COLUMN コラム

ランドクルーザー プラドのグレードの違いは?8月の一部改良や特別仕様車「TX“Lパッケージ・Black Edition”」の内容も紹介!

ランドクルーザー プラドのグレードの違いは?8月の一部改良や特別仕様車「TX“Lパッケージ・Black Edition”」の内容も紹介!
この記事をシェアする

<この記事は9分で読めます。>

トヨタの本格4WD「ランドクルーザー プラド」は2020年8月、ディーゼルエンジンの出力アップをはじめ、安全性能や運転装備の充実などを含めた一部改良を行い、特別仕様車「TX“Lパッケージ・Black Edition”」を追加設定しました。ランドクルーザー プラドの一部改良の詳細とともに、グレードの違いを説明します。

<この記事の目次>

  1. 一部改良されたランドクルーザー プラドのポイントは?
  2. ランドクルーザー プラドのグレード別スペックの違いを比較!
  3. ランドクルーザー プラドのグレードと価格
  4. ランドクルーザー プラド|KINTOでの取り扱いについて
  5. ランドクルーザー プラドグレードまとめ

一部改良されたランドクルーザー プラドのポイントは?

エンジンの出力がアップ

ランドクルーザー プラドには、2.7Lのガソリンエンジンと2.8Lのディーゼルエンジンが設定されています。今回の一部改良では、2.8Lのディーゼルエンジン「1GD-FTV」に一部改良が施されました。

ディーゼルエンジンのターボチャージャーをサイズアップすることにより、最高出力を従来の177psから204psへと大幅に向上させています。さらに力強い走りを実現することにより、オフロードでの走破性が高められています

安全性能を向上

全グレードに標準装備されている予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」の機能も向上しました。

プリクラッシュセーフティの検知範囲を拡大し、新たに夜間の歩行者と昼間の自転車運転者にも対応したほか、ヨーアシスト機能付のレーンディパーチャーアラートやロードサインアシスト(RSA)、先行車発進告知機能を全車に標準装備しています。

またTZ-G、TX“Lパッケージ”の2グレードには、駐車場などで後退する際に、左右後方から接近してくる車両を検知し、ドアミラー内のインジケーターの点滅とブザーにより、注意を喚起する「リヤクロストラフィックアラート」がブラインドスポットモニターとセットでオプション設定されました。

その他運転装備の変更

TZ-Gにはパドルシフトが採用されました。これによりステアリングから手を離すことなく、指先だけの操作で素早いシフトチェンジが可能となり、ワインディングやオフロードでのドライバビリティが向上しています。

また全グレードにスマートフォンとの連携を可能にした9インチのディスプレイオーディオ(DA)をオプション設定。T-Connectや車載通信機DCMとあわせ、専用オペレーターによる「24時間365日通信サポート」が受けられるなど、さらに便利で快適なカーライフを提供してくれます。

プラドに特別仕様車「TX“Lパッケージ・Black Edition”」が登場

2020年8月から登場した特別仕様車「TX“Lパッケージ・Black Edition”」は、標準グレードの「TX」をベースに、Lパッケージ相当の充実した装備が加えられ、ブラックを基調としたエクステリアおよびインテリアで個性をアピールしています

インテリアではオーナメントパネルをシルバー塗装、センタークラスターパネルなどにブラック塗装を施し、メリハリのある引き締まった印象を演出しました。

エクステリアではグリルやヘッドランプまわり、バックドアガーニッシュに漆黒メッキ加飾が施され、アウターミラー、ルーフレールなどはブラック塗装されています。ブラック塗装の18インチアルミホイールは特別仕様車専用で、大型のフォグランプベゼルにもブラック塗装を施し、精悍な印象を際立たせています。

ランドクルーザー プラドのグレード別スペックの違いを比較!

プラドのベースグレード「TX」

TXはランドクルーザー プラドのベースグレードです。乗車定員は5人と7人、エンジンは2.7Lガソリンエンジンと今回改良された2.8Lディーゼルターボエンジン、それぞれ2タイプあり、乗車定員とエンジンの4タイプの組合せから選択可能。

4WDシステムはセンターデフ付きのトルセンLSDフルタイム4WDを採用し、滑りやすい路面や荒れたオフロードでも快適に、余裕をもって走行することが可能です。

インテリアでは、オーナメントパネルとインサイドドアハンドルがブラック塗装、シート表皮はファブリック素材で調整方法はマニュアルとなりますが、ルームランプとエンジンスイッチが乗車時に点灯したり、DC12Vのアクセサリーソケット、花粉除去タイプの左右独立温度コントロールフルオートエアコンなど、基本的な装備は揃っていると言って良いでしょう。

エクステリアでは、クローム&シルバー塗装のラジエーターグリル、リヤスポイラー、UVカット機能付きプライバシーガラス、エアロスタビライジングフィン、カバー付きサイドステップ、17インチのシルバーメタリック塗装されたアルミホイールを装備。標準グレードとはいえ存在感ある雰囲気を醸し出しています

安全装備では、機能が向上した予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」をはじめ、先行車発進告知機能や緊急ブレーキシグナルと基本的な性能を備えています。

インテリアの質感が高級になるプラド「TX“Lパッケージ”」

ランドクルーザー プラドのグレードの違いは?8月の一部改良や特別仕様車「TX“Lパッケージ・Black Edition”」の内容も紹介!

TX“Lパッケージ”は標準グレードのTXと比較して、オプション選択できるものが増え、インテリアの質感がアップ。乗車定員とエンジン構成はTXと同様で、4タイプの組合せから選択可能となっています。

インテリアではステアリングホイールが本革巻き、シート表皮も本革となり調整方法は電動式です。またシートベンチレーション機能付き快適温熱シートやオーナメントパネルは木目調に金属調加飾が施され、インサイドドアハンドルはシルバーとなり高級感がアップします。

エクステリアでは、ディーゼルエンジン車のみですがクローム塗装のドアベルトモールディングが標準装備。ホイールはオプションでダークグレーメタリック塗装された19インチの切削光輝アルミホイールが選択可能です。

プラドの最上級グレード「TZ-G」

ランドクルーザー プラドのグレードの違いは?8月の一部改良や特別仕様車「TX“Lパッケージ・Black Edition”」の内容も紹介!

TZ-Gはランドクルーザー プラドの最上級グレードです。本格派4WDとしての走行性能はもちろん、装備や質感においてもトップグレードにふさわしいものになっています。TXやTX“Lパッケージ”とは違い乗車定員は7人のみで、エンジンはパワーアップした2.8Lディーゼルターボエンジンのみの一択です。

走行性能では、車両変化に応じて最適な減衰力制御を行なう電子制御サスペンション「AVS」&リア電子制御エアサスペンション、走行状況に応じて前後スタビライザーの作動を最適に制御する「KDSS(キネティックダイナミックサスペンションシステム)」が標準装備と充実のスペックを誇ります。

さらにオフロードの路面状況に応じた最適な走行支援を5つのモードから選択し、路面状況に適した走りを瞬時に実現するシステム「マルチテレインセレクト」をメーカーオプションで設定可能です。

今回設定されたパドルシフトをはじめ、木目調の本革巻きステアリング、ダークグレーメタリック塗装された19インチの切削光輝アルミホイール、センタークラスターモジュールスイッチなど、TZ-Gだけの標準装備が多数あります

新登場!プラドの特別仕様車「TX“Lパッケージ・Black Edition”」

2020年8月から追加設定されたプラドの特別仕様車 TX“Lパッケージ・Black Edition”は、標準グレードのTXをベースにLパッケージ相当の装備を加え、さらにインテリアとエクステリアに数多くの特別装備を施した特別仕様車です。乗車定員とエンジン種類はTXと同じなので、4タイプの組合せから選択可能です。

インテリアにはブラック塗装されたセンタークラスターパネル&フロントカップホルダーとセンターコンソールエンドパネルを始め、シルバー塗装されたオーナメントパネルが特別装備されています。

ランドクルーザー プラドのグレードの違いは?8月の一部改良や特別仕様車「TX“Lパッケージ・Black Edition”」の内容も紹介!

一方エクステリアでは、ブラック塗装されているラジエーターグリルと18インチアルミホイールにドアミラー、漆黒メッキされているグリルインナーバー、ヘッドランプガーニッシュ、バックドアガーニッシュ、そしてピアノブラック塗装されている専用フォグランプベゼルと専用ルーフレールなど、黒を基調とした特別装備となっています。

ランドクルーザー プラドのグレードの違いは?8月の一部改良や特別仕様車「TX“Lパッケージ・Black Edition”」の内容も紹介!

「Black Edition」では内装はブラック基調ですが、ボディカラーはブラックのほかホワイトやレッドをはじめ全9カラーがラインアップされています。

ランドクルーザー プラドのグレードと価格

ランドクルーザー プラドの値段を、今回追加設定された「TX“Lパッケージ・Black Edition”」も含めてグレードごとにご紹介します。グレードは2タイプになりますが、乗車定員とガソリン/ディーゼルのエンジンの違いで、値段が異なります。

ベースグレードの「TX」はガソリンエンジンの5人乗りで362万1,000円から、ディーゼルエンジンの5人乗りで428万5,000円から、今回登場した「TX“Lパッケージ・Black Edition”」はガソリンエンジンの5人乗りで426万1,000円からに価格設定されています。詳しくは、プラドの公式ページでご確認ください。

ランドクルーザー プラド|KINTOでの取り扱いについて

頭金なしの月々定額で新車に乗れるトヨタの愛車サブスクリプションサービス「KINTO」 。KINTOの定額料金には車両代金だけでなく、車両オプション代から登録諸費用、KINTO専用の任意保険、自動車税、定期メンテナンス、故障修理などクルマにかかる諸費用が含まれているので安心です。

さらに、KINTOの申し込みはネット上ですべて完結するので、販売店に足を運ぶのは納車の時だけです。

「KINTO」では、レクサスを含むトヨタ車20車種以上が取り扱われています。ランドクルーザー プラドも取り扱い予定のため、続報を待ちましょう。

ランドクルーザー プラドグレードまとめ

ランドクルーザー プラドのグレードの違いは?8月の一部改良や特別仕様車「TX“Lパッケージ・Black Edition”」の内容も紹介!

今回、特別仕様車として「TX“Lパッケージ・Black Edition”」が増えたことは、これからランドクルーザー プラドの購入を検討している人にとっては選択肢が増えて嬉しいところです。

さらに全グレードに標準装備されている予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」の機能向上や、スマートフォンと連携できるディスプレイオーディオが全グレードでオプション装着できるなど、ランドクルーザー プラドの購入を後押しする機能が盛り沢山です。

これらの一部改良および特別仕様車の設定によって、さらに魅力的になった本格派4WDのランドクルーザー プラドを手に入れてみませんか?

この記事をシェアする

MEMBERSHIP

1分のメンバー登録で、
お得情報、見積もり保存、クルマ比較を
ご利用いただくことができます。

メンバーシップに登録

SNSをフォローする

  • ホーム
  • KINTOマガジン
  • コラム
  • ランドクルーザー プラドのグレードの違いは?8月の一部改良や特別仕様車「TX“Lパッケージ・Black Edition”」の内容も紹介!

PAGE TOP