COLUMN コラム

アクアの燃費を大調査!クラストップレベルの低燃費を実現する技術とは?

アクアの燃費を大調査!クラストップレベルの低燃費を実現する技術とは?
この記事をシェアする

<この記事は6分で読めます。>

2011年のデビュー以来、販売台数上位に君臨し続けるトヨタのハイブリッドコンパクトカー「アクア」。その人気が持続している大きな要因は、クラストップレベルの低燃費にあります。驚異的な燃費性能を発揮するアクアの技術についてまとめました。

※記事公開時の情報をベースにしており、最新の新車販売グレードにはない情報が含まれる場合もあります。最新の情報については各公式サイトでご確認ください。

<この記事の目次>

  1. 大人気のハイブリッドコンパクトカーアクア
  2. 驚異的なアクアの燃費性能
  3. 走りも妥協しないアクア
  4. アクアをKINTOで利用する方法
  5. アクアの燃費性能まとめ

大人気のハイブリッドコンパクトカーアクア

大人気のハイブリッドコンパクトカーアクア

コンパクトカーとしてもハイブリッドカーとしても人気の「アクア」。2011年のデビュー以来、2度のマイナーチェンジといくつかの改良が重ねられましたが、基本設計やデザインはほとんど変わりません。アクアは完成度の高いハイブリッドコンパクトカーです。

ボディーサイズは標準モデルで全長4050mm×全幅1695mm×全高1455mmと、非常にコンパクトで街乗りに適しています。最小回転半径は4.8mと小回りが利くため、狭い道路での通行や駐車も楽にこなせます。

4mほどのコンパクトなボディに対して、室内空間はクラストップの広さ。室内サイズは全長2015mm×全幅1395mm×全高1175mmで、とくに室内長が長く、後部座席は大人が乗っても足元に余裕があります。

カラーバリエーションは全部で18色と豊富。グレードによって選択できるカラーは変わりますが、ボディカラーを幅広く選べるのはうれしいポイントです。

ハイブリッドシステムは、プリウスにも採用されている「THS II」を搭載。ハイブリッドで低燃費、そしてコンパクトボディで扱いやすいアクアは、老若男女問わず、各ユーザーにマッチした大人気ハイブリッドコンパクトカーです。

驚異的なアクアの燃費性能

アクア最大の特徴は燃費性能です。アクアの中でも一番低燃費のグレード「L」はなんと38.0km/L。その他のグレードでも34.4km/Lと、クラストップレベルの低燃費を実現しています。驚異的な低燃費を実現している技術は二つあります。

一つ目はハイブリッドシステムです。アクアには第二世代のプリウスに搭載されていたハイブリッドシステム「THS II」が、さらに軽量・コンパクトに改良され搭載されています。

すでに完成度の高いハイブリッドシステムでしたが、エンジンの低フリクション化を実現させモーター・インバーターの制御も改良しました。そして2017年のマイナーチェンジではエンジンの改良およびハイブリッドシステムの制御見直しが行われ、驚異の低燃費に貢献しています。

二つ目は空力性能です。どれだけスムーズに空気が流れるかを表すCd値は0.28と、優れた空力性能を確保。ボンネットのノーズからフロントウィンド、そしてトップにかけて、角度が鋭い傾斜は継ぎ目なく一直線にデザインし、空気抵抗を減らしています。

さらにルーフにはかもめ形状のパゴダルーフを採用し、前後バンパーにはタイヤ周辺を通る空気の整流を促すでデザインを取り入れるなど、優れた空力性能を得るための多くの工夫が施されています。

走りも妥協しないアクア

アクアは優れた燃費性能が注目されがちですが、安全で楽しく乗れるハイブリッドコンパクトカーとして、走りの性能にも力を入れています。

1.5L直列4気筒エンジン+電気モーターのハイブリッドパワーユニットは、軽量ボディと相まって優れた加速を実現。信号待ちからのスタートダッシュや高速道路の合流、追い越し加速など、ストレスなくドライブできます。

安定した走行を実現させるために2017年のマイナーチェンジで、スポット溶接箇所を増やしボディ剛性をさらにアップ。足回り関係では新タイプのショックアブソーバーの採用し、タイヤサイズは185/60R15に変更され、乗り心地が向上しています。

走りにこだわる開発者の創意工夫はこれだけではありません。重たいハイブリッドシステムのバッテリーを、リアシート下に配置することで前後重量バランスと低重心化が図られました。

パワーユニットも低い位置に配置し、さらに車体自体も低くすることで、ワインディングなどのコーナーリングは、ロールが少ない優れた操縦安定性を発揮。ステアリングを切った分だけノーズが曲がりたい方向へ向く素直なハンドリングです。

走りが安全で楽しいと、ついつい走りすぎてしまいますが、アクアはクラストップの低燃費なので、燃料代を気にせずとことん走りを楽しめます。

アクアをKINTOで利用する方法

アクアは全国のトヨタディーラーで購入可能です。しかし、まとまった資金がすぐに用意できないなどの理由でお悩みの方に、アクアが手軽に乗れる方法をご紹介します。

頭金なしの月々定額で新車に乗れるトヨタの愛車サブスクリプションサービス「KINTO」 。定額料金には車両代金だけでなく、車両オプション代から登録諸費用、任意保険、自動車税、定期メンテナンス、故障修理などクルマにかかる諸費用が含まれているので安心です。さらに申込~契約までWebで完結でき、販売店に行くのは原則、納車の時だけです。

「KINTO」では、アクアの場合、3年契約で月々 4万3,450円(税込)~、5年契約で4万370円(税込)~、7年契約で3万7,840円(税込)から利用可能です。

アクアの燃費性能まとめ

アクアの燃費性能

クラストップレベルの低燃費でベストセラーのコンパクトハイブリッドカー「アクア」。驚異の燃費性能を実現している技術は、ハイブリッドシステム「THS II」と優れた「空力性能」でした。

コンパクトなボディにもかかわらず大人5人が乗車できる広い室内空間、自動車税が安い1.5Lのコンパクトエンジン、クラストップレベルの低燃費など特長が満載で大人気のロングセラー車になるのも頷けます。

※一部取り扱いのない車種がある場合もございます
※記事公開時の情報をベースに掲載しています

≪関連記事≫
トヨタアクアを徹底レビュー!小さなプリウスともいわれるコンパクトハイブリッド車

この記事をシェアする

MEMBERSHIP

1分のメンバー登録で、
お得情報、見積もり保存、クルマ比較を
ご利用いただくことができます。

メンバーシップに登録

SNSをフォローする

  • ホーム
  • コラム
  • アクアの燃費を大調査!クラストップレベルの低燃費を実現する技術とは?

PAGE TOP