COLUMN コラム

ヤリスクロスのサイズは?C-HR・ライズと大きさ比較

ヤリスクロスのサイズは?C-HR・ライズと大きさ比較
この記事をシェアする

<この記事は6分で読めます。>

トヨタの人気コンパクトカー「ヤリス」のSUV版として2020年8月に登場した「ヤリスクロス」。

SUVという人気カテゴリーの車種であり、スタイリッシュなデザインやTNGAプラットフォームの採用による優れた走行性能、ハイブリッド車としてガソリン乗用車コンパクトクラス世界トップレベルの低燃費などで人気のコンパクトSUVです。

今回はヤリスクロスの気になるボディサイズや室内サイズ、同じトヨタのコンパクトSUVである「C-HR 」および「ライズ」との大きさも比較し紹介します。

※記事公開時の情報をベースにしており、最新の新車販売グレードにはない情報が含まれる場合もあります。最新の情報については各公式サイトでご確認ください。

<この記事の目次>

  1. ヤリスクロスのサイズ
  2. ヤリスクロス・C-HR・ライズの大きさを比較
  3. ヤリスクロスで機械式駐車場を利用する際の注意点
  4. ヤリスクロスのサイズ まとめ

ヤリスクロスのサイズ

左:ヤリス 右:ヤリスクロス

※左:ヤリス 右:ヤリスクロス

ここからは、ヤリスクロスのボディサイズや室内サイズ、乗車イメージや広い荷室、シートアレンジなどについて写真を中心に紹介します。

ヤリスクロスの外観や主要なサイズ

ヤリスクロスの外観や主要なサイズ

※機械式駐車場のサイズ制限について、普通車は高さ1.55m以下・ハイルーフ車は2m以下の設定が多いことから、それぞれの高さでラインをひいています。

ヤリスクロスのサイズ
全長(mm)4,180
全幅(mm)1,765
全高(mm)1,590
室内長(mm)1,845
室内幅(mm)1,430
室内高(mm)1,205
ホイールベース(mm)2,560
フロントトレッド(mm)1,515~1,525
リヤトレッド(mm)1,510~1,525
最低地上高(mm)170
最小回転半径(m)5.3

ヤリスクロスのボディサイズや室内サイズを調べて一覧表にまとめました。トレッドのサイズは、グレードや2WD・4WDにより違いがありますが、それ以外は共通のサイズとなっています。

ヤリスクロスの乗車イメージ

※モデル身長162cm

ヤリスクロスHYBRID Z 2WD(内装色:ダークブラウン)

※HYBRID Z 2WD(内装色:ダークブラウン)

ボディサイズはコンパクトSUVらしく全長4mを少し超える程度ですが、全幅は1.7mを超える3ナンバーサイズです。その分、室内幅にもゆとりが出て大人4人でもゆったり乗れます。

広々としたヤリスクロスの荷室

ヤリスクロスの荷室

※荷室の寸法図

ヤリスクロスの魅力のひとつは、コンパクトSUVとは思えない広々とした荷室です。荷室のサイズは、荷室幅1,400mm×荷室長820mm(5名乗車時)×荷室高732mm。デッキボード下段時には荷室高は850mmとなり、背の高い荷物も積載可能です。

荷室容量は390L(2WDガソリン車かつデッキボード非装着状態でデッキアンダートレイを含む容量)を誇り、コンパクトSUVクラストップレベルの収納力を有しています。デッキボードは6:4で左右分割できるので、背の高さが違う荷物を運ぶ時にも便利です。

ヤリスクロス長さ125cmのゴルフバッグを荷室に横置きした状態

※長さ125cmのゴルフバッグを荷室に横置きした状態

ヤリスクロス66cm × 43cm x 26cmのスーツケースを横置きした状態

※66cm × 43cm x 26cmのスーツケースを横置きした状態

前述したヤリスクロスの荷室容量390Lは、リヤシートを使用して5人乗車の場合になります。

この荷室容量は、HYBRID ZおよびZ、HYBRID GおよびGに標準装備の「4:2:4分割可倒式リヤシート」や、HYBRID XおよびX、X”Bパッケージ”に標準装備の「6:4分割可倒式リヤシート」との組み合わせによって、さらに広げることが可能です。

ヤリスクロス左からスタンダードモード、4:2:4モード、フラットモード

※左からスタンダードモード、4:2:4モード、フラットモード

リヤシートの真ん中だけ倒して、ゆったり4人が乗車しながらも長尺物が楽に積み込める「4:2:4モード」。長尺物を積みながらゆとりある後席も確保できる「6:4モード」。そしてリヤシート全てを倒してフルフラットにすることで、自転車2台の積載も可能となる「フラットモード」。このフラットモードにすれば、荷室容量は1,102Lにまで拡大できます。

ヤリスクロス・C-HR・ライズの大きさを比較

ヤリスクロス・C-HR・ライズの大きさを比較 フロント
ヤリスクロス・C-HR・ライズの大きさを比較 サイド

ヤリスクロスと同じトヨタのコンパクトSUV、「C-HR」「ライズ」の4WDかつガソリン車の最上級グレード同士のサイズ比較を一覧表にまとめてみました。比較してサイズが一番大きい数値を赤字にしています。
※最小回転半径のみ一番小さい数値が赤字

ヤリスクロス C-HR ライズ
全長(mm)4,1804,3853,995
全幅(mm)1,7651,7951,695
全高(mm)1,5901,5651,620
室内長(mm)1,8451,8001,955
室内幅(mm)1,4301,4551,420
室内高(mm)1,2051,2101,250
ホイールベース(mm)2,5602,6402,525
フロントトレッド(mm)1,5151,5401,475
リヤトレッド(mm)1,5101,5401,470
最低地上高(mm)170155185
最小回転半径(m)5.35.25.0
※ヤリスクロス:Z 1.5L・CVT・4WD
※C-HR:G-T CVT・4WD
※ライズ:Z 4WD

上記3車種のサイズ感は「C-HR > ヤリスクロス > ライズ」という順番の大きさで、ボディサイズである全長や全幅は順番通りの大きさです。室内高ではヤリスクロスが一番低くなっていますが、室内長と室内高は意外にも一番コンパクトなライズが一番大きいサイズという結果でした。

ヤリスクロスの全高および室内高が低い理由としては、ハイブリッド車としてガソリン乗用車コンパクトクラス世界トップレベルの低燃費にも貢献している低重心&高剛性ボディのTNGAプラットフォームや、空気抵抗を減らしガソリン乗用車コンパクトクラストップレベルのCD値(空気抵抗係数)を実現している空力フォルムなどが考えられます。

ヤリスクロスで機械式駐車場を利用する際の注意点

ヤリスクロスで機械式駐車場を利用する際の注意点

もし、ヤリスクロスで機械式駐車場を利用する予定があれば注意が必要です。ヤリスクロスはコンパクトSUVの部類に入りますが、SUVなので全高はコンパクトカーなどと比べて高めです。

機械式駐車場については統一された規格が無く、駐車場のサイズは機械式駐車場によって異なるため、必ず管理会社に規格や利用可能な車のサイズを確認しましょう。

参考までに、一般的な目安となる機械式駐車場の規格は以下のとおりです。

・全長5,000mm未満
・全幅1,850mm未満
・全高1,550mm未満
・重量2,000kg未満

この規格の機械式駐車場の場合、ヤリスクロスの全高はサイズオーバーとなってしまいます。ヤリスクロスで機械式駐車場を利用する際は、利用可能な規格であるかどうか、事前に確認するようにしましょう。

ヤリスクロスのサイズ まとめ

ヤリスクロス リヤ外観

「日常も、週末も、さらりとドレスアップ」という言葉が似合うヤリスクロス。コンパクトなSUVながら広い荷室を備え、日常のお買い物から週末のアウトドアまでこなしてくれるところも、ヤリスクロスの人気が高い理由かもしれません。

そんなヤリスクロスを、購入以外で乗れる方法をお伝えします。

それはトヨタのサブスクリプションサービス「KINTO」です。KINTOなら、頭金なしの月々定額で新車に乗れるので、まとまったお金を用意する必要がなく魅力的なサービスです。

また、KINTOの定額料金には車両代金だけでなく、自動車税や自賠責保険、点検費用、KINTO専用の任意保険まで毎月の支払い額にすべて含まれています。

さらに、KINTOの申し込みはネット上ですべて完結するので販売店に足を運ぶのは納車の時だけです。

KINTOを利用してヤリスクロスに乗ることも検討してみてはいかがでしょうか?

※一部取り扱いのない車種がある場合もございます
※記事公開時の情報をベースに掲載しています

ヤリスクロストヨタのサブスク・カーリースはKINTO
この記事をシェアする

MEMBERSHIP

1分のメンバー登録で、
お得情報、見積もり保存、クルマ比較を
ご利用いただくことができます。

メンバーシップに登録

SNSをフォローする

  • ホーム
  • コラム
  • ヤリスクロスのサイズは?C-HR・ライズと大きさ比較

PAGE TOP