• ホーム
  • コラム
  • トヨタのコンパクトカー【5車種】を紹介!ヤリスやルーミーが人気

COLUMN コラム

トヨタのコンパクトカー【5車種】を紹介!ヤリスやルーミーが人気

トヨタのコンパクトカー【5車種】を紹介!ヤリスやルーミーが人気
この記事をシェアする

<この記事は8分で読めます。>

使い勝手の良さから人気の「コンパクトカー」。トヨタでは2021年8月時点で6車種のコンパクトカーをラインアップしています。2020年1月~12月の新車販売台数(軽自動車および海外ブランドを除く、以下同様)を見ると、ヤリスが1位(SUVのヤリスクロスの販売台数も含む順位)、ルーミーが6位にランクインするなど販売台数も多く、街で見かける機会も多いと思います。今回はトヨタのコンパクトカーからスポーツカーでもある「GRヤリス」を除いた5車種について、特徴や魅力を紹介します。

※記事公開時の情報をベースにしており、最新の新車販売グレードにはない情報が含まれる場合もあります。最新の情報については各公式サイトでご確認ください。

<この記事の目次>

  1. コンパクトカーの特徴
  2. トヨタのコンパクトカー 一覧
  3. トヨタのコンパクトカー各車の特徴
  4. トヨタのコンパクトカーに乗るなら「KINTO」がおすすめ

コンパクトカーの特徴

コンパクトカーは軽快な取り回しで細い道でも運転しやすく、初めて車を持つ人や運転に自信の持てない方にもおすすめのボディタイプです。車両価格が低く燃費も良いため経済的であることも、コンパクトカーのメリットといえます。

その中でもトヨタのコンパクトカーは、コンパクトカーとしての基本的な特徴だけでなく、車種それぞれに個性的な魅力も兼ね備えています。

トヨタのコンパクトカー5車種について「最高燃費」「最新モデル発売時期」「価格」を一覧にまとめ、価格の低い順に並べましたので見ていきましょう。

トヨタのコンパクトカー 一覧

車名最高燃費(km/L) 最新モデル発売時期価格(税込)
パッソ21.02018年10月10日126万5,000円~
ヤリス36.02020年2月10日139万5,000円~
ルーミー18.42020年9月15日155万6,500円~
アクア35.82021年月7月19日198万円~
カローラ スポーツ30.02018年6月26日216万9,000円~
※2021年8月時点でのトヨタのコンパクトカー一覧(価格が低い順)
※最新モデル=フルモデルチェンジまたはマイナーチェンジを行ったモデル

燃費が一番良いのは「ヤリス」ですが、2WD・4WD、ガソリン車・ハイブリッド車の組み合わせのなかで、2WDハイブリッド車が各車種の最高燃費になる傾向があります。

トヨタのコンパクトカー各車の特徴

トヨタのコンパクトカーでもパッソ・ヤリス・アクア・カローラ スポーツの4車種が5ドアハッチバックというボディタイプを採用しています。ルーミーだけは他よりも背が高い5ドアトールワゴンタイプです。

ここからは各車の特徴を見ていきましょう。

パッソ

パッソ MODA“G package”(2WD) ブラックマイカメタリック×ダークエメラルドマイカ

※MODA“G package”(2WD) ブラックマイカメタリック×ダークエメラルドマイカ

「パッソ」は2004年にトヨタとダイハツの共同開発で誕生したコンパクトカー。ダイハツのブーンはパッソの兄弟車になります。2016年のフルモデルチェンジ、2018年のマイナーチェンジを経て、2021年4月には一部改良で安全装備を強化するなど、成熟度が増しています。

全長は3,650~3,680mmとトヨタのコンパクトカー5車種の中では一番短いボディサイズで、最小回転半径は4.6m~4.7mと小回りが利きます。ボディデザインは2つのスタイルを設定。MODAがスマートかつ上質な装いの個性的なスタイルの一方、Xはシンプルで親しみやすい安心感のあるスタイルです。

2021年4月1日の一部改良では、「X」にスマートアシストⅢとコンライトを設定し全車標準装備化するなど安全装備を強化。さらにカラーのラインアップを見直し、ターコイズブルーマイカメタリックを新設定することで、カラーバリエーションは13色(モノトーン9色、ツートーン4色)となりました。

価格(税込)126万5,000円~

ヤリス

ヤリス HYBRID Z 1.5L(2WD/E-four)ブラック×コーラルクリスタルシャイン

※HYBRID Z 1.5L(2WD/E-four)ブラック×コーラルクリスタルシャイン

「ヤリス」はトヨタの人気車「ヴィッツ」の後継車として登場しました。もともとヴィッツは海外ではヤリスという車名で販売されていましたが、2020年2月の新型車ヤリスの発売を機に国内での車名も統一となりました。

「軽く、小さく、扱いやすく」をコンセプトに、コンパクトカーとしては初めてTNGAプラットフォームを採用。運転のしやすさ、優れた操縦安定性、高い燃費性能、そして躍動感あふれるスタイリングをコンパクトなボディに凝縮しています。

新開発の「直列3気筒1.5Lダイナミックフォースエンジン」を採用した新世代ハイブリッドシステムは、ガソリン乗用車コンパクトクラス世界トップレベルとなるWLTCモード36.0km/Lの低燃費を実現しました。

2021年3月1日には、ヤリスが「欧州カー・オブ・ザ・イヤー2021」を受賞。ある選考委員は「何かが起きている…。今までのヤリスは、信頼性が高くて、燃費もよかったが、“とても退屈な小さな車”だった。新しいヤリスは、運転するのが楽しくて、乗り心地が良い。それでいて燃費と信頼性も高い。」とヤリスを評しています。
※出典:Car of the Year
※欧州カー・オブ・ザ・イヤーは欧州9か国、9自動車誌が主催する欧州で最も権威ある自動車賞のひとつで、過去1年に発売された乗用車から最も優れたクルマとして1台が選ばれる。

価格(税込)139万5,000円~

ルーミー

ルーミー カスタムG-T クールバイオレットクリスタルシャイン

※カスタムG-T クールバイオレットクリスタルシャイン

ミニバンの魅力をコンパクトカーに凝縮した「ルーミー」は、トヨタのコンパクトカーの中で唯一のトールワゴンで、乗降性を高める低床フロアやスライドドアを採用。コンパクトなのに5人が余裕を持って乗れる、居心地の良い広さが特徴です。

日常的な買い物だけでなく長距離ドライブやレジャーなど、用途に応じて車内スペースを簡単に模様替えできるのもルーミーの特徴のひとつ。リヤシートをアレンジすることで車中泊や大きな荷物を載せることも可能です。小さなお子様連れの家族に嬉しいフロントシートウォークスルーは、前後シートの移動や運転席・助手席間の移動をスムーズにします。

価格(税込)155万6,500円~

アクア

新型アクア外観

※Z(2WD クリアベージュメタリック)

トヨタのコンパクトカーの中で唯一、ハイブリッド車のみをラインアップしているのが「アクア」です。WLTCモードにおいて30.0km/L~35.8km/Lと低燃費を実現しています。

アクアのデビューは2011年。そして、2014年12月と2017年6月の二度にわたるマイナーチェンジを経て、2021年7月、約10年ぶりにフルモデルチェンジしました。最先端の安全・安心機能を装備するとともに、トヨタの人気コンパクトカー「ヤリス」と同じコンパクトカー向けTNGAプラットフォームの「GA-B」 を採用。高いボディ剛性が生み出す上質な走りと、高い環境性能を両立しています。

また、コンパクトボディながら広い室内を実現し、後席スペースにもゆとりを確保しています。十分な前後席間距離をとることで、後席でも乗り降りしやすく、膝まわりに、ゆとりを創出。さらに、頭上空間の広さにもこだわるなど、ゆったりとくつろげる室内となっています。荷室についても、荷物の出し入れがしやすいようバックドアの開口長が広く、奥行きや開口幅もしっかり確保されています。

価格(税込)198万円~

カローラ スポーツ

カローラスポーツ HYBRID G“Z” プラチナホワイトパールマイカ

※HYBRID G“Z” プラチナホワイトパールマイカ

1966年に誕生して以来、世界150以上の国と地域で販売。2019年には販売累計台数が4,750万台を超えた、日本が世界に誇るロングセラーカー「カローラ」。そして12代目カローラシリーズの先駆けとなったのが、2018年に登場した5ドアハッチバックの「カローラ スポーツ」です。

低重心でたくましいシルエット、細部にまでこだわったシンプルかつスポーティなインテリアのカローラ スポーツは、今までのカローラのイメージとは違い、車を走らせる楽しみが味わえるようになっています。

「楽しい走り」に徹底的にこだわり開発されたサスペンションは、世界各国の道を約100万km⾛行しチューニングを重ね、⾛って楽しい、上質で気持ち良い⾛りを実現。コーナリングや荒れた路⾯でも安定した乗り⼼地を感じられるでしょう。

価格(税込)216万9,000円~

トヨタのコンパクトカーに乗るなら「KINTO」がおすすめ

カローラスポーツのリヤ外観

トヨタのコンパクトカーは車種それぞれに個性的な魅力があるため、漠然とコンパクトカーを探している方にとっても、自分のライフスタイルに合った一台を見つけやすいかもしれません。

そこで、購入以外にもトヨタのコンパクトカーに乗れる方法をお伝えします。

それはトヨタのサブスクリプションサービス「KINTO」です。KINTOなら、頭金なしの月々定額で新車に乗れるので、まとまったお金を用意する必要がなく魅力的なサービスです。

KINTOの定額料金には車両代金だけでなく、自動車税に自賠責保険、点検費用など、車の維持にかかってくる諸費用がすべて含まれています。なかでも、KINTO専用の任意保険が付いているのは大きな特徴です。

KINTOの申し込みはネット上ですべて完結するので販売店に足を運ぶのは納車の時だけです。

KINTOを利用してトヨタのコンパクトカーに乗ることも検討してみてはいかがでしょうか?

※一部取り扱いのない車種がある場合もございます
※記事公開時の情報をベースに掲載しています

ヤリス トヨタのサブスク・カーリースはKINTO

この記事をシェアする

MEMBERSHIP

1分のメンバー登録で、
お得情報、見積もり保存、クルマ比較を
ご利用いただくことができます。

メンバーシップに登録

SNSをフォローする

PAGE TOP