COLUMN コラム

車の買い方に新しい選択肢!ネットから申し込む方法も登場

車の買い方に新しい選択肢!ネットから申し込む方法も登場
この記事をシェアする

<この記事は7分で読めます。>

新車を購入しようとする場合、販売店を訪れ、見積もりをもらい、何度か商談して最終的に決定、という流れのイメージがあると思います。一方、車種もオプションも決まっていて、早く利用したい方にとっては、こうした商談のやりとりを手間に感じることもあるのではないでしょうか。

たとえば車種が決まっているなら、月々定額で新車に乗れるトヨタの愛車サブスク「KINTO」は、ネットから申し込むだけと便利です。

今回はネットを使った車の新しい買い方について解説していきます。

<この記事の目次>

  1. 新車をネットで買える?
  2. ネットで車を契約するメリット・デメリットとは
  3. ネットで申し込めるタイプのサービスも続々登場
  4. ネットから申し込めるトヨタのサブスク「KINTO」
  5. 車をネットで買う方法まとめ

新車をネットで買える?

車の買い方に新しい選択肢!ネットから申し込む方法も登場

新車を購入するとなると近くの販売店を回って、試乗してからセールスと値引き交渉をして…となかなか骨の折れる作業です。

こういった一連のプロセスが楽しいという方もいますが、ネットを使ってもう少し気楽に購入できないかな、と思っている方も多いのではないでしょうか。

 一方海外に目を向ければ、もともと販売店に行って値引き交渉を行うのを嫌がる方が多かったアメリカでは、ネットで新車を購入する方法が一般的になっています

日本でもテスラは完全なオンライン販売で、まるでパソコンを購入するように新車をネットで購入できます。 また、メルセデス・ベンツが一部車種をオンラインストアで販売しています。

ネットで車を契約するメリット・デメリットとは

パソコンのメーカー直販や家電からカメラまで高額商品も取り揃えるAmazonなど、ネットショッピングが有力な選択肢になっている分野もありますが、車をネットで契約する場合のメリット・デメリットは何でしょうか。

メリットとしては、忙しいなか何度も商談する暇がない問題の解決、好きな時間に申し込みができる自由度が挙げられます。新車の場合、パソコンや家電同様、スペックや状態は明らかなので、ネットで口コミや評判を調べて、そのままオンラインから申込めるのは便利です。

一方、ネットで車を申し込むデメリットには、商談で値引き交渉する機会がない点や、実車を見たり試乗できない点があります。時間がかかっても1円でも安くしたい場合、買いたい車種まで具体的に決まっていない時などは、販売店へ足を運ぶとよいでしょう。

ネットで申し込めるタイプのサービスも続々登場

車の買い方に新しい選択肢!ネットから申し込む方法も登場

車をネットで申し込めるサービスは、新車販売に限らず、カーリースや、月々定額払いの車サブスクリプション各社でも提供されています。

ネット申し込み可能なカーリース会社の例

近年利用者が増えているカーリースでも、ネット申し込みに対応している会社があります。一部に書類のやりとりがあるものの、ほとんどの手続きが店舗を訪れることなく完結します。

以下がカーリースでネット申し込みをする場合の、一般的な流れです。

  • 各社のサイトで希望の車種、グレード、オプション及びリースプランを選択しリース料金の見積もりを行います。
  • 見積結果の内容に問題がなければ、ネットから審査の申し込みを行います。
  • 審査の結果、問題がなければ契約書が郵送されてくるので内容を確認の上署名、押印の上で返送します。
  • リース契約完了後に販売店から登録に必要な書類などについて連絡があります。
  • 新車登録が完了すると納車となります。

納車方法は各社で異なり、「コスモMyカーリース」やオリックスの「マイカーリース」では原則自宅への納車、ガリバーの「NOREL」では、店舗で車受け取りです。

メーカー系各社の車サブスクリプションもネット申し込みに対応

音楽や映画などの配信サービスでは一般的となった、サブスクリプション(サブスク)。音楽のSpotifyや動画のNetflixなど、月々定額で一定期間使い放題のサービスを指します。このサブスクを、車の新しい乗り方として取り入れるメーカーが増えてきました。

日産の車サブスク「NISSAN ClickMobi(クリックモビ)」では、日産車を選んでネットで申し込み、審査が通ると送られてきた契約関係書類を返信するだけで契約完了。自宅まで納車しに来てくれるので、販売店に一度も足を運ぶことなく、ネットで申込みから納車まで完結します。

ホンダの車サブスク「Honda マンスリーオーナー」は、ホンダ車の利用を最短一ヶ月から契約できる月々定額制のサービス。車を選んでネットで予約、送られてきた必要書類を返送すれば契約完了です。車の受け取りには販売店へ行く必要があります。

ネットから申し込めるトヨタのサブスク「KINTO

トヨタの愛車サブスクリプション「KINTO」は、レクサスをはじめRAIZEや新型ハリアーなど人気車種もいち早く取り扱いが始まる注目のサービス。

特徴1:新車乗り換えが簡単

KINTOは一定期間経過後に、割安な手数料で別の新車へ乗り換えることができます。値引き交渉や下取りなどを考える手間なく、その時々の生活スタイルにあわせて、簡単に別の新車へ乗り換えられます。

最初は夫婦で運転できるコンパクトカー、子供が大きくなったら広いミニバン、さらに子供が独立して夫婦二人になったのでおしゃれなクーペを、といった具合にライフステージに合わせた乗り換えが気軽に行えます。

また突然の海外転勤や免許の返納で車を手放さなければならない時もKINTOなら大丈夫。

希望日の30日前までにネットサイトで手続きすれば解約可能で、中途解約金も不要です(3年契約の場合)。

特徴2:自動車税や任意保険が諸費用コミコミ

KINTOでは自動車税や自賠責保険、点検費用、さらにKINTO専用の任意保険料まで毎月の支払額にすべて含まれています。カーリースの場合、自分自身の任意保険に入るパターンが多いので、この点はKINTOの大きな特徴です。

新車を購入した場合、毎年かかる自動車税や各種点検費用、車検費用といった諸経費の支払いはなかなか頭の痛い問題です。KINTOならすべてオールインワンで臨時の出費もなくなるので、家計管理もやりやすくなります。

特徴3:頭金がなく初期費用を抑えられる

新車を購入したいが、まとまった頭金を用意するのが難しい方や新社会人でもKINTOなら大丈夫です。

KINTOは車両本体価格に諸費用などすべてを、まとめて毎月定額の支払いにしているので最初に頭金を用意する必要はありません。

新車には乗りたいけれど、後々のことも考えて手元に現金は多めに残しておきたい、という慎重派の方にもKINTOなら安心です。

特徴4:ネットで簡単に申し込み

KINTOの申し込みはネット上ですべて完結するので販売店に足を運ぶのは納車の時だけです。

まずはKINTOのWebサイトにアクセスして車種やグレード、オプションを選んでから受け取りを希望する販売店を選択します。

次にお客様情報などの必要事項を入力して審査を申し込むと3営業日以内を目安にメールで審査結果について連絡が来ます。

審査を通過したらネットで「My KINTO」にログインし、お支払方法のご登録等をすれば契約が完了です。

契約後、納車の目途がついた時点で車両登録に関する書類が送付されてくるので、本人確認書類等をご準備の上、返送してください。納車日について販売店より連絡が来るので、日程を調整の上、販売店で車を受け取ります。

また法人の場合でも、決算書などの面倒な書類準備は不要となっています。

車をネットで買う方法まとめ

車の買い方に新しい選択肢!ネットから申し込む方法も登場

これまで車は購入するか、あるいは本当に必要な時だけレンタカーを借りるかという選択肢が主でした。しかしインターネットやスマホの発達により、今ではKINTOのような新しい車の乗り方ができるようになったのです。

何度も商談に訪れる手間を省き、自宅のリビングでWebサイトを開いてゆったりと車を選んで希望のグレードやオプションを決めて、申し込み後は車が納車されるのを待つだけ。

車を買いたいけれどなかなか時間がなくてという方や、販売店はちょっと敷居が高いと感じている方には、心強いサービスとなるでしょう。

この記事をシェアする

MEMBERSHIP

1分のメンバー登録で、
お得情報、見積もり保存、クルマ比較を
ご利用いただくことができます。

メンバーシップに登録

SNSをフォローする

PAGE TOP