• ホーム
  • コラム
  • フルモデルチェンジで注目!新型ハリアーの燃費や走りをチェック

COLUMN コラム

フルモデルチェンジで注目!新型ハリアーの燃費や走りをチェック

この記事をシェアする

デビュー以来、都会派の高級SUVとして人気を集めるトヨタ「ハリアー」ですが、2020年6月17日にフルモデルチェンジした新型ハリアーが発売されました。注目が集まる新型ハリアーについて、燃費や走りがどう進化したか、見ていきます。フルモデルチェンジされた新型ハリアーのレビューについては、こちらの記事をご覧ください。

<この記事の目次>

  1. 大人気SUV、新型ハリアーの特徴
  2. さらに進化した新型ハリアーの燃費と走り
  3. 新型ハリアーのグレードと価格
  4. 新型ハリアーをKINTOで利用する方法
  5. 新型ハリアーの燃費と走りのまとめ

大人気SUV、新型ハリアーの特徴

新型ハリアー

トヨタ・ハリアーは「高級サルーンのような乗り心地と快適性を備えたクロスオーバーSUV」として、1997年に初代モデルが発売されました。デビュー以降、改良やモデルチェンジを繰り返しながら、高級感と走行性能を高い次元で両立させ、今も日々進化し続けています。

高級感がさらにアップした外観

従来よりクーペフォルムを特徴とするハリアーですが、そのコンセプトをより研ぎ澄まし、「スタイリッシュかつ逞しいシルエット」を実現。

全体的なボディスタイルは「スタイリッシュなクーペSUV」「背の高いスポーツカー」。リアに向けて流れるようなデザインはいかにもハリアーらしいシルエットを実現しています。

エレガントさが増した新型ハリアーの内装

新型ハリアーの室内空間は、心地よい室内空間と充実の先進装備を掲げ、触り心地にこだわったレザー調の素材やウッド調パネルなどを採用し、大人の高級感が感じられる上質感を生み出しました。

静かで安定感のある乗り心地

エレガントさが増した新型ハリアーの内装

新型ハリアーは、トヨタ最新のTNGAプラットフォームを採用したことで、高いボディ剛性を実現。その乗り味は「上質、優雅、都会風」をめざしたと言います。その中でも特にこだわったのが静粛性です。

ドアを閉めた瞬間から、走り出し、街中での走行、そして高速走行と、あらゆるシーンでの静粛性にこだわるため、吸音遮音、制振材の効果的な配置がおこなわれています。エンジンルーム、フロント/リアライナーはもちろん、ドアまわり、フロア、室内とあらゆる部分に手を入れることで、ロードノイズ・会話明瞭度がレベルアップしています。

新型ハリアーは安全性能も妥協なし

新型ハリアーには、トヨタの安全パッケージである「Toyota Safety Sense」が採用されています。

ミリ波レーダーと単眼カメラを組み合わせた「プリクラッシュセーフティ」は前方の車両や歩行者(昼夜)、自転車(昼間)検知。事故回避や衝突被害の軽減をサポートしてくれます。アクセルの踏み間違いによる衝突被害軽減をサポートする「インテリジェントクリアランスソナー」も装備。

このほかにも、車線の中央を走るようにサポートしてくれる「レーントレーシングアシスト」や、前後方録画機能付の「デジタルインナーミラー」など、さまざまな運転サポート機能で、安全運転を支援しています。

さらに進化した新型ハリアーの燃費と走り

新型ハリアー

新型ハリアーは、トヨタ最新のTNGA(GA-Kプラットフォーム)を採用しています。

TNGAを採用することで軽量かつ高剛性のボディを実現。さらに前後のサスペンションを徹底的にチューニング。クルマの上下動をより自然に制御し、路面の凹凸を感じさせないフラットな乗り心地、都会的なハリアーらしい振動や騒音の少ない上質さ、そして高い操縦安定性を手に入れています。

パワートレインは2Lのガソリンエンジンと2.5Lエンジン+モーターを採用したハイブリッドの2種類。ガソリンエンジンは171psという高出力で、ゆとりある走行を実現。ハイブリッドは、エンジン178ps+フロントモーター120ps(2WD)のパワーを走行状況に応じて配分しながら、効率よくパワフルな走りを味わうことができます。

新型ハリアーのハイブリッド4WD「E-four」では、さらにリアにも54psを発揮するモーターを搭載。路面状況に応じて最適な駆動力を与えることで、高い走破性も実現しています。

燃費データは、WLTCモードによる測定値でみた場合、2WDではガソリンエンジンで15.4km/L、ハイブリッド仕様で22.3km/Lとなります。

4WDの場合、ガソリンエンジンで14.7km/L、ハイブリッド仕様で21.3km/Lとなります。

新型ハリアーのグレードと価格

新型ハリアーのグレード構成と価格は以下のとおりです。

【ガソリン仕様(2WD)】
S:299万0000円
G:341万0000円
Gレザーパッケージ:371万0000円
Z:393万0000円
Zレザーパッケージ:423万0000円

【ガソリン仕様(4WD)】
S:319万0000円
G:361万0000円
Gレザーパッケージ:391万0000円
Z:413万0000円
Zレザーパッケージ:443万0000円

【ハイブリッド仕様(2WD)】
S:358万0000円
G:400万0000円
Gレザーパッケージ:430万0000円
Z:452万0000円
Zレザーパッケージ:482万0000円

【ハイブリッド仕様(4WD)】
S:380万0000円
G:422万0000円
Gレザーパッケージ:452万0000円
Z:474万0000円
Zレザーパッケージ:504万0000円

新型ハリアーをKINTOで利用

ここでは、購入以外にも新型ハリアーに乗れる方法のひとつ「KINTO」についてお伝えします。

KINTO月々定額でトヨタ(レクサス)の新車に乗れるサブスクリプションサービスです。車両代金や登録諸費用のほか、自動車保険料(任意保険・自賠責保険)、各種税金、車検費用、正規販売店でのメンテナンス費用がコミコミ定額。さらに、クレジットカード払いも可能です。

2021年12月より、初期費用0円で気軽に乗り始められる初期費用フリープラン」と、いつでも解約金0円でライフスタイルの変化に対応できる解約金フリープラン(※)」の2つから選ぶことがでるようになりました。
※トヨタ車が対象(GRヤリス“モリゾウセレクション”除く)
bZ4X専用プランでは5年目以降は解約金0円

トヨタ車(※)は3/5/7年、レクサス車は3年の契約期間となっており、契約期間中に割安な手数料で別の車に乗り換えができる初期費用フリープランのサービスのりかえGO」(法人契約・レクサス車は対象外)もあります。申し込みは全てインターネットで完結するので、販売店に何度も足を運ぶ必要もありません。
※GRヤリス“モリゾウセレクション”は3年契約のみ
bZ4X専用プランでは最長10年

新型ハリアーの燃費と走りのまとめ

新型ハリアー

ハリアーは「都会派高級クロスオーバーSUV」というジャンルを開拓した先駆者として、優れた燃費や高い走行性能を誇ります。新型ハリアーでは、燃費や走行性能がさらに向上しています。

進化した走行性能と燃費性能を高い次元で両立させた新型ハリアーは、これからの時代に求められる要素を兼ね備えた車といえるでしょう。

ハリアートヨタのサブスク・カーリースはKINTO
この記事をシェアする

MEMBERSHIP

1分のメンバー登録で、
お得情報、見積もり保存、クルマ比較を
ご利用いただくことができます。

メンバーシップに登録

SNSをフォローする

PAGE TOP