• ホーム
  • コラム
  • カローラ スポーツの内装をレビュー!デザイン性の高いスポーティな空間をチェック

COLUMN コラム

カローラ スポーツの内装をレビュー!デザイン性の高いスポーティな空間をチェック

カローラ スポーツの内装をレビュー!デザイン性の高いスポーティな空間をチェック
この記事をシェアする

<この記事は6分で読めます。>

カローラは誕生から50年以上、世界150以上の国と地域で、約4,750万台以上が販売されたトヨタの主力車種。そのハッチバックモデルである「カローラ スポーツ」は、スポーティなデザインと走りが特徴です。また、走行中にオペレーターが音声でサポートしてくれる「コネクティッドサービス」(別途契約が必要)にも対応するなど、新たなモビリティライフを提案する新世代のベーシックカーとなっています。今回は、そんな「カローラ スポーツ」の内装を紹介します。

※記事公開時の情報をベースにしており、最新の新車販売グレードにはない情報が含まれる場合もあります。最新の情報については各公式サイトでご確認ください。

<この記事の目次>

  1. シンプルでスポーティな「カローラ スポーツ」の室内空間
  2. 「カローラ スポーツ」の収納スペース
  3. 「カローラ スポーツ」のグレード別内装
  4. カローラ スポーツのグレードと価格
  5. カローラ スポーツの内装 まとめ

シンプルでスポーティな「カローラ スポーツ」の室内空間

シンプルでスポーティな「カローラ スポーツ」の室内空間

「カローラ スポーツ」の室内空間の印象は、シンプルかつスポーティ。細部のつくりや質感にこだわり、上質さを表現しています。また、TNGAプラットフォームの採用により厚みを抑えたインストルメントパネルは、ワイド化を実現し室内空間の開放感を生み出しています。

カローラ スポーツのスポーツシート

※スポーツシート

特に、HYBRID G“Z”とG“Z”では、ホールド性が高い新開発スポーツシートを標準装備し、ブラックパネルとシルバー加飾で統一された内装とあわせスポーティさに磨きがかかっています。

「カローラ スポーツ」の収納スペース

カローラ スポーツのの収納スペース

「カローラ スポーツ」はコンパクトカーながら、荷室は352Lあり9.5インチのゴルフバッグを2個積めます。

カローラ スポーツの収納スペース

※アジャスタブルデッキボード

また、2WD車のメーカーオプションとして設定された「4:2:4分割アジャスタブルデッキボード」では、荷室の床面の高さを2段階に調整できます。床を高くして下にモノを収納したり、ボードを立てることで3つのスペースを作る使い方も可能です。

カローラ スポーツのアクセサリーコンセント

※アクセサリーコンセント

それ以外にも、数多くの収納スペースが用意されるほか、センターコンソールボックスには、充電用USB端子も用意されています。

「カローラ スポーツ」のグレード別内装

「カローラ スポーツ」のグレードは、エントリーモデルの「G“X” / HYBRID G“X”」、G“X”の上級にあたる「G / HYBRID G」、最上級グレード「G“Z” / HYBRID G“Z”」3つから構成されます。

加えて「G / HYBRID G」をベースに、専用アルミホイールや専用シートなどを装備して精悍さを増した特別仕様車「G“Style Package” / HYBRID G“Style Package”」が、「カローラ スポーツ」のラインアップとなります。

カローラ スポーツ G“X” / HYBRID G“X”の内装

カローラ スポーツの内装 G”X”(MT) ブラック

※G”X”(MT) ブラック

カローラ スポーツの「G“X” / HYBRID G“X”」の内装カラーはブラック。フロントグリルとリンクしたエンボスパターンファブリックが採用されており、引き締まった大人の雰囲気が感じられる空間となっています。

フロントシートはスポーティシートで、シルバー塗装を施したウレタン3本スポークステアリングに、シフトノブはウレタン塗装です。

カローラ スポーツ G / HYBRID Gの内装

カローラ スポーツの内装 HYBRID G サドルタン

※HYBRID G サドルタン

カローラ スポーツのミドルグレード「G / HYBRID G」では、内装カラーとしてブラックに加え、メーカーオプションで「サドルタン」も選択可能に。「サドルタン」は、本革&メランジ調ファブリック表皮のシートが組み合わされていて、カジュアルかつ上品な雰囲気が漂います。

このほか「G / HYBRID G」では、3本スポークステアリングとシフトノブは本革巻で、インサイドドアハンドルにはシルバー塗装、メータークラスターはサテンメッキ加飾が追加されています。

カローラ スポーツ G“Z” / HYBRID G“Z”の内装

カローラスポーツの内装 HYBRID G”Z” センシュアルレッド

※HYBRID G”Z” センシュアルレッド

カローラ スポーツの最上級グレード「G“Z” / HYBRID G“Z”」は、躍動感あるスポーティな室内空間に仕上がっています。内装カラーは、ブラックとメーカーオプションのセンシャルレッドの2種類。

シートは、マットブラック加飾のファブリックのスポーツシートが標準装備で、メーカーオプションとして本革とウルトラスエードを組みあわせたスポーツシートが用意されています。

さらに、本革とウルトラスエードのシートでは、ブラックとセンシャルレッド×ブラックの2色が選択可能です。

カローラ スポーツの特別仕様車 G“Style Package” / HYBRID G“Style Package”

カローラ スポーツの内装 特別仕様車HYBRID G”Style Package” ブラック

※特別仕様車HYBRID G”Style Package” ブラック

精悍さを際立たせたカローラ スポーツの特別仕様車「G“Style Package” / HYBRID G“Style Package”」の内装には、レザテックと合成皮革を組み合わせたブラックの専用シート表皮が採用されています。レザテックという素材は、ファブリックの快適性と革の質感をあわせ持っているのが特徴です。

このほか「G“Style Package” / HYBRID G“Style Package”」では、高精細7.0インチTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイが特別装備されているなど、ワンランク上の仕様となっています。

カローラ スポーツのグレードと価格

カローラ スポーツ

カローラ スポーツのグレードと価格は以下の通りとなります。

価格(税込)はエントリーモデルの「G“X”(ガソリン車・2WD)」が216万9,000円から最上級グレードの「GHYBRID G“Z(ハイブリッド車・2WD)」が284万1,000円、特別仕様車の「HYBRID G“Style Package”」は244万円からです。

詳しくは、公式ページでご確認ください。

カローラ スポーツの内装 まとめ

「カローラ スポーツ」の内装は、そのネーミングの通り、スポーティさが特徴です。シンプルなデザインながら、ディティールにこだわった質感の高さも魅力です。

最後に、購入以外にもカローラ スポーツに乗れる方法をお伝えします。

それはトヨタのサブスクリプションサービス「KINTO」です。KINTOなら、頭金なしの月々定額で新車に乗れるので、まとまったお金を用意する必要がなく魅力的なサービスです。

KINTOの月々の定額料金には車両代金だけでなく、自動車税に自賠責保険、点検費用など、車の維持にかかってくる諸費用がすべて含まれています。なかでも、KINTO専用の任意保険が付いているのは大きな特徴です。

KINTOの申し込みはネット上ですべて完結するので販売店に足を運ぶのは納車の時だけです。

KINTOを利用して「カローラ スポーツ」に乗ることも検討してみてはいかがでしょうか?

※一部取り扱いのない車種がある場合もございます
※記事公開時の情報をベースに掲載しています

この記事をシェアする

MEMBERSHIP

1分のメンバー登録で、
お得情報、見積もり保存、クルマ比較を
ご利用いただくことができます。

メンバーシップに登録

SNSをフォローする

PAGE TOP