COLUMN コラム

トヨタアクアを徹底レビュー!小さなプリウスともいわれるコンパクトハイブリッド車

トヨタアクアを徹底レビュー!小さなプリウスともいわれるコンパクトハイブリッド車
この記事をシェアする

<この記事は7分で読めます。>

2011年にデビューした、トヨタのコンパクトハッチバック「アクア」。アクアはプリウス同様のハイブリッドカーとして登場しました。発売1か月後には10万台以上の受注とトップセラー車になりました。

アクアの人気はデビューから約9年たっても衰えず、つねに販売台数上位に君臨し続けています。ロングセラーの理由を徹底レビューし、人気維持の秘密に迫ります。

<この記事の目次>

  1. まるで小さなプリウス
  2. アクアの圧倒的な低燃費
  3. 改良を重ね、乗り心地もピカイチのアクア
  4. アクアの車内は大人5人でも余裕
  5. アクアの親しみやすい外観ボディ
  6. 安全性能もバッチリなアクア
  7. アクアをアクティブに楽しむならクロスオーバーモデルがおすすめ
  8. アクアのグレードと価格帯
  9. アクアのレビューまとめ

まるで小さなプリウス

トヨタアクアを徹底レビュー!小さなプリウスともいわれるコンパクトハイブリッド車

アクアを「まるで小さなプリウス」と表現した理由は、アクアにはプリウス譲りのハイブリッドシステム「THS-II」が搭載されているからです。

ボディサイズは標準モデルで、全長4050mm×全幅1695mm×全高1455mmと非常にコンパクトとなっており街乗りには最適です。最小回転半径は4.8mと小回りが利くため、狭い道路での運転や駐車も楽にこなせます。

アクアはハイブリッドで低燃費、そしてコンパクトボディで扱いやすい車です。免許取りたての初心者から毎日多くの距離を走るドライバーまで、幅広いユーザーの要望にマッチした車と言えるでしょう。

アクアの圧倒的な低燃費

アクアの最大の特徴はなんといっても圧倒的な「低燃費」です。グレード別に見るとエントリーモデルの「L」が一番優秀で、JC08モード燃費が38.0km/L、「L」以外のグレードは全て34.4km/Lになっています。

「L」は、リアワイパー、クルーズコントロール、ステアリングスイッチなどが標準装備されていないシンプルな仕様ながら、燃費性能が最も優秀です。車両重量が1060kgと軽量に作られており、「L」の低燃費に寄与しています。

「L」以外のグレードは全て34.4km/Lと、グレードによっては燃費数値が下がるライバルメーカーのハイブリッド車とは違い、平均的に高い燃費性能を発揮しているアクア。どのグレードを選択しても優れた燃費性能を体験できます。

改良を重ね、乗り心地もピカイチのアクア

デビューからの9年間、アクアは幾度となく改良が加えられてきました。デザインのアップデートはもちろんですが、乗り心地にも大きな進化が見られます。

具体的な改良点は、スポット溶接箇所を増やすことでボディ剛性をアップ、新タイプのショックアブソーバー採用、タイヤサイズを185/60R15に変更したことなどです。これにより、よりマイルドで快適な乗り心地になりました。

コンパクトな車体に低重心のアクアは、コーナーリングで威力を発揮します。コーナーリング時に発生するロールが抑えられ、車のフロントは曲がりたい方向に素直に向いてくれます。

アクアの車内は大人5人でも余裕

トヨタアクアを徹底レビュー!小さなプリウスともいわれるコンパクトハイブリッド車

アクアは4mほどのコンパクトなボディに対して、広い室内空間を確保しています。アクアの室内サイズは、全長2015mm×全幅1395mm×全高1175mm。とくに室内長が同クラスのライバル車に比べて長く、後部座席の足元も余裕の広さです。

そしてリアシートには長い座面を採用されており、ゆとりある着座姿勢が保てます。大人5人で乗っても十分なスペースがあり、長時間のロングドライブでも疲れにくいコンパクトカーといえるでしょう

ハイブリッド車のバッテリーは大きいため、ラゲッジスペースを犠牲にする要因になり得るのですが、アクアのバッテリーはリアシート下に配置されています。そのためアクアのラゲッジスペースは、奥行き722mm、開口幅946mmの広さを実現しています。

アクアの親しみやすい外観ボディ

アクアのボディデザインは曲線を基調とし、やわらかいイメージで親しみやすい印象です。ボンネットからフロントウィンドにかけて、傾斜を継ぎ目なく一体的にしたデザインは、空気抵抗を減らし低燃費実現にも貢献しています。

リア周りはフロントとは対照的に、地面に対して垂直に仕上げられています。ルーフ付近からバンパーまで伸びる縦長の大きなテールランプは、後続車のドライバーからもはっきり見えるでしょう。サイドはホイールアーチの部分を盛り上げて、グラマラスな感じを醸すことでコンパクトながらも迫力あるエクステリアを演出しています。

アクアのボディカラーバリエーションは、全部で18色と他車に比べても豊富です。グレードによって選べる色が変わりますが、ボディカラーの選択肢が多いのも人気の理由でしょう。

安全性能もバッチリなアクア

トヨタアクアを徹底レビュー!小さなプリウスともいわれるコンパクトハイブリッド車

アクアはコンパクトカーでありながら、トヨタの先進予防安全装備「Toyota Safety Sense」をグレード別で標準装備しています。グレード「S」と「L」はメーカーオプションでプラス4万4000円(税込)で装備することができます。

Toyota Safety Senseの具体的内容は、車線の中央を走行するようアシスト、昼夜問わず人や自転車を検知し衝突回避をサポート、アクセルの踏み間違いサポート、駐車アシスト、車速に応じた車間距離サポート、ハイ・ロービームの自動切替、などがあります。

さらに安心を求めるならメーカーオプションで「SRSサイドエアバッグ(運転席・助手席)&SRSカーテンシールドエアバッグ(前後席)」と、「インテリジェントクリアランスソナー」が追加可能です。

アクアをアクティブに楽しむならクロスオーバーモデルがおすすめ

2017年のビッグマイナーチェンジで登場した「アクアクロスオーバー」。アクアをベースに、アウトドアで使い勝手が良い仕様にしたモデルです。標準モデルとの違いは、最低地上高が30mm高いことや、16インチホイールが採用されていることです。

またフロントグリルが専用デザインで、タイヤハウスや前後左右の下回りに黒の樹脂パーツが装着されるなど、SUV感が強まっています。クロスオーバー専用のボディーカラー「ベージュ」も用意されています。

週末にはアウトドアに出かける機会が多いアクティブな人や、人と違うアクアを選びたい人にはおすすめのグレードです。さらに高級感の高いクロスオーバーを求める人には、特別仕様車の「Crossover Glam」がおすすめです。

アクアのグレードと価格帯

アクアのグレードは、特別仕様車4タイプを含め全11グレードを用意。全てFFの2WDで各グレードと価格は以下になります。
・L:181万8300円
・S:192万1700円
・G:209万7700円
・Crossover:209万7700円
・G“ソフトレザーセレクション”:212万5200円
・G“GR SPORT”:237万2700円
・G“GR SPORT・17インチパッケージ”:258万1700円

【特別仕様車】
・S“Business Package”:195万2500円
・S“GLAMPER”:196万6800円
・S“Style Black”:208万7800円
・Crossover“Glam”:219万8900円

アクアのレビューまとめ

トヨタアクアを徹底レビュー!小さなプリウスともいわれるコンパクトハイブリッド車

デビュー以来アクアの人気が継続しているのは、ハイブリッドで低燃費、コンパクトで扱いやすい、低重心で乗り心地よし、空力に優れたスタイリング、充実の安全装備と、ユーザーが求めるものを抜かりなく取り入れているからでしょう。

アクアに手軽に乗る方法としては、頭金なしの月々定額で新車に乗れるトヨタの愛車サブスクリプションサービス「KINTO」があります 。

定額料金には車両代金だけでなく、車両オプション代から登録諸費用、任意保険、自動車税、定期メンテナンス、故障修理などクルマにかかる諸費用が含まれているので安心です。さらに申込~契約までWebで完結でき、販売店に行くのは原則、納車の時だけです。

「KINTO」では、アクアの場合、3年契約で月々 4万3,450円(税込)~、5年契約で4万370円(税込)~、7年契約で3万7,840円(税込)から利用可能です。

アクアに乗るなら、KINTOも検討してはいかがでしょうか。

≪関連記事≫
アクアの燃費を大調査!クラストップレベルの低燃費を実現する技術とは?

この記事をシェアする

MEMBERSHIP

1分のメンバー登録で、
お得情報、見積もり保存、クルマ比較を
ご利用いただくことができます。

メンバーシップに登録

SNSをフォローする

PAGE TOP