COLUMN コラム

C-HRのスポーティなシートや洗練された内装をチェック!

C-HRのスポーティなシートや洗練された内装をチェック!
この記事をシェアする

<この記事は6分で読めます。>

2016年に登場したトヨタ「C-HR」は、トヨタのTNGAプラットフォームがもたらす高い基本性能に運動性能を高める「味付け」を施し、「我が意の走り」を実現したコンパクトSUVです。2019年のマイナーチェンジによりTOYOTA GAZOO Racingが手掛けるGRシリーズ“GR SPORT”がラインアップに追加され、さらに外装や内装デザインがスタイリッシュになるなど進化しました。

個性際立つ外観が目を引きますが、内装も負けず劣らず魅力的です。今回はそんなC-HRの内装について紹介します。

<この記事の目次>

  1. C-HRのスポーティシートと洗練された内装
  2. C-HRのスペースと収納
  3. C-HRのグレード別内装
  4. C-HRのグレードと価格
  5. C-HRの内装 まとめ

C-HRのスポーティシートと洗練された内装

C-HRのスポーティなシートや洗練された内装をチェック!

C-HRの内装は「センシュアル-テック(Sensual-Tech)」をコンセプトに、大人の色気を感じさせつつもハイテクで高い機能性を実現しています。

室内に入ると一番に目に飛び込んでくるスポーティなシートは仕立てのよさにこだわり、姿勢がくずれず正確なステアリング操作が楽しめるホールド性の高いデザインを採用しています。

C-HRのスポーティなシートや洗練された内装をチェック!

※内装イメージ

最新のモデルらしくディスプレイオーディオは全車に標準装備。大型の液晶パネルを独立させて配置することでダッシュボード全体を低く設計し、良好な前方視界を確保しています。

C-HRのスポーティなシートや洗練された内装をチェック!

インパネからドアトリムまで、なめらかに繋がるデザインを採用。シームレスで広がりのある空間を表現しドライバーと乗員の気持ちを高めてくれます。

C-HRのスペースと収納

C-HRのスポーティなシートや洗練された内装をチェック!

※リヤシート

まるで2ドアクーペのように見える外観のC-HRは前席重視とも感じられますが、後席の居住空間もしっかり確保しています。最適なパッド厚を追求した座り心地のよいリヤシートで、乗員が快適に移動できる室内空間となっています。

気になる収納ですが、C-HRでは運転席まわりが充実しています。

C-HRのスポーティなシートや洗練された内装をチェック!

※LEDイルミネーション付カップホルダー(フロント2個)【G、G-Tに標準装備】

C-HRのスポーティなシートや洗練された内装をチェック!

※コンソールボックス(右:オープン時)

C-HRのスポーティなシートや洗練された内装をチェック!

※リヤドアボトルホルダー(左右)

照明付きのグローブボックスやLEDイルミネーション付きのカップホルダー、ちょっとした小物を気軽に放り込めるセンターロアトレイなど、いたずらに収納の数を競うのではなく、運転中でも使いやすい位置に収納を配置しているのが特徴です。

C-HRのスポーティなシートや洗練された内装をチェック!

※荷室イメージ 通常時

また優秀なパッケージングにより、コンパクトSUVとしては大容量の荷室となる318L(通常時)を確保しています。

C-HRのスポーティなシートや洗練された内装をチェック!

※荷室イメージ フルフラット時

リヤシートは6:4の分割可倒式を採用し、シート肩口にあるレバーを操作することにより、最大で1,112L(フルフラット時)の荷室を作り出せます。

C-HRのスポーティなシートや洗練された内装をチェック!

※デッキトリム

C-HRのスポーティなシートや洗練された内装をチェック!

※デッキアンダートレイ

さらに荷室横には小物を入れられるデッキトリムが、荷室下にはかなりの深さのデッキアンダートレイあるので、洗車道具などを収納しておくのにも便利です。

C-HRのグレード別内装

ここからは、C-HRの内装についてグレード別に紹介していきます。

S / S-T

C-HRのスポーティなシートや洗練された内装をチェック!

※S(内装色:ブラック)

C-HRのスポーティなシートや洗練された内装をチェック!

※S(内装色:ブラック)

標準グレードとなる「S / S-T」の内装はブラックで統一、シート地は品質感の高いファブリックが採用され、シンプルでシックな雰囲気にまとめられています。

G / G-T

C-HRのスポーティなシートや洗練された内装をチェック!

※G(内装色:オーキッドブラウン)

C-HRのスポーティなシートや洗練された内装をチェック!

※G(内装色:オーキッドブラウン)

上級グレードの「G / G-T」になると、よりラグジュアリーな雰囲気が高まります。

内装のテーマカラーはオーキッドブラウンが採用され、シートはブラックの上級ファブリックとブラウンの本革のコンビシートが採用されています。

運転席、助手席は快適温熱シートとなっており、冬でも快適に車内で過ごすことができるでしょう。運転席は電動ランバーサポート機能も追加されているので長時間のドライブも安心できます。

ステアリングホイールは本革巻きとなり、センターコンソールおよびパワーウィンドウスイッチベースにはピアノブラックの加飾が施されています。乗車時にムーディーに室内を照らすイルミネーテッド・エントリーシステムも大人の雰囲気を演出しています。

特別仕様車 G“Mode-Nero Safety Plus”

C-HRのスポーティなシートや洗練された内装をチェック!

※特別仕様車 G“Mode-Nero Safety Plus”(内装色:ブラック)

C-HRのスポーティなシートや洗練された内装をチェック!

※特別仕様車 G“Mode-Nero Safety Plus”(内装色:ブラック)

上級グレードの「G / G-T」をベースにして、安全装備をさらに充実させた特別仕様車が「G“Mode-Nero Safety Plus”」です。

「Nero」とはイタリア語で「黒」のことですが、ネーミングの通りインテリアカラーはオーキッドブラウンをテーマにしていた「G / G-T」に対し、同じ素材を使いながらブラックを基調としたものとなっています。

インストルメントパネルアッパー、コンソールボックスおよびドアトリムオーナメントもすべてブラックの加飾で、よりクールな印象に仕上がっています。

 S / S-T “GR SPORT”

C-HRのスポーティなシートや洗練された内装をチェック!

※S-T “GR SPORT”(内装色:GR専用ブラック)

C-HRのスポーティなシートや洗練された内装をチェック!

※S-T “GR SPORT”(内装色:GR専用ブラック)

TOYOTA GAZOO Racingが手掛けた「S / S-T “GR SPORT”」では内装色がGR専用のブラックとなり、精悍な印象となっています。

シートにはシルバーのダブルステッチが施され、ワンポイントで添えられた「GRエンブレム」がさりげなく特別感を演出しています。シート表皮はなめらかなスエード調の素材「ブランノーブ」と合成皮革のコンビシートでシックな印象ですが、滑りにくい素材なのでスポーツ走行にも適しています。

ステアリングホイールも「GR」ロゴ入りの専用デザインの本革巻きが用意され、アルミ製のペダルとともにレーシーな雰囲気で運転席に座るたびにテンションが上がりそうです。

C-HRのグレードと価格

C-HRのグレード構成は2WDが11種類、4WDが4種類の合計15種類。価格(税込)はエントリーモデル「S-T」の238万2,000円からハイエンドモデル「S“GR SPORT”」の314万5,000円までとなっています。

その他グレードの詳細や価格は、公式サイトでご確認ください。

C-HRの内装 まとめ

C-HRのスポーティなシートや洗練された内装をチェック!

スタイリッシュで個性的な外観に洗練された内装、TNGAの採用による優れた操縦性、そしてコンパクトなサイズが特徴のC-HRに魅力を感じる人も多いのではないでしょうか。コンパクトSUVの購入を検討する際は、ぜひ候補に入れたい一台といえます。

そこで最後に、購入以外にもC-HRに乗れる方法をお伝えします。

それはトヨタのサブスクリプションサービス「KINTO」です。KINTOなら、頭金なしの月々定額で新車に乗れるので、まとまったお金を用意する必要がなく魅力的なサービスです。

また、KINTOの定額料金には車両代金だけでなく、自動車税や自賠責保険、点検費用、KINTO専用の任意保険まで毎月の支払い額にすべて含まれています。

さらに、KINTOの申し込みはネット上ですべて完結するので販売店に足を運ぶのは納車の時だけです。

KINTOを利用してC-HRに乗ることも検討してみてはいかがでしょうか?

※一部取り扱いのない車種がある場合もございます

この記事をシェアする

MEMBERSHIP

1分のメンバー登録で、
お得情報、見積もり保存、クルマ比較を
ご利用いただくことができます。

メンバーシップに登録

SNSをフォローする

  • ホーム
  • コラム
  • C-HRのスポーティなシートや洗練された内装をチェック!

PAGE TOP