COLUMN コラム

【2021年上半期】コンパクトカー新車販売台数ランキング

【2021年上半期】コンパクトカー新車販売台数ランキング
この記事をシェアする

<この記事は10分で読めます。>

あらかじめ規格が決められた軽自動車等と異なり、コンパクトカーに明確な定義はありませんが、5ナンバーサイズで全長は4m前後の車をコンパクトカーとして言うことが一般的です。コンパクトカーは、新車販売台数ランキングでも上位を占めるなど、日本国内では人気のボディタイプとなっています。

※記事公開時の情報をベースにしており、最新の新車販売グレードにはない情報が含まれる場合もあります。最新の情報については各公式サイトでご確認ください。

<この記事の目次>

  1. コンパクトカーのメリット
  2. 2021年上半期のコンパクトカー新車販売台数ランキング
  3. コンパクトカー新車販売台数ランキング まとめ

コンパクトカーのメリット

日本の狭い道で運転がしやすい

日本の道は欧米に比べて狭く、特に住宅街などに入ると大きな車ではすれ違うこと自体が大変ですが、コンパクトカーの多くは5ナンバーサイズに収められているので、狭い道でもさほど気を使う必要はありません。

燃費が良く経済的

車体が小さいと、車を軽量に仕上げることが可能です。車体が軽ければ排気量の小さなエンジンでも十分な動力性能を発揮できるため、燃費も良くなります。ハイブリッド車であれば、WLTCモードで30km/Lを超える低燃費車もあるほどです。

ファミリーカーにも適している

最近のコンパクトカーでは、車高を比較的高くして室内空間を広げ、5人が余裕を持って乗れるモデルも出てきています。リヤにはハッチバックを採用しており、大きな荷物がある場合は後席を倒すことで積むことができるなど、ファミリーカーとしても役立つ機能が装備されています。

このように、日本で使うのにちょうどいいサイズで経済性も高いうえに、必要な機能がしっかりと盛り込まれていることが、コンパクトカー人気の理由と考えられます。

2021年上半期のコンパクトカー新車販売台数ランキング

それでは、コンパクトカー2021年上半期の販売台数トップ10を見ていきましょう。一般社団法人日本自動車販売協会連合会(自販連)が統計をとっている登録車を調査対象として、2021年1月~6月の販売データから、コンパクトカーをピックアップしました。

コンパクトカーの自動車販売台数ランキング(2021年1月〜6月実績)

順位メーカー車名販売台数価格(税込)
1位トヨタヤリス11万9,112台139万5,000円〜
2位トヨタルーミー7万7,492台155万6,500円~
3位日産ノート4万6,879台202万9,500円~
4位ホンダフィット2万9,686台155万7,600円~
5位スズキソリオ2万7,251台151万5,800円~
6位トヨタアクア2万0,119台181万8,300円~
7位トヨタパッソ1万8,778台126万5,000円~
8位マツダMAZDA21万2,750台145万9,150円~
9位スズキスイフト1万2,253台137万7,200円~
10位ダイハツトール8,289台155万6,500円~

※出典:乗用車ブランド通称名別順位 一般社団法人日本自動車販売協会連合会

トヨタが強さを見せ、TOP10のうち4車種がランクインしています。他メーカーではスズキが2車種、ホンダ、日産、マツダ、ダイハツが1車種ずつとなっており、コンパクトカー分野でのトヨタ車の人気の高さがわかります。

トヨタ ヤリス

ヤリス HYBRID Z(1.5L・2WD)

2020年2月に登場し、これまでの「ヴィッツ」から海外市場共通ネーミングとなったトヨタ「ヤリス」が1位(※)に輝きました。
※コンパクトSUV「ヤリスクロス」なども含んだ販売台数となっています。

ヤリスは、トヨタの新しいプラットフォーム「TNGA」を採用し、軽量・高剛性で低重心なボディを開発。優れた操縦安定性と上質な乗り心地を両立するとともに、ハイブリッド車として世界最高レベルの燃費を誇るなど、低燃費を実現しています。

さらに、最新の先進安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を、一部グレードを除き標準装備するなど最新のコンパクトカーとして充実した内容となっています。

価格(税込)139万5,000円〜

トヨタ ルーミー

ルーミー カスタムG-T(クールバイオレットクリスタルシャイン)

トヨタ「ルーミー」は全長3,700mm~3,705mmとコンパクトなボディながら室内長は2,180mmと居心地抜群の室内空間を実現しています。室内高も1,355mmと高く、お子様の身長によっては立ったまま着替えをすることも可能です。

幅広いバックドア開口部と低い荷室フロア高により重い荷物も楽に積み降ろしでき、さらにシートアレンジすることで、目的に合わせて柔軟に間取りを変更することができます。
コンパクトでありながら、大きな荷物や自転車まで積み込めるので、日々の送り迎えやお買い物、週末のレジャーまで大活躍するでしょう。

価格(税込)155万6,500円~

日産 ノート

日産「ノート」は、2020年12月にフルモデルチェンジを行ったので、ランキング入りしたのは先代モデルまでの販売台数となります。

先代ノートでは、2016年に追加された「e-POWER」が牽引役となり、2017年から2019年のまでの3年連続で暦年国内コンパクトカー販売台数No.1を獲得。「e-POWER」は、発電用のエンジンが搭載されているものの、モーターだけで走行する点が特徴です。

フルモデルチェンジで第2世代へと進化した「e-POWER」。モーターはよりパワフルな発進加速と、中高速からの追い越しでの力強い加速感を実現しています。また、インバーターは、小型化と軽量化、さらにエンジンの効率も高めたことで、燃費向上につながっています。

価格(税込)202万9,500円~
※2020年12月発売モデルの価格

ホンダ フィット

2001年に誕生し、2020年2月には4代目となる新型が登場したホンダ「フィット」は、歴代のフィットが築き上げた広い室内空間・使い勝手の良さなどは継承しつつ、数値では表せない「心地よさ」を提供すべく開発されています。

また、新型フィットは従来のように装備などの違いではなく、ライフスタイルやライフステージに合わせて選択できるタイプを設定。標準の「BASIC」をはじめ、SUV風の「CROSSTAR」や洗練と上質を兼ね備えた「LUXE」などを選ぶことができます。

価格(税込)155万7,600円~

スズキ ソリオ

スズキ「ソリオ」は、コンパクトで取り回しの良いボディと広い室内空間、後席両側スライドドアなどが特徴のコンパクトワゴンです。

2020年12月のフルモデルチェンジでは、取り回しの良さは維持しつつ車体サイズを拡大。居住空間に加えてラゲッジスペースも広くなりました。

「ソリオバンディット」というカスタム系モデルもラインアップされており、同じくカスタムグレードをラインアップするトヨタ「ルーミー」のライバル車と言える存在です。

価格(税込)151万5,800円~

トヨタ アクア

アクア S(サーモテクトライムグリーン)

トヨタ「アクア」は、2021年7月にフルモデルチェンジを行ったので、ランキング入りしたのは先代モデルまでの販売台数となります。

プリウスに続く、トヨタのハイブリッド専用車の第二弾として「アクア」がデビューしたのは2011年。今もなおランキングに入り続けるほどのロングセラーモデルとなりました。

WLTCモードで29.8km/Lというハイブリッドならではの低燃費もさることながら、2014年12月、2017年6月の二度にわたるマイナーチェンジなどにより、最新車種に決してひけをとらない魅力をキープしていることも人気の理由でしょう。

内外装をよりスポーティにした「GR SPORT」仕様もラインアップされています。

価格(税込)181万8,300円~ ※先代モデルの価格

スズキ ソリオ

スズキ「ソリオ」は、コンパクトで取り回しの良いボディと広い室内空間、後席両側スライドドアなどが特徴のコンパクトワゴンです。

2020年12月のフルモデルチェンジでは、取り回しの良さは維持しつつ車体サイズを拡大。居住空間に加えてラゲッジスペースも広くなりました。

「ソリオバンディット」というカスタム系モデルもラインアップされており、同じくカスタムグレードをラインアップするトヨタ「ルーミー」のライバル車と言える存在です。

価格(税込)151万5,800円~

トヨタ パッソ

パッソ 特別仕様車 MODA“Charm”(2WD ホワイトパールマイカ×ジューシーピンクメタリック)

トヨタ「パッソ」は、ダイハツ工業が開発から生産まで一貫して担当したトヨタ「最小」のコンパクトカーです。

エクステリアデザインにもこだわり、シンプルな「X」と洗練された「MODA」の2つのスタイルに加え、カラーはなんと全13色も用意されています。2020年4月には、おしゃれでかわいい特別仕様車 MODA“Charm(チャーム)”も登場しました。

コンパクトなボディで最小回転半径も4.6mと狭い道でも小回りが効くので、都市で乗るにはぴったりでしょう。910kgと軽量なボディも活かし、燃費はWLTCモードで21.0km/Lと優秀です。

価格(税込)126万5,000円~

マツダ MAZDA2

従来は「デミオ」の名前で親しまれてきましたが、マツダが車名の統一化を図ったことにより世界共通の「MAZDA2(マツダ・ツー)」として生まれ変わりました。ディーゼルターボエンジン車をラインアップしているのが特徴です。

MAZDA2は「日常を豊かにする上質なパーソナルカー」をコンセプトに開発され、触れて感じる「質感」だけでなく、操縦安定性、乗り心地、静粛性といった、運転して感じる「質感」にもこだわって造り込まれています。

価格(税込)145万9,150円~

スズキ スイフト

2004年に発売されたスズキ「スイフト」は、スポーティなデザインや高い走行性能、取り回しのしやすいコンパクトなサイズ、使い勝手の良さなどが特徴です。日本、欧州、インドなど世界158の国・地域で販売されており、世界累計600万台を販売しています(2018年スズキ調べ)。

4代目となる現行のスイフトは、標準車では1.2Lエンジン、1.2Lエンジン+マイルドハイブリッド、1.2L+フルハイブリッドとさまざまなエンジンが用意されています。1.4Lターボエンジンを搭載し、動力性能とハンドリング性能による走行性能が追求されたスポーツモデル「スイフト・スポーツ」もラインアップされています。

価格(税込)137万7,200円~

ダイハツ トール

ダイハツ トール カスタム Gターボ

ダイハツ「トール」は、ダイハツがトヨタにOEM供給している「ルーミー」の兄弟車です。トールとルーミーは、オプション設定などの装備面やコネクティッドサービスの内容などに細かい違いこそありますが、基本的な部分は同一です。

ルーミーと同様に、トールもコンパクトなボディサイズながら、広々とした室内空間、家族の様々な使用シーンにちょうどよいシートアレンジや使い勝手の良さで、様々なシーンでの活躍が期待できます。

ルーミーとトールの販売台数を足しても1位のヤリスには及びませんが、ヤリスの販売台数の半数近くがSUVのヤリスクロスであることを考えると、実質的にはコンパクトカーで一番人気の車といってもいいのかもしれません。それほどの魅力が、コンパクトトールワゴンであるルーミーとトールに詰まっているのでしょう。

価格(税込)155万6,500円~

コンパクトカー新車販売台数ランキング まとめ

小さなボディに魅力がぎゅっと凝縮されたコンパクトカー、購入を検討されている方も多いと思います。

ただ最近は、コンパクトカーといえども本体価格に諸費用を加えると200万円以上となる場合も少なくありません。

そこで、コンパクトカーを購入検討する方向けに、購入以外にもトヨタのコンパクトカーに乗れる方法をお伝えします。

それはトヨタのサブスクリプションサービス「KINTO」です。KINTOなら、頭金なしの月々定額で新車に乗れるので、まとまったお金を用意する必要がなく魅力的なサービスです。

KINTOの定額料金には車両代金だけでなく、自動車税に自賠責保険、点検費用など、車の維持にかかってくる諸費用がすべて含まれています。なかでも、KINTO専用の任意保険が付いているのは大きな特徴です。

KINTOの申し込みはネット上ですべて完結するので販売店に足を運ぶのは納車の時だけです。

KINTOを利用してトヨタのコンパクトカーに乗ることも検討してみてはいかがでしょうか?

※一部取り扱いのない車種がある場合もございます
※記事公開時の情報をベースに掲載しています

この記事をシェアする

MEMBERSHIP

1分のメンバー登録で、
お得情報、見積もり保存、クルマ比較を
ご利用いただくことができます。

メンバーシップに登録

SNSをフォローする

  • ホーム
  • コラム
  • 【2021年上半期】コンパクトカー新車販売台数ランキング

PAGE TOP