COLUMN コラム

トヨタのスライドドア車【10車種】を紹介!人気の理由も

トヨタのSUV【9車種】を紹介!ヤリスクロスやハリアーなど人気SUVが勢ぞろい
この記事をシェアする

<この記事は13分で読めます。>

車の「売れ筋」は時代とともに移り変わります。セダンが人気の時代もあれば、トヨタ ハイラックスサーフなどのクロスカントリー4WDが人気の時代もありました。

現在では、使い勝手の良いミニバンやコンパクトカーなどの車に人気が集まっています。さらに新車販売台数の上位に注目すると、トヨタ ルーミーのような「ミニバンの特徴であるスライドドアを備えたコンパクトカー」も含めスライドドアを装備している車種が多く、トヨタからはスライドドア車(乗用車)が10車種ラインアップされています。

そもそもスライドドア車の歴史は古く、国産車で初めて採用されたのは1964年の「ダットサン キャブライト 1150 ライトバン」にまで遡ります。トヨタ車としては1967年に登場した初代ハイエースのデリバリーバン(1968年)に追加する形で初採用されました。その後、ワゴンや1BOXカーをメインに採用されていましたが、2000年前後に各社のミニバンに採用されたことから一気に普及し現在に至ります。

その普及のきっかけは、スライドドアの進化によるものともいえます。スライドドア車の歴史が古いにもかかわらず普及しなかった理由のひとつに、操作が重くドアの開閉にそれなりの力が必要だったことが挙げられます。しかし、2000年前後から広がったスライドドアの電動化によってそういったデメリットを解消したことにより、スライドドア車の利便性への理解が進み、普及することになったといえます。

現在では、スライドドアは単なる電動化にとどまらず、ワンタッチスイッチを押すだけで開閉できる機能やスマートキーを持って近づくと自動で開閉できる機能、ドアが閉まったあとの自動ロックが予約可能な機能、足の動作でドアを開閉できる機能など、各社が開発にしのぎを削り、ますます便利なものへと進化しています。

ただし、スライドドア車を利用するうえで注意したい点もあります。後続から来る車両のドライバーにとって、スライドドア車のドアが開いているかどうかの判断がつきにくい場合もあるため、乗り降りする際は左右から車やバイク、自転車などが来ていないか注意する必要があります。また、スライドドア車の大きなメリットである「ドア開閉時にドアが外側へあまり張り出さない」ことによって、油断してスペースを確認せずにドアを開けると、障害物にぶつけてしまうことも考えられます。スライドドアといえど、ドアがどの程度外側へ飛び出すのかを把握し、ドアを開ける際はスペースが十分にあるか確認しましょう。

また、スライドドア車のデメリットとして、車両価格が高くなることや車両重量が重くなることによる燃費の悪化なども頭に入れておきたい点です。

<この記事の目次>

  1. スライドドア車が人気の理由
  2. トヨタのスライドドア車
  3. トヨタのスライドドア車に乗るなら「KINTO」がおすすめ 

スライドドア車が人気の理由

では、なぜスライドドア車の人気が高いのか、理由としては以下のようなことが考えられます。

・後部座席への乗り降りがしやすい
・荷物の出し入れがしやすい
・狭いところでも安心してドアを開閉できる

スライドドアは、小さなお子様や高齢者がいるファミリーにとって使いやすい装備です。後部座席への乗り降りのしやすさや荷物の出し入れのしやすさはもちろん、スペースが少ない日本の駐車場事情にも合っているといえそうです。

トヨタのSUV【9車種】を紹介!ヤリスクロスやハリアーなど人気SUVが勢ぞろい

2017年にはトヨタから、日本の“おもてなしの心”を反映し、お子様、高齢者、車いす使用者、外国からの観光客など、様々な人に優しく快適なタクシー専用車「JPN TAXI」が発売され話題になりました。乗り降りしやすい低床フラットフロア大開口のリヤ電動スライドドア(左側のみ)などが採用されていることからも、日本におけるスライドドアの需要の高さがうかがえます。

トヨタのスライドドア車

ここからは、10車種あるトヨタのスライドドア車(乗用車)を、価格(税込)の高いものから順にみていきます。

車名ボディタイプ(サイズ)価格(税込)
グランエースミニバン(フルサイズ)620万円~
アルファードミニバン(Lクラス)352万円~
ヴェルファイアミニバン(Lクラス)352万円~
エスクァイアミニバン(Mクラス)296万3,400円~
ハイエース ワゴンミニバン(Lクラス)288万6,000円~
ヴォクシーミニバン(Mクラス)281万3,800円~
ノアミニバン(Mクラス)255万6,400円~
シエンタミニバン(コンパクト)180万9,500円~
ルーミーコンパクトカー155万6,500円~
ピクシス メガ軽乗用車137万5,000円~
※2021年3月時点でのトヨタのスライドドア車一覧(価格が高い順)

ボディタイプの多くがミニバンですが、ミニバンの種類も大きさにより様々で、コンパクトカーをベースに3列シート化したコンパクトなクラス(2列シート仕様の場合もあり)、5ナンバーフルサイズのMクラス(一部グレードによって3ナンバーサイズも)、3ナンバーサイズのLクラス、全長5メートル以上のフルサイズなどに分類できます。

では、トヨタのスライドドア車について、車種の特徴やスライドドア関連の情報を中心に紹介していきます。

グランエース

トヨタのSUV【9車種】を紹介!ヤリスクロスやハリアーなど人気SUVが勢ぞろい

※Premium

トヨタのなかでは一番大きなミニバンとなる「グランエース」。全長5m以上のフルサイズと呼ばれるボディをもつグランエースは、セミボンネット(短いボンネットを持つ車両形状)のパッケージを採用し、上質な室内空間と、静粛性や走行安定性など磨き抜かれた基本性能の高さが特徴的です。

ゲストをもてなす上質でゆとりある室内空間は、6人乗りはリヤ席2列、8人乗りはリヤ席3列のシートを装備。

トヨタのSUV【9車種】を紹介!ヤリスクロスやハリアーなど人気SUVが勢ぞろい

※Premium(3列シート6人乗り)

6人乗りではリヤ全席が一人掛けソファのような「エグゼクティブパワーシート」となり、電動でオットマンの展開・収納とリクライニング操作が可能です。

トヨタのSUV【9車種】を紹介!ヤリスクロスやハリアーなど人気SUVが勢ぞろい

※G(4列シート8人乗り)

8人乗りのリヤ1列目は「エグゼクティブパワーシート」、リヤ2列目はシンプルなレバー操作でシートの調整が可能な「リラックスキャプテンシート」、リヤ3列目はワンタッチで座面が跳ね上がり乗車人数や手荷物の量・サイズ・形状に柔軟に対応できる「6:4分割チップアップシート」を採用しています。

スライドドアの乗降口は開口幅1,000mmと非常に広く、リヤ席2列目・3列目へのアクセスが容易で、様々な体格の方が乗り降りしやすい設計となっています。

価格(税込)620万円~

アルファード

トヨタのSUV【9車種】を紹介!ヤリスクロスやハリアーなど人気SUVが勢ぞろい

※SR“Cパッケージ”

トヨタのミニバンにおける代表格といえば「アルファード」。ラグジュアリーな内外装とそれにふさわしい走行性能が特徴です。外装は高級感のある堂々としたスタイルで、標準モデルとエアロモデルの2種類をラインアップ。内装も木目調加飾や上質なシート表皮などの採用により、ラグジュアリーで質感高い空間となっています。

また、スマートキーを携帯していれば、ワンタッチでパワースライドドアを解除&ドアオープンできる「ワンタッチスイッチ付デュアルパワースライドドア」をハイブリッド車の全車とガソリン車のX、Sを除く全車に標準装備(X、Sにメーカーオプション)。イージークローザー付なので、半ドアの心配もありません。

さらに、あらかじめ設定したスライドドア検知エリアに近づくだけで、スライドドアが自動的に解除しオープンする「ウェルカムパワースライドドア機能」をグレード別に設定。自動クローズ中にフロンドドアハンドルのセンサーに触れるだけで、クローズ後の施錠を予約できる「予約ロック機能」を全車に採用しています。

価格(税込)352万円~

ヴェルファイア

トヨタのSUV【9車種】を紹介!ヤリスクロスやハリアーなど人気SUVが勢ぞろい

※ZG(2WD)

アルファードと基本構造を共通とする兄弟車の「ヴェルファイア」。アルファードとヴェルファイアの違いは主に外装の見た目で、ラグジュアリーなアルファードに対して、ヴェルファイアはよりダイナミックかつクールな印象です。

アルファードと同様に、標準ボディかエアロボディ、パワーユニットの方式、装備の違いなどにより、多種多様なグレードをラインアップ。特別仕様車を含めたグレードは、2WDで10種類、4WDで20種類の合計30種類にも及びます(福祉車両除く)。なお、スライドドアの特徴も前述のアルファードと同様です。

価格(税込)352万円~

エスクァイア

トヨタのSUV【9車種】を紹介!ヤリスクロスやハリアーなど人気SUVが勢ぞろい

※Gi“Premium Package”(ハイブリッド車)

「エスクァイア」は、ノア/ヴォクシーと基本設計が共通の5ナンバーフルサイズ(Mサイズ)のミニバンです。ノア/ヴォクシー/エスクァイアの3兄弟車のなかでは、高級感をより高めたスタイルが特徴で、専用のシート表皮や加飾など、内装の上質感にこだわった最上級パッケージGi“Premium Package”もラインアップされています。

スライドドア関連では、パワースライドドアをワンタッチで手軽にオープンできる「ワンタッチスイッチ付デュアルパワースライドドア(デュアルイージークローザー+挟み込み防止機能付)」を標準装備。スマートキーを携帯していればワンタッチスイッチを押すだけで簡単にドアを開閉でき、買い物で手荷物を抱えている時などに便利です。スライドドアが閉まりきる前に施錠を予約できる「パワースライドドア予約ロック機能(スマートロック操作+キーロック操作)」も標準装備しています。

価格(税込)296万3,400円~

ハイエース ワゴン

トヨタのSUV【9車種】を紹介!ヤリスクロスやハリアーなど人気SUVが勢ぞろい

※ワゴン GL(ワイドボディ・2WD・2700ガソリン車)

トヨタのなかで最も多い人数が乗車できるミニバンの「ハイエース ワゴン」。スーパーロングは全長5,380mmとトヨタミニバンのなかでは一番大きなボディサイズです。

乗車人数はなんと10名。広い通路スペースで移動がしやすい「GL」、座席スペースをゆったりとった「DX」、上質な空間と十分な荷室スペースを確保した「グランドキャビン」と用途に合わせて座席レイアウトを3タイプから選択できます。

パワースライドドア(イージークローザー・挟み込み防止機能付)を全車にメーカーオプション設定。ドアハンドルを引くだけで自動開閉できます。

価格(税込)288万6,000円~

ヴォクシー

トヨタのSUV【9車種】を紹介!ヤリスクロスやハリアーなど人気SUVが勢ぞろい

※特別仕様車 ZS “煌 Ⅲ”(ガソリン車・7人乗り・2WD)

トヨタのMサイズミニバン3兄弟車のなかでも、ひときわクールな外観で「カッコイイ」を表現し、都会的でスタイリッシュなデザインが特徴の「ヴォクシー」。3兄弟車のなかでは一番人気で、2020年 (1月~12月) の新車販売台数ランキングで10位、トヨタ車のなかでは7位にランクインしています。

2020年10月には、専用シート表皮や合成皮革巻きのドアトリムオーナメントを特別装備し、内外装の随所にシルバーを配し煌きを演出した特別仕様車 ZS“煌 Ⅲ”がラインアップに加わりました。

スライドドア関連の装備は前述のエスクァイアと同様ですが、パワースライドドアをワンタッチで手軽にオープンできる「ワンタッチスイッチ付パワースライドドア」については、助手席側は標準装備ですがデュアル(両側)の場合はメーカーオプションとなります。

価格(税込)281万3,800円~

ノア

トヨタのSUV【9車種】を紹介!ヤリスクロスやハリアーなど人気SUVが勢ぞろい

※特別仕様車 Si“W×B Ⅲ”(ハイブリッド車・7人乗り・2WD)

精悍なデザインで落ち着いた印象の「ノア」。トヨタMサイズミニバン3兄弟車のなかでは、もっとも豊富なグレードをラインアップしているため、仕様や価格を吟味して自分にぴったり合った一台を選べるメリットがあります。ファミリーカーの代表とされるミニバンですが、特別仕様車やGRスポーツをラインアップしていることからも、幅広い層からの人気を感じることができます。

スライドドア関連の装備は基本的には前述のヴォクシーと同様です。パワースライドドアをワンタッチで手軽にオープンできる「ワンタッチスイッチ付パワースライドドア」については、助手席側は標準装備ですがデュアル(両側)の場合はメーカーオプションとなります。また、スライドドアが閉まりきる前に施錠を予約できる「パワースライドドア予約ロック機能(キーロック操作)」は全車に標準装備。パワースライドドア予約ロック機能(スマートロック操作)はX(ガソリン車)(“サイドリフトアップチルトシート装着車”、“ウェルジョイン”を含む)にメーカーオプション、それ以外に標準装備となります。

価格(税込) 255万6,400円~

シエンタ

トヨタのSUV【9車種】を紹介!ヤリスクロスやハリアーなど人気SUVが勢ぞろい

※G Cuero(ハイブリッド車)

トヨタのミニバンのなかで一番コンパクトな「シエンタ」。ミニバンにもかかわらず軽快な取り回しで扱いやすい5ナンバーサイズのシエンタは、ファミリーに嬉しい機能や装備が満載です。全長4,260mmのコンパクトボディに3列シートを装備しているのが特徴で、3列シート車は2WDなら7名、4WDなら6名が乗車可能です(5人乗りの2列シート車もあり)。

シエンタのスライドドアにも「ワンタッチスイッチ付デュアルパワースライドドア」が装備され(G Cuero、G、FUNBASE G Cuero、FUNBASE G、G車いす仕様車に標準装備。X、FUNBASE X、X車いす仕様車は助手席側のみ)、スライドドアをワンタッチで簡単に開閉できます。

スマートエントリーシステム+プッシュスタートシステム装着車なら、スマートキーを携帯しワンタッチスイッチを押すだけで左右どちらのドアも解錠&ドアオープンできるので、子供を抱っこしていたり、買い物の荷物を抱えている時など手が離せない状況などに便利です。挟み込み防止機能もついているので安心です。

さらに、車に近づくとスライドドアが自動で解錠&オープンするウェルカムパワースライドドア機能も搭載(G Cuero、G、FUNBASE G Cuero、FUNBASE G、G車いす仕様車に標準装備)。パワースライドドアの自動クローズ中に施錠予約可能なパワースライドドア予約ロック機能(キーロック操作)は全車に標準装備しています。

価格(税込) 180万9,500円~

ルーミー

トヨタのSUV【9車種】を紹介!ヤリスクロスやハリアーなど人気SUVが勢ぞろい

※カスタムG-T

トヨタのスライドドア車のなかで唯一コンパクトカーに分類される「ルーミー」。ボディは全長3,700mm(カスタム系は3,705mm)の5ナンバーサイズとコンパクトですが「使える動ける広い部屋」のキャッチフレーズ通り、快適な室内空間が広がっています。

リーズナブルなルーミーですが、スイッチを押すだけで簡単に開閉する「両側パワースライドドア(ワンタッチオープン・挟み込み防止機能付)」を標準装備(「X」グレードは助手席側のみ)。また、両手が荷物でふさがっていても自動でオープンしてくれる「ウェルカムパワースライドドア(運転席・助手席側)」も「X」を除く全車に標準装備しています。

価格(税込) 155万6,500円~

ピクシス メガ

トヨタのSUV【9車種】を紹介!ヤリスクロスやハリアーなど人気SUVが勢ぞろい

※Gターボ“SAⅢ” レジャーエディション“SAⅢ”(2WD)

トヨタの軽乗用車「ピクシス メガ」。軽乗用車トップレベルの室内高1,455mmを誇り、広々とした室内空間やフレキシブルな荷室などにより、様々な生活シーンで活用される軽乗用車です。

軽乗用車ながらワンタッチオープン機能付の両側パワースライドドアを装備しています(Gターボ“SAⅢ”レジャーエディション“SAⅢ”、Gターボ“SAⅢ”、L“SAⅢ”レジャーエディション“SAⅢ”、L“SAⅢ”に標準装備)。電子カードキーや運転席スイッチなどにより、スライドドアがワンタッチで自動開閉。ドアハンドルのワンタッチスイッチを押すだけで、ロック解除と同時に電動でドアが開きます。そのほか、「挟み込み防止機能」や「チャイルドプロテクション」「イージークローザー」などの便利な装備により、挟み込みや半ドアの心配がなく安心です。スライドドアが閉まりきる前に施錠を予約する「予約ロック機能」も採用しています。

価格(税込) 137万5,000円~

トヨタのスライドドア車に乗るなら「KINTO」がおすすめ

トヨタは軽乗用車から全長5mを超える大型ミニバンまで、スライドドア車を幅広くラインアップしています。トヨタのスライドドア車が人気である理由には、このラインアップ充実度も大きく関係しているのではないでしょうか。

では最後に、購入以外にもトヨタのスライドドア車に乗れる方法をお伝えします。

それはトヨタのサブスクリプションサービス「KINTO」です。KINTOなら、頭金なしの月々定額で新車に乗れるので、まとまったお金を用意する必要がなく魅力的なサービスです。

また、KINTOの定額料金には車両代金だけでなく、自動車税や自賠責保険、点検費用、さらにKINTO専用の任意保険料まで毎月の支払い額にすべて含まれています。

さらに、KINTOの申込みはネット上ですべて完結するので販売店に足を運ぶのは納車の時だけです。

KINTOを利用してトヨタのスライドドア車に乗ることも検討してみてはいかがでしょうか?

※一部取扱いのない車種がある場合もございます

この記事をシェアする

MEMBERSHIP

1分のメンバー登録で、
お得情報、見積もり保存、クルマ比較を
ご利用いただくことができます。

メンバーシップに登録

SNSをフォローする

  • ホーム
  • コラム
  • トヨタのスライドドア車【10車種】を紹介!人気の理由も

PAGE TOP