COLUMN コラム

レクサスRXの燃費や上質で余裕のある走りをチェック!

レクサスRXの燃費や上質で余裕のある走りをチェック!
この記事をシェアする

<この記事は5分で読めます。>

レクサスRXの初代モデルは1998年に北米などで発売されました。プレミアムクロスオーバーのけん引役として、グローバルに展開するレクサスブランドの中核モデルとして高い評価を受け、2015年にはフルモデルチェンジ、2019年にマイナーチェンジ、2020年にも一部改良を行うなど、常にアップデートを行うことでその魅力に磨きをかけてきました。

今回はレクサスRXの走りや乗り心地、そして気になる燃費性能にスポットをあてて紹介していきます。

<この記事の目次>

  1. レクサスRXの特徴
  2. レクサスRXの燃費
  3. レクサスRXの乗り心地や走行性能
  4. レクサスRXの燃費性能 まとめ

レクサスRXの特徴

レクサスRX450h“version L” グラファイトブラックガラスフレーク

※RX450h“version L” グラファイトブラックガラスフレーク

流麗さと力強い存在感を兼ね備えたエレガントな外観デザインや、機能的で上質感あふれる室内空間が特徴のレクサスRX。その呼称は、2015年の「プレミアムクロスオーバー」から2019年に「ラグジュアリーSUV」へと微妙に変化しています。

そこから見えてくるのは、単に高級感だけにとどまらない、他とは違う絶対的な価値を持つといった意味合いも含めた「ラグジュアリー(贅沢・豪華)」なSUV。それが「レクサスRX」ということではないでしょうか。

エレガントな外観と室内空間

レクサスRX300“F SPORT” ホワイトノーヴァガラスフレーク

※RX300“F SPORT” ホワイトノーヴァガラスフレーク

レクサスRXの外観デザインは、フロントバンパーからドアサイドまでキャラクターラインに連続性を持たせることで力強さと安定感を表現したサイドビュー、バンパー下端のマフラー、アンダーガードなどの部品を水平基調のデザインにすることでワイド感を強調したリヤビューなど、エレガントかつダイナミックさを打ち出したものとなっています。

レクサスRX450h“version L” (内装色 :ノーブルブラウン)の内装

※RX450h“version L” (内装色 :ノーブルブラウン)

内装については質感の高さはもちろん、ナビゲーションのタッチディスプレイ化や充電用USBソケットの増設、スマートフォン収納箇所の追加、リモートタッチ(タッチパッド式)を採用するなど、高い利便性も確保しています。

レクサスRX450hL(内装色 :オーカー)の内装

※RX450hL(内装色 :オーカー)

また、レクサスRXには全長を拡大してサードシートを採用した3列シートバージョン(RX450hL)も用意されています。2019年のマイナーチェンジで3列目シートが改良され、3列目の足元を広くしたり、あるいは荷室の方を広くしたりと2パターンに調整することが可能になりました。

レクサスRXの燃費

レクサスRXのグレード別カタログ燃費(WLTCモード)は以下の通りです。

グレード 2WD AWD
RX450hL14.7km/L
RX450h15.6km/L15.3km/L
RX450h version L15.3km/L14.9km/L
RX450h F SPORT15.3km/L14.9km/L
RX30010.9km/L10.4km/L
RX300 version L10.9km/L10.4km/L
RX300 F SPORT10.9km/L10.4km/L

レクサスRXのパワーユニットは2種類。

燃料噴射システムD‐4Sを採用した3.5L V型6気筒エンジンを擁するハイブリッドシステムは、低速域から高速域にかけて豊かなトルクを生み出し、力強く、胸のすくようなドライビングフィールをもたらします。

2L 直列4気筒インタークーラー付ターボエンジンは幅広い回転域で350Nmの最大トルクを生み出し、アクセル操作に対する瞬時のレスポンスや滑らかに素早く伸びていく加速フィーリングをもたらします。またアイドリングストップ機能を搭載し、燃費性能の向上にも貢献しています

レクサスRXの乗り心地や走行性能

レクサスRX300“F SPORT” ホワイトノーヴァガラスフレーク

※RX300“F SPORT” ホワイトノーヴァガラスフレーク

2019年のマイナーチェンジにおいて、スポット溶接の打点を増やすとともに骨格を高剛性にすることで、優れた操縦安定性・乗り心地を実現。

サスペンション周りでは、ハブベアリングの剛性を高めることで車両の応答性を向上させるとともに、リヤスタビライザーバー径を拡大し、アンダーステアの軽減とロールの低減を図っています。

また、コーナリング中、アクセルを踏み込んだ際に発生しやすいアンダーステアを抑制するアクティブコーナリングアシスト(ACA)の採用などにより高い操縦安定性を実現しています。

レクサスRXの燃費性能 まとめ

レクサスRX

レクサスRXがマイナーチェンジした2019年当時、レクサスRXの開発責任者である加藤武明チーフエンジニアは、現代のレクサスRXがいかなるSUVであるべきか開発中に悩みつづけ「時代を先取る先進技術を備えるのはもちろん、スタイリッシュなデザインと、それでいて十分な空間を両立するパッケージ、走らせたときの気持ち良さや快適性など、トータルで得られるのはRXしかないとお客さまに選んでいただける車。それこそがRX」との結論に達したと語っています。

出典:チーフエンジニアが語る、新型RXが体現するレクサスの価値

その言葉通り、レクサスRXはデザイン、走り、乗り心地や快適性などにおいて、まさにラグジュアリーなSUVに仕上がっています。高級感のあるSUVを探している方は、ぜひ、レクサスRXを検討してみてはいかがでしょうか?

最後に、購入以外でレクサスRXに乗れる方法をお伝えします。

それはトヨタのサブスクリプションサービス「KINTO」です。KINTOなら、頭金なしの月々定額で新車に乗れるので、まとまったお金を用意する必要がなく魅力的なサービスです。

また、KINTOの定額料金には車両代金だけでなく、自動車税や自賠責保険、点検費用、KINTO専用の任意保険まで毎月の支払い額にすべて含まれています。

さらに、KINTOの申し込みはネット上ですべて完結するので販売店に足を運ぶのは納車の時だけです。

「KINTO for LEXUS」各プランの利用者なら、レクサスオーナー向け限定の「レクサスケアメンテナンスプログラム」などのオーナー特典を受けられるのも安心です。

KINTOを利用してレクサスRXに乗ることも検討してみてはいかがでしょうか?

※一部取り扱いのない車種がある場合もございます

この記事をシェアする

MEMBERSHIP

1分のメンバー登録で、
お得情報、見積もり保存、クルマ比較を
ご利用いただくことができます。

メンバーシップに登録

SNSをフォローする

  • ホーム
  • コラム
  • レクサスRXの燃費や上質で余裕のある走りをチェック!

PAGE TOP