまで息づいた、新型LSの内装の魅力について解説していきます。

モダンな感性と技を感じるインテリア

レクサスLSの内装をレビュー!風格と上品さを兼ね備えた室内空間

※オーナメントパネル(内装色:ブラック、レーザーカットスペシャル)

特徴的なオーナメントパネルは、LSのために独自開発され、数々の工夫が施されています。オーナメントパネルの流れに沿うように施された3本のキルティングは、エレガントで心地良い雰囲気を醸し出しています。

シートは高級本革を使用し、細かいピッチで縫い上げるなど高度な縫製技術を駆使することにより、肌になじむ乗り心地を実現。シートバックとクッションには通気性を備えた低反発ウレタンを使用し、快適な座り心地を保ちます。

縫い合わせの工夫により体圧が分散しやすく、走行時の振動吸収性を確保するなど、乗る人への配慮が随所にちりばめられています。

レクサスLSの内装をレビュー!風格と上品さを兼ね備えた室内空間

※LS500h “EXECUTIVE”(内装色:オーカー、オプション装着車)

フロントパワーシートはニューマチック(空気式)システムによりドライバーの背中、お尻、肩甲骨などを多角的にホールド。旋回中や減速中でも安定した姿勢を保持します。28Wayもの調整が可能で、アグレッシブなドライビングや、長時間の運転など、目的によって細かな調整ができ、身体への負担を軽減します(EXECUTIVE、EXECUTIVE Advanced Drive、version L、version L Advanced Drive、F SPORTに標準装備)。

また、リヤパワーシートも左席22Way、右席16Wayのモードを装備(EXECUTIVE、EXECUTIVE Advanced Driveに標準装備)。ビジネスモード、リラックスモード、エンターテインメントモードなどシーンに応じてフィットする座り心地をセレクトできます。

リヤシート左席は、助手席のシートをスライドしヘッドレストを倒した状態にすると、最大約1,020mmのゆとりある足元を確保。リラックスモードに設定すると電動のオットマンも出現し、足を伸ばして休むことも可能です。

レクサスLSの内装をレビュー!風格と上品さを兼ね備えた室内空間

※LS500h“EXECUTIVE(内装色 : オーカー、オプション装着車)

ドライバーが操作しやすい12.3インチのワイドディスプレイは、画面に直接触れるタッチ操作と、手元のタッチパッドによる操作が可能。運転中の視線移動や姿勢変化をおさえられ、安全運転につながります。スマートフォンと連携させることで、音声操作や音楽再生、ハンズフリー通話、メッセージの送受信などができるのも、うれしいポイントです。

レクサスLSの内装をレビュー!風格と上品さを兼ね備えた室内空間

※LS500h “EXECUTIVE”(内装色:オーカー、オプション装着車)

リヤにも、左右に11.6インチディスプレイを装備(※EXECUTIVE、EXECUTIVE Advanced Driveに標準装備)。センターアームレスト上に設置されたマルチオペレーションパネル(EXECUTIVE、EXECUTIVE Advanced Drive、version L、version L Advanced Driveに標準装備)では、オーディオをはじめ、エアコン、シート機能、リラクゼーション機能、サンシェードやランプを操作することができます。Blu-rayディスクプレーヤーやSDカードスロットのほか、HDMI 端子経由でパソコンなども接続可能です。

レクサスLSの荷室と収納

レクサスLSの内装をレビュー!風格と上品さを兼ね備えた室内空間

荷室は、LS500hで430L(LS500は480L)を確保し、全車9.5インチのゴルフバッグを4個収納できるほどの余裕があります。また、LS500h “EXECUTIVE Advanced Drive” / “version L Advanced Drive”は337Lを確保し、9.5インチのゴルフバッグを3個収納できます。

収納では、フロントのセンターコンソールボックスは、左右両開きで運転席からも助手席からも使いやすい仕様。リヤには、10インチのタブレット端末、ティッシュボックス、メガネケースを同時に収納できる大容量のコンソールボックスを備えるほか、LS500 EXECUTIVEにはリアエアコンで冷却された冷風でドリンクなどを保冷できるクールボックスも装備しています。

レクサスLSのグレード別内装

新型LSのインテリアカラーは全11種類、シートマテリアルは4種類用意されています。また、ドアトリムやコンソール、オーナメントパネルのデザインや素材もモデルやカラーによって異なります。

レクサスLS「I package」の内装

エントリーモデルの「I package」はシートに本革、ドアトリムの表皮にはファブリックを使用し、シックな仕上がりとなっています。ドアトリムやコンソールの素材は標準装備のアッシュもしくはオプションのアートウッドを選択可能です。なお、シートカラーに「ヘーゼル」を選択した場合は、「ウォールナット」が標準装備となり、オプションでアートウッドが選択できます。

 レクサスLS「F SPORT」の内装

スポーティモデル「F SPORT」のシートには、「F SPORT」のために開発された本革 / ウルトラスエードスポーツシートが採用されています。摩擦抵抗の高いウルトラスエードを使用し、ショルダー部の張り出しを強めるなど、高いホールド性を追求。内装カラー「ブラック&ホワイトグレー」「フロアレッド」「ホワイト」はいずれも「F SPORT」専用色です。

また多くの専用パーツが用いられていることも特徴で、視認性が高く美しいTFT液晶式メーター、グリップ性に優れたステアリング、ディンプル本革シフトノブ、アルミ製スポーツペダル&フットレストなど、ほかのモデルとは一線を画したスポーティで華やかな表情の内装に仕立てられています。

レクサスLS「version L」の内装

上級モデルの「version L」では、シートマテリアルを「セミアニリン本革」にグレードアップ。メーカーオプションとして専用色の「ホワイト」が用意されています。「ホワイト」選択時にはドアトリム表皮を標準装備のファブリック、またはメーカーオプションの「セミアニリン本革」から選択することが可能です。

レクサスLS「EXECUTIVE」の内装

レクサスLSの内装をレビュー!風格と上品さを兼ね備えた室内空間

※LS500h “EXECUTIVE”(内装色:ブラック、オプション装着車)

最上級モデル「EXECUTIVE」は、シートを標準装備の「セミアニリン本革」に加え、メーカーオプションの最高級本革「L-ANILINE本革」を選択することが可能です。

厳選されたわずか1%の原皮を丹念に加工し、「セミアニリン本革」を凌ぐ、肌に吸い付くような柔らかさを実現しました。 また内装には「月の道」をテーマに、日本の伝統工芸である「西陣織」と「プラチナ箔」を使用した、独創的なデザインのオプションも用意。金沢の職人が丁寧に手貼りしたプラチナ箔のオーナメントパネルや、京都の老舗で緻密に織り上げた西陣織のドアトリムが、上質感をさらに際立たせています。

レクサスLSのグレードと価格

新型LSのグレードは、「I package」「F SPORT」「version L」「EXECUTIVE」の4種類。大きくガソリン車のLS500とハイブリッド車のLS500h、さらに2WDとAWDに分かれます。

エントリーモデルの「I package」は1,073万円から、スポーツモデルの「F SPORT」は1,234万円から。装備がランクアップする「version L」は1,345万円から、最上級の「EXECUTIVE」は1,539万円からと、幅広い価格設定となっています。

各グレードの価格は、LS公式サイトでご確認ください。

 レクサスLSの内装 まとめ

レクサスLSの内装をレビュー!風格と上品さを兼ね備えた室内空間

常にイノベーションの精神を貫いてきたレクサスらしく、新型LSではタッチディスプレイ採用による操作性向上に加え、「西陣織」や「プラチナ箔」など日本の伝統工芸から着想を得た上質な内装でLSならではの価値をさらに高めています。

長年にわたり最上級車として君臨してきたレクサスLSらしい、唯一無二の上質空間に仕上がっています。

最後に、購入以外でレクサスLSに乗れる方法をお伝えします。

それはトヨタのサブスクリプションサービス「KINTO」です。KINTOなら、頭金なしの月々定額で新車に乗れるので、まとまったお金を用意する必要がなく魅力的なサービスです。

KINTOの月々の定額料金には車両代金だけでなく、自動車税に自賠責保険、点検費用など、車の維持にかかってくる諸費用がすべて含まれています。なかでも、KINTO専用の任意保険が付いているのは大きな特徴です。

KINTOの申し込みはネット上ですべて完結するので販売店に足を運ぶのは納車の時だけです。

なお、個人事業主や法人が、仕事で車を使う場合、経費として処理することが可能です。KINTOなら、経費の計算や計上処理を大幅に簡略化でき、諸費用や税金、任意保険まですべてコミコミの月々定額で利用できます。

楽に経費処理したい個人事業主の方におすすめの、新しい車の乗り方です。詳しくはこちらをご覧ください。

この記事をシェアする

MEMBERSHIP

1分のメンバー登録で、
お得情報、見積もり保存、クルマ比較を
ご利用いただくことができます。

メンバーシップに登録

SNSをフォローする

  • ホーム
  • コラム
  • レクサスLSの内装をレビュー!風格と上品さを兼ね備えた室内空間

PAGE TOP