COLUMN コラム

WRCで勝つために生まれたGRヤリス!その圧倒的な走行性能をレビュー!

WRCで勝つために生まれたGRヤリス!その圧倒的な走行性能をレビュー!
この記事をシェアする

<この記事は7分で読めます。>

トヨタがWRCに参戦し勝利するために開発されたハッチバック・スポーツカー「GRヤリス」。「86」や「スープラ」と異なり、完全に自社開発のスポーツカーを作りたいという想いからGRヤリスは誕生しました。この秋公道デビューするGRヤリスの最新レビューをお届けします。

<この記事の目次>

  1. WRCで勝つために生まれた「GRヤリス」
  2. GRヤリスとヤリスの違い
  3. GRヤリスの3つのグレード
  4. GR ヤリスの圧倒的な走行性
  5. GR ヤリス|走りのためのインテリア
  6. モリゾウのサイン入り?GRヤリスのエクステリア
  7. GR ヤリスの安全性能
  8. GR ヤリスの燃費
  9. GR ヤリスまとめ

WRCで勝つために生まれた「GRヤリス」

WRCで勝つために生まれたGRヤリス!その圧倒的な走行性能をレビュー!

トヨタは1973年~1999年までWRC(世界ラリー選手権)に参戦していました。そして2017年に、18年ぶりのWRC復帰をヤリス(日本名:ヴィッツ)で果たします。

WRCに参戦できるベース車両は市販車とする規定があります。その市販車が最初から高い戦闘力を持っていれば、WRCで活躍できる可能性が高まります。

GRヤリスは最初からWRCで勝つために、レース車両として高い性能を発揮するべく開発された特別な車です。

GRヤリスとヤリスの違い

同じ「ヤリス」というネーミングではありますが、GRヤリスとヤリスにはいくつか違う点があります。

まず見た目でわかるボディ形状の違いはドアの枚数です。ヤリスは5ドアですが、GRヤリスは3ドアのボディを採用しています。GRヤリスはWRCで戦うことを前提にしているためボディ剛性がより高い3ドア、ヤリスは実用性を重視しているので5ドアとなっています。

他にも、ボディライン、フロントグリル周り、エンジン(RS以外)、安全装備、乗車定員などが異なっており、GRヤリスとヤリスは「似て非なるもの」といえるでしょう。

GRヤリスの3つのグレード

GRヤリスは「RZ」「RC」「RS」という3つのグレードを用意。そしてRZには、「“High performance”」という特別グレードが存在します。

「RZ“High performance”」「RZ」「RC」は、GRヤリス専用の1.6Lの直列3気筒インタークーラーターボエンジン「G16E-GTS」、6速マニュアルトランスミッション、そして駆動方式は四輪駆動(4WD)というパッケージが共通しています。RCは競技ベース用モデルとなり、エアコンなどはオプションになります。

「RS」は、ヤリスにも搭載されている1.5L直列3気筒エンジン「M15A-FKS」を搭載、10速シーケンシャルシフトマチックのパドルシフト、そして駆動方式は前輪駆動(FF)というパッケージです。

GR ヤリスの圧倒的な走行性

GRヤリスの中でも、圧倒的な走行性能を発揮するのはRZとRCです。RCは競技ベース用モデルなので、ここでは一般的に購入されるであろうRZにフォーカスしてご紹介します。

搭載されている新1.6Lターボエンジンは、最高出力272psで最大トルク37.7kgf·mという圧倒的パワーにより、力強い走りを実現しています。

6速マニュアルトランスミッションの「iMT」は、シフトアップ・ダウン時に自動でエンジン回転数を合わせ、スムーズなシフトチェンジにより安定した走行を可能にしています。

新開発のスポーツ4WDシステム「GR-FOUR」は、シフトレバー前方の「4WDモードスイッチ」で、ドライブスタイル、路面状況に応じて前後のトルク配分をコントロールすることが可能です。

「NORMALモード」はフロント60:リヤ40で、クイックに曲がり、狭いコーナーや駐車も余裕な街乗りに適したモードです。

「SPORTモード」はフロント30:リヤ70。後輪駆動(FR)車のようにリヤのトルク配分を多くすることで、ワインディングなどで気持ちの良いハンドリングを楽しむことができるでしょう。

「TRACKモード」はフロント50:リヤ50で、プロドライバーとともに走行性能を考えぬいて作られたモードです。最もGRヤリスのパフォーマンスを引き出して走ることができると言って良いでしょう。

GR ヤリス|走りのためのインテリア

WRCで勝つために生まれたGRヤリス!その圧倒的な走行性能をレビュー!

GRヤリスのインテリアは、ヤリスと基本的な部分は共通ですが、随所にGRらしい演出が施されています。

インパネにはスポーツ走行時の視認性を高めた専用のスポーツメーター、スポーツ走行時の操作性にこだわった専用ステアリングホイール・スポーツシフト・アルミスポーツパッド付ペダル、スポーツ走行時に体をしっかりホールドするスポーツシートなどを採用しました。

これらの装備は視覚的にドライバーをその気にさせるだけでなく、スポーツ走行に最適化した機能性あふれる装備でもあるのです。

モリゾウのサイン入り?GRヤリスのエクステリア

先行Web予約の限定特別仕様車「RZ“High performance”ファーストエディション」と「RZファーストエディション」には、フロントガラスの助手席側下にマスタードライバーである「モリゾウ」のサインをプリント。またファーストエディションのみラジエーターグリルとフロントサイドディフューザー、リヤスポイラー、リヤバンパーが精悍なマットブラックに、さらにRZ“High performance”ではアルミホイールもマットブラックになる特別仕様が用意されています。

世界最高峰のWRCに勝つため、GRヤリスは極限まで空力を突き詰めたフォルムを持っています。更に最大の戦闘力となる「軽さ」にこだわり抜くため、エンジンフード、ハッチバックドア、サイドドアパネルにはアルミ素材を使用し、ルーフにはカーボン素材パネルを採用することでさらなる軽量化を実現しています。

GR ヤリスの安全性能

GRヤリスの安全性能ですが、ヤリスでは標準装備の「Toyota Safety Sense」などの安全装備がGRヤリスではメーカーオプション(予防安全パッケージ)となります。後付けができないオプションなので気を付けたいところです。

Toyota Safety Senseの内容は自動ブレーキをはじめ、ブレーキ制御付きのレーダークルーズコントロールや操舵支援のレーントレーシングアシストなどです。またコネクティッド機能のDCM(車載通信機)は標準装備されています。

GR ヤリスの燃費

GRヤリスの燃費の良さはどのくらいなのでしょうか。このうちRSモデルの燃費性能を知るために、ヤリスと比較してみました。ヤリスに採用されているものと同じ1.5L直列3気筒エンジン「M15A-FKS」を搭載したRSは、WLTCモードで18.2km/L。

これに対してヤリスの1.5L直列3気筒エンジン搭載車(CVT)の燃費性能は、WLTCモードで21.4〜21.6km/L。市街地モードが15.7〜16.1km/L、郊外モードが22.6〜22.9km/L、高速道路モードが24.1〜24.3km/L。

このようにGRヤリスのRSモデルは、スポーツ走行を十分に楽しめるとともに、燃費性能も申し分ないと言えるでしょう。

GR ヤリスまとめ

WRCで勝つために生まれたGRヤリス!その圧倒的な走行性能をレビュー!

待望のGRヤリスは2020年9月4日に発売されました。専用の工場で一台一台が手作りされる特別な車なので、注文してから納車までには時間がかかると思われます。価格は265万円(税込)からとなっていて、ヤリスよりも高額です。

トヨタが世界最高峰のWRCで勝利するために開発したハッチバック・スポーツカー「GRヤリス」の待ちに待った発売に目が離せません!

なお、KINTOでは、GRヤリスのKINTO特別仕様車の取り扱いを予定しています。ぜひお楽しみに!

この記事をシェアする

MEMBERSHIP

1分のメンバー登録で、
お得情報、見積もり保存、クルマ比較を
ご利用いただくことができます。

メンバーシップに登録

SNSをフォローする

PAGE TOP