COLUMN コラム

中古車購入とカーリースはどっちがお得?中古車カーリースについても解説!

中古車購入とカーリースはどっちがお得?中古車カーリースについても解説!
この記事をシェアする

<この記事は9分で読めます。>

個人が車を買う際、支払いはローンを組むか現金一括かの選択となることが多いでしょう。いずれも長期の支払いか頭金が必要で、負担感がありますよね。

一定期間、車に乗れればOKというニーズであれば、カーリースという方法もあります。カーリースには法人向けのイメージも強いですが、最近では個人でも契約が可能なサービスも増えてきました。また中古車のカーリースも登場し、ますます車を持つ際の選択肢が広がっています。

今回はカーリースの仕組みから解説し、中古車の購入とカーリースではどちらがお得か比較していきます。

<この記事の目次>

  1. カーリースの仕組み
  2. 中古車購入時の費用
  3. カーリースと中古車、それぞれのメリットとは?
  4. カーリースと中古車購入、それぞれに適している人は?
  5. 中古車カーリースは存在する?
  6. KINTOでも中古車のトライアルを開始
  7. KINTOと中古車カーリースを徹底比較!
  8. カーリース中古車の比較まとめ

カーリースの仕組み

中古車購入とカーリースはどっちがお得?中古車カーリースについても解説!

カーリースの毎月の支払いは税金など諸経費コミコミ

カーリースの大きな特徴のひとつが、車両価格と諸費用や税金などがすべて込みとなっていることです。

カーリースもマイカーローンと同じように、リース会社に毎月決まった金額を支払っていくこととなりますが、毎月の支払いには自動車税、自賠責保険、車検代など車に乗るために必要な費用が含まれています。 つまり、マイカーローンでは毎月のローン支払いのほかに自動車税などを納めていく必要がありますが、カーリースでは駐車場代やガソリン代などを除いて、基本的にリース料以外に維持費の出費がありません。(任意保険は別途契約が必要)

カーリースには月々定額で乗れる

カーリースでは車両価格のほかにも税金などの諸経費が含まれた金額で、月々定額で車に乗ることができます。月々定額となることで車に必要な費用が明確となるため、家計の予定も立てやすくなるでしょう。

またメンテナンスパックとして、タイヤなどの消耗品やオイル交換などのメンテナンス費用もオプション設定しているリース会社もあります。

メンテナンスパックを利用することで、通常走行での故障や消耗品の交換が必要となっても、その都度の費用が発生しません。

マイカーのように乗れる

カーリースはローンなどで車を買うときと同じように、その会社が扱っている車種の中から、自分の好きな車やグレードを選べます。また走行距離の制限や原状回復の義務をのぞき、イカーを所有しているような生活を味わえるでしょう。

さらにレンタカーでは「わ」ナンバーですが、カーリースでは「わ」ナンバーではないので、見た目を気にする人にとってもカーリースはマイカー感覚で乗れるといえます。

中古車購入時の費用

中古車購入とカーリースはどっちがお得?中古車カーリースについても解説!

車両費用

中古車を購入するには、車そのものの車両本体価格のほかに諸経費が必要です。

諸経費は中古車を取り扱う店舗によっても異なりますが、一般的に車両価格の20~30%前後となり、法定費用や納車に向けての点検費用、希望ナンバープレートの取得費用、車庫証明取得費用など代行手続き費用が該当します。

法定費用

法定費用は車両本体価格にかかる消費税のほか、年ごとに納付が必要な自動車税、自動車重量税や環境性能割になります。法定費用をそれぞれ具体的に見ていきましょう。

自動車税

中古車を購入するときに必要な法定費用に自動車税があり、自動車税は毎年収める必要があります。

自動車税の税額は車の総排気量や用途によって決まり、新車登録年から数えて、ガソリン車や軽自動車は13年が経過した年から、ディーゼル車は11年が経過した年からおおむね15~20%の増額となります。

一方ハイブリッド車は、13年が経過しても増額されません。環境に配慮した車にはエコカー減税もあり、燃費基準の達成状況に応じて普通車で50〜75%の軽減、軽自動車で25%~75%ほどが軽減されます。

自動車重量税

自動車重量税は車重に応じて税額が決められている税金です。車重が0.5トン増加するごとに税額が上がっていき、次回の車検までの分を先払いして収める形になっています。

自動車税と同じように、普通自動車・軽自動車ともに新車登録から13年経過すると税額に割り増し加算され、18年を超えるとさらに重加算されますので注意しましょう。

環境性能割

2019年10月1日に自動車取得税が廃止となり、新たに環境性能割が追加されました。したがって、それまであった自動車取得税はこれから買う車にはかかりません。

環境性能割は車の環境負荷軽減に応じて、非課税、1%、2%、3%と税率が区切られています。

中古車の場合、環境性能割の税率は車の価値 (残価)に応じて変動するので、年式によって税額が変わります。

消費税

消費税は車に限らず商品を買う場合に必ず発生する税金で、中古車の購入には車両販売価格やオプション費用、追加パーツ費用や代行費用などに消費税が発生します。

消費税は法定費用以外にかかってくるので、予算を立てる場合は消費税の計算も忘れないようにしましょう。

カーリースと中古車、それぞれのメリットとは?

中古車購入とカーリースはどっちがお得?中古車カーリースについても解説!

カーリースのメリット

カーリースは頭金を必要とせず、諸経費や税金など込みの金額で、月々定額で車に乗れるのがメリットです。

消耗品の交換やメンテナンス費用もメンテナンスパックとしてオプション設定しているところもあり、これを利用すればカーリース料金とガソリン代、駐車場料金以外に維持費がかからなくなります。

通常は車の費用のほかに車検代や税金支払いなど、車を維持する上でさまざまな費用が発生するものです。しかしカーリースはガソリン代や駐車料金などを除いて毎月の定額のみなので、突発的な支払いなどがなく、計画的に利用することができます。

中古車のメリット

中古車のメリットは、新車と比べて低価格であること、そして選択肢が豊富なことでしょう。中古車は人気や時期によっても価格が変動することがあるため、同じ車であっても少し時間を置くと価格が下がっていることもあります。

カーリースと中古車購入、それぞれに適している人は?

カーリースに向いている人

カーリースは月々の支払いが定額で、税金の支払いも含まれているので、車にかかる月々の支払いをできるだけ抑えたい人に向いているといえるでしょう。

車に乗る上で毎年の税金や自賠責保険料、タイヤなどの消耗品の交換などの費用が必要になりますが、カーリースではそれら車にかかる費用を含んだ上で月々の支払いとできるので、家計を管理しやすくなります。

またローンを組んで車を買う場合は、頭金必要になることもあるため、頭金を支払わずに車に乗りたい人もカーリースに向いているでしょう。

中古車購入に向いている人

新車よりも安く購入したい、また自分好みにカスタマイズしたいという人は中古車購入に向いているといえるでしょう。

カーリースではリース契約が終わるとリース開始時の状態にして車を返却する必要があります。そのためホイールを交換したり、サスペンションを交換したりなど車をカスタマイズしていると、元に戻さなければなりません。

またリース車両が事故などで修復歴ありとなった場合、リース契約終了時に価値の下がった分を請求されることもあるので、そうしたリスクが気になる人は中古車購入が向いています。

中古車カーリースは存在する?

新車のカーリースと比較すると数は少ないですが、中古車の個人向けカーリースもあります。

中古車は新車に比べると車両価格が安いので、若い方やセカンドカー目的など、月々のリース費用を安く抑えたい人にとっては嬉しいサービスでしょう。免許を取り立てで、新車だとぶつけてしまうのが怖い、という方にもおすすめです。

中古車を購入する場合でも諸費用や税金などがもちろん発生するので、諸経費が盛り込まれている中古車カーリースは使い勝手がいいのではないでしょうか。

KINTOでも中古車のトライアルを開始

ト ヨタ自動車が運営する愛車サブスクリプション「KINTO」では、毎月定額でライズやレクサスの新車に乗ることができますが、一部地域で中古車のトライアルも開始しています。

ほかのカーリース同様に頭金なしで利用でき、月々定額で諸費用や税金、メンテナンス費用など込みでパッケージ化されているのが特徴です。 月額利用料の中には、任意保険料も含まれているので、別途契約する必要はありません。 契約期間中はトヨタの販売店がメンテナンスを行うため、安心して車に乗り続けることができます。

トヨタ自動車が運営しているので、安心感も大きいのではないでしょうか。まだトライアルの段階ですが、将来的に全国展開が始まればより利便性の高いサービスになっていくでしょう。

KINTOと中古車カーリースを徹底比較!

KINTOではトヨタの新車に定額で乗ることができて、契約期間中のメンテナンスや消耗品の費用がかからないのが大きな魅力ですが、中古車のカーリースと比べるとどうなのでしょうか。

具体的に、KINTOと一般的な中古車カーリースのオリックスを比較してみましょう。

車種はトヨタルーミーでの比較となります。

中古車購入とカーリースはどっちがお得?中古車カーリースについても解説!

任意保険が込みとなっているKINTOに対し、各人が任意保険を契約しないといけないオリックスの中古車リースでは、保険料の分がリース料に加算となるのでやや割高です。

またKINTOは、新車から3年間の契約で契約終了時に車を返却する一方、オリックスの中古車リースでは2年間と6年間のプランがあり、リース期間が終わるとその車をそのまま所有することができます。

3年ごとに新車に乗れるのがKINTOで、結果的に2年または6年で中古車を購入する形になるのがオリックス。

オリックスの中古車リースでは、もともと中古車だった車をリースとするためリース期間を終えると車の年式も古くなります。

将来的に自分の車が欲しい方で年式にこだわらない方はオリックスの中古車リース、常に新車を乗り継いでいきたい方はKINTOを選ぶとよいでしょう。

カーリース中古車の比較まとめ

中古車購入とカーリースはどっちがお得?中古車カーリースについても解説!

カーリースは車両価格のほかに諸経費や税金などが含まれ、月々定額のリース料金を頭金なしで利用できます。中古車とは違い税金などを支払う必要がないので、車の維持費を抑え家計の予算を立てやすいのが特徴です。

またKINTOはトヨタ自動車のサブスクリプションで、これまではトヨタやレクサスの新車のみの扱いでしたが、トライアルとして中古車の取り扱いも開始されました。トヨタ車の新車・中古車を選べ、ますます選択の幅が広がっています。

カーリースと中古車購入のそれぞれの特徴を知り、最適な方法で車を探しましょう。

≪関連記事≫
個人向けカーリースと法人向けカーリースの違いとは?メリット・デメリットを解説!
車のサブスクリプションとカーリースの違いを徹底比較 | カーシェア、レンタカーとの違いも
カーリースとは?本当のメリット・デメリットを徹底解説 | 車サブスクリプションとの違いも
法人で車を持つならカーリースと購入のどちらがお得?メリットとデメリットも解説!
【徹底比較】カーリースの上手な選び方| リース各社のメリット、評判は?
カーリース利用で憧れの輸入車に乗れる?カーリースの基本的な仕組みから解説!

この記事をシェアする

MEMBERSHIP

1分のメンバー登録で、
お得情報、見積もり保存、クルマ比較を
ご利用いただくことができます。

メンバーシップに登録

SNSをフォローする

PAGE TOP