COLUMN コラム

レクサスUXの内装ポイントは「和」!?日本の美意識を感じさせるインテリアを画像と共に紹介

レクサスUXの内装ポイントは「和」!?日本の美意識を感じさせるインテリアを画像と共に紹介
この記事をシェアする

<この記事は7分で読めます。>

今回は、レクサスUXの内装について紹介します。

レクサスUXは、同ブランドから発売されているクロスオーバーの中で最もコンパクトなモデルですが、レクサスブランドならではの高級感あふれる仕上げがなされており、レクサスUX独自の特徴を持っています

それではレクサスUXの内装をみていきましょう。

<この記事の目次>

  1. レクサスUXの「和」を連想させる内装
  2. レクサスUXのコックピット
  3. レクサスUXのグレード別内装
  4. レクサスUXのグレードと価格
  5. レクサスUXの内装まとめ

レクサスUXの「和」を連想させる内装

レクサスUXの内装ポイントは「和」!?日本の美意識を感じさせるインテリアを画像と共に紹介

レクサスUXの内装デザインは、内と外の境目を曖昧にする日本の建築思想にインスパイアされ、「内と外の双生」を具現化することが意識されています

インストルメントパネルは上面が和紙調にシボ加工(F SPORT除く)されており、そこからフードやフェンダーへ車内外が連続して見えるような仕上がりとなっています。和紙の風合いを高いクオリティで丁寧に再現することで、穏やかで温もりが感じられる空間となっています。

シートにも伝統技法の「刺し子」をモチーフとしたステッチを採用することで、日本の美意識も取り入れた質感の高い内装となっています。

また内装の骨格は外形の力強さを感じられるように造られており、洗練されたデザインにより人と車の一体感が演出されています。

レクサスUXのコックピット

レクサスUXのコックピットの特徴は、高いドライビングプレジャーを演出するために運転席からのタイヤ位置を確認しやすく、視覚的な開放感を追求している点です。

レクサスUXの内装ポイントは「和」!?日本の美意識を感じさせるインテリアを画像と共に紹介

※UX200“F SPORT”(インテリアカラー:“F SPORT”専用フレアレッド)<オプション装着車>

また、革巻きのステアリングは太めの握り具合で操作をしやすく、クルーズコントロールやナビゲーションシステムの操作スイッチも配置されています。操作系は人間工学に基づいてミリ単位で調整され、運転に集中できる空間を実現しています。

レクサスUXのグレード別内装

レクサスUXの内装について、グレードによって具体的にどんな点が異なるのでしょうか。シート素材や選択できるカラー・組み合わせのインストルメントパネルの色・オーナメントに着目し、グレードごとの違いを見てみましょう。

スタンダード

レクサスUXの内装ポイントは「和」!?日本の美意識を感じさせるインテリアを画像と共に紹介

※UX250h (インテリアカラー:シャトー)

スタンダードグレードの場合、シート素材はファブリックで、シャトー・ホワイトアッシュ・ブラック・オーカー・コバルトの5つからカラーを選べます

インストルメントパネルの和紙調シボのカラーリングは、シートカラーがシャトーの場合はリッチクリーム/シャトーの組み合わせに。ホワイトアッシュ、ブラック、オーカーの場合ではホワイトアッシュ/ブラック/オーカーとの組み合わせに、コバルトには同色のコバルトが組み合わされます。

またオーナメントパネルの仕上げは、ブラックメタリック塗装になります。

version C

version Cの場合、シート素材はL texという合皮製となり、ホワイトアッシュ、ブラック、オーカー、コバルトの4つからカラーを選べます

インストルメントパネルの和紙調シボのカラーリングは、シートカラーがホワイトアッシュ、ブラック、オーカーの場合はホワイトアッシュ/ブラック/オーカーとの組み合わせに、コバルトには同色のコバルトが組み合わされます。

またオーナメントパネルの仕上げはスタンダードグレードと同様に、ブラックメタリック塗装です。

version L

レクサスUXの内装ポイントは「和」!?日本の美意識を感じさせるインテリアを画像と共に紹介

※UX250h“version L”(インテリアカラー:コバルト)<オプション装着車>

version Lになるとシート素材は本革製となり、リッチクリーム、ホワイトアッシュ、ブラック、オーカー、コバルトの5つからシートカラーを選べます

インストルメントパネルの和紙調シボのカラーリングは、シートカラーがリッチクリームの場合はリッチクリーム/シャトーの組み合わせに。ホワイトアッシュ、ブラック、オーカーの場合ではホワイトアッシュ/ブラック/オーカーとの組み合わせに、コバルトには同色のコバルトが組み合わされます。

またオーナメントパネルはヘアライン加飾がなされているため、高級感がいっそう増しています

F SPORT

レクサスUXの内装ポイントは「和」!?日本の美意識を感じさせるインテリアを画像と共に紹介

※UX200“F SPORT”(インテリアカラー:“F SPORT”専用フレアレッド)<オプション装着車>

F SPORTのシートはL tex(合皮)の専用シートになりますが、メーカーオプションで本革のチョイスも可能です。L tex(合皮)と本革のシートカラーは共に、ホワイト、フレアレッド、ブラックから選ぶことができます

インストルメントパネルの仕上げについては他グレードと異なり、F SPORT専用のハイフィール調シボになります。またオーナメントパネルは、ヘアライン加飾により仕上げられています。

レクサスUXのグレードと価格

レクサスUXにはガソリン仕様のUX200とハイブリッド仕様のUX250hがあり、それぞれスタンダードグレードに加え、version C・version L・F SPORTがあります。

内装面の違いは主にシート素材にあり、スタンダードグレードではファブリック素材・version CではL tex(合皮)・version Lの場合は本革・F SPORTSにはL tex(合皮)かメーカーオプションで本革の専用スポーツシートが装備されます

グレードごとの価格は以下のようになります。

レクサスUX200

2WD
・スタンダード:397万3,000円
・version C:421万7,000円
・F SPORT:451万2,000円
・version L:482万8,000円

レクサスUX250h

2WD
・スタンダード:432万9,000円
・version C:457万3,000円
・F SPORT:486万8,000円
・version L:518万4,000円

4WD
・スタンダード:459万4,000円
・version C:483万8,000円
・F SPORT:513万3,000円
・version L:544万9,000円

※価格はいずれも税込。詳しくは公式ページでご確認ください。

レクサスUXの内装まとめ

レクサスUXの内装ポイントは「和」!?日本の美意識を感じさせるインテリアを画像と共に紹介

レクサスUXは同ブランドで最もコンパクトなクロスオーバーで、随所にレクサスブランド特有の高級感が感じられます。それは内装においても同様で、細かいところまで開発者の高いこだわりが見られます。

月々定額で新車に乗れるトヨタの愛車サブスクリプション「KINTO」ではレクサスUXを取扱っています。

KINTOの定額料金には車両代金だけでなく、自動車税や自賠責保険、点検費用、さらにKINTO専用の任意保険料まで毎月の支払額にすべて含まれています

さらに、KINTOの申し込みはネット上ですべて完結するので販売店に足を運ぶのは納車の時だけです。

KINTOでは、トヨタおよびレクサスの車種が数多く取扱われており、毎月下記の料金でレクサスUXを利用できます。

「KINTO for LEXUS」のプラン・値段

■月々定額でレクサス車のなかで乗り換えられる「KINTO FLEX

レクサス6車種の中から好きな1台を選び、月額定額で3年間乗り継げるサービスです。3年間で3台(1年毎に1台)のペースで乗換えられる「3年3台プラン」と、3年間で6台(半年毎に1台)のペースで乗換えられる「3年6台プラン」から選択可能。ボディカラーおよび一部インテリアが選択できます。契約期間中、KINTO FLEXの3年6台プラン⇔3年3台プラン変更時の中途解約金は無料です。

・3年3台プラン 17万6,000円(税込)
・3年6台プラン 19万8,000円(税込)

■1車種を3年間じっくり楽しむ「KINTO ONE

レクサス各車種の中から好きなグレード・オプションを選択し、新車を3年間、定額で楽しめるサービスです。ボーナス併用払いも選択できるので、月々の支払い額を抑えることも可能です。

【支払例】レクサスUX
UX250h “version C” 2WD(5人):7万4,800円
(ボーナス16万5,000円併用の場合) 4万7,300円
※料金は税込価格/3年契約の場合

利用料金はレクサスの車種とグレードによって変わってきますので、詳しくは公式サイトでご確認ください。

「KINTO for LEXUS」各プランの利用者なら、レクサスオーナー向け限定の「メンテナンスケアプログラム」などのオーナー特典を受けられるのも安心です。

KINTOを利用してレクサスUXに乗ることも検討してみてはいかがでしょうか?

※一部取扱いのない車種がある場合もございます

この記事をシェアする

MEMBERSHIP

1分のメンバー登録で、
お得情報、見積もり保存、クルマ比較を
ご利用いただくことができます。

メンバーシップに登録

SNSをフォローする

PAGE TOP