COLUMN コラム

【個人事業主は必見】車の経費計上方法や節税効果を紹介!

【個人事業主は必見】車の経費計上方法や節税効果を紹介!
この記事をシェアする

<この記事は10分で読めます。>

個人事業主は仕事で使うものの購入において経費が認められますが、車にかかるお金をすべて経費計上できるわけではありません。

あくまでも仕事に関わった部分のみ経費計上が認められているので、1台の車で私用と仕事用とを兼用している場合は注意が必要です。

車が経費になるとわかっていても「どのように経費計上すればよいのか」「どの範囲まで経費として認められるのか」がわかりづらいという側面もあるでしょう。

今回は車の経費の計上方法や節税効果について、わかりやすくご紹介します。

<この記事の目次>

  1. 個人事業主向け!車の経費計上方法
  2. 個人事業主が車を購入するときの注意点/a>
  3. 個人事業主で車を持つならカーリースがおすすめ
  4. 個人事業主におすすめなトヨタのKINTO
  5. 個人事業主向け 車の経費計上方法まとめ

個人事業主向け!車の経費計上方法

【個人事業主は必見】車の経費計上方法や節税効果を紹介!

車にかかるお金すべてが経費になるわけではない点に注意

経費として認められるのは仕事で使う車だけ

経費計上できるのはあくまでも仕事で使う車のみで、普段乗りとして使っている車は経費計上できません。

普段乗り用と仕事用を1台の車で兼用している場合は、仕事で使う割合の分を経費計上できます。

ガソリン代や駐車場代、高速代などの移動費も経費計上できるので、利用目的で分けて管理する必要があることを念頭に置いておきましょう。

車の購入額を全額その年に経費計上することはできない

車の購入額すべてを、購入した年の経費として計上することはできません。

車は数年以上乗り続けるのが前提となっているため、車の購入額を耐用年数で分割し、分割された額を毎年経費計上していく仕組みになっています。

このように数年度に渡って経費計上をしていくことを「減価償却」といい、減価償却によって計上される金額は「減価償却費」とよばれます。

耐用年数は車の種類や構造、中古車での購入なのか新車なのかによって変わるので、減価償却費の計上額は購入する車によって異なります。

車は固定資産としての減価償却が必要

購入金額が10万円以上で、一定期間以上使えるものが固定資産となるので、車は固定資産になります。

固定資産は購入年度に一括で経費計上できず、減価償却の手続きによって毎年少しずつ経費計上していかなければなりません。

減価償却はどのくらいの期間車を使えるのかを示す「耐用年数」を元に計算が行われますが、法定耐用年数を元にして算出を行うのが一般的です。

車の減価償却には定額法と定率法の2通りの処理方法があります。

定額法と定率法

固定資産である車の減価償却の方法には、毎年決まった金額で経費計上する「定額法」と、毎月決まった率(割合)の費用を経費計上していく「定率法」とがあります。

毎年100万円ずつのように同じ額を経費計上していくが定額法で、計上が終わっていない額に毎年同じ比率をかけて額を算出するのが定率法です。

定額法は単純ですが、定率法は毎年計上の終わっていない額(残額)が減っていくので、年数が経つにつれて、計上する額が下がっていくのが特長です。

新車と中古車のそれぞれの減価償却

耐用年数が長い新車に対し耐用年数が短い中古車では、減価償却期間も短くなります。

減価償却の算出の元となる耐用年数は法律で定められ、新車では普通自動車で6年(72か月)、軽自動車で4年(48か月)が法定耐用年数です。

中古車では耐用年数がすでに経過している車に関しては2年、耐用年数が経過していない車は「(法定耐用年数ー経過した年数)+経過年数×20%」の計算式で減価償却額を求めます。(1年未満は切り捨て)

例えば中古車で3年落ちの普通自動車を購入した場合、(72か月ー36か月)+経過年(36か月)×20%=43.2か月(3年6か月)となり、1年未満は切り捨てなので3年が耐用年数となります。

新車より中古車購入の方が経費計上額が大きくなる場合も

中古車は耐用年数が短い分、減価償却が早い

中古車は使える期間が短くなるので、法定耐用年数も短くなっています。

法定耐用年数が短くなるということは、減価償却する期間も短くなるので、車の購入費用を早く減価償却できることにもつながります。

200万円で普通自動車を購入した場合、新車だと耐用年数が6年なので「200万円÷6年=33.3万円」となり、2年落ちの中古車で購入した場合は耐用年数は4年なので、「200万円÷4年=50万円」と中古車の方が毎年の経費計上できる額が大きくなり、短期間での減価償却が可能です。

中古車購入価格が30万円未満なら一括で経費にできる

耐用年数に応じて減価償却の額が決まる中古車ですが、30万円未満の金額で購入した場合は「少額減価償却資産の特例」が適用され、一括で経費計上できます。

本来なら耐用年数に従って減価償却していくので、一括での経費計上ができないのが原則ですが、30万円未満の車は特例として一括計上が可能です。

またその合計が年間300万円までとなっているので、30万円未満の中古車を複数台購入した場合、300万円を超えない範囲であれば何台でも一括して経費計上ができるので上手に活用しましょう。

特例利用には「青色申告をすることが条件」で、「取得額の明細を保存しておく必要がある」こと、「青色申告の減価償却費計算の欄に(措法28の2)を明記する必要」がありますが、特例の期限が2020年3月現在、2020年3月31日までとなっています。

自動車にかかる各種費用の経費計上と仕訳先

自動車税

自動車税は国税や地方税などの税金である租税に該当するため、勘定科目は租税公課で計上しましょう。

租税公課は租税のほかに、地方公共団体など公的な活動に課金される、公的な費用の公課も租税公課の勘定科目です。

自賠責保険

自賠責保険は法律で加入義務があるので、一見すると租税公課のような気もしますが、仕訳先は「保険料」もしくは「車両費」になります。

車両費は自動車の購入に関わる費用を含められるので、強制保険の自賠責保険も車両費として扱えるのです。

ガソリン

ガソリン代は仕分けが決まっている訳ではなく、車をどのように利用したかによって仕分け先を決めます。

車両費や旅費交通費、消耗品費など仕分け先を用途に応じて仕分けしますが、新たにガソリン代の勘定科目を作ると後に確認がしやすくなるメリットもあります。

車検代や修理代

車の車検は法で定められた内容に合致しているのかという点検整備と、自賠責保険の支払い、自動車重量税の支払いを総じて車検と呼んでいます。

内容に応じて仕訳先が異なり、点検整備は「修繕費」、自賠責保険は「保険料」もしくは「車両費」、重量税は「租税公課」に仕訳を行いましょう。

修理代も車検整備費用と同じく「修繕費」に仕訳で計上します。

駐車場代

車の保管場所としての月契約での駐車場費用は地代家賃に仕訳します。

仕事上で使ったコインパーキングなどの駐車場費用は、出張での利用だった場合は旅行交通費、その他打ち合わせなどで利用した場合は車両費として計上するとよいでしょう。

洗車や備品

洗車機にかける費用は車両費ですが、洗車を自分で行う際のカーシャンプーやバケツ、タオルなどの購入費は消耗品費としても計上できます。

車の芳香剤や曇り止め剤などの備品も消耗品費として計上すると良いでしょう。

個人事業主が車を購入するときの注意点

【個人事業主は必見】車の経費計上方法や節税効果を紹介!

経費と家事按分 (家事関連費)

法人の場合は車の利用目的は業務に限定されますが、個人事業主の場合は仕事で使う車を普段乗りとして兼用している場合も多く、車の費用をすべて経費で計上する処理は認められません。

そのため仕事とプライベートでの利用を分け、仕事で使った部分のみ経費計上を行う「家事按分(かじあんぶん)」が必要です。

節税にならないケースもある

所得が増えると税金も増えるので、少しでも経費計上して節税対策を行うため車を購入する個人事業主の方も多いでしょう。

しかし減価償却によって所得から車の購入費が差し引かれる額は毎年決まり、一気に引かれるわけではないので、思ったほど支払う税額が減らないこともあります。

中古車の方が耐用年数は短くなるため減価償却も早く進みますが、新車よりも点検費や修繕費が発生しやすかったり、短期的な節税の目的のためだけに車を購入してもトータルでは大した節税にならないこともありますので、冷静な判断が必要でしょう。

青色申告と白色申告

個人事業主は確定申告が必要となりますが、申告の方法には青色申告と白色申告の2種類があります。

青色申告は内容を複式簿記で帳簿作成していく必要がありますが、65万円の特別控除を受けられるのが大きなメリットです。

白色申告は単式簿記となるため青色申告よりもシンプルに済みますが、65万円の特別控除は受けられません。

また30万円未満の中古車を購入した際、その購入費用を一括で経費計上できる「少額減価償却の特例」は青色申告が前提条件で、白色申告では特例は受けられないので注意が必要です。

個人事業主で車を持つならカーリースがおすすめ

経費にすることで節税効果もある車の購入ですが、車両費用のほかに車検費用や保険料など車の維持費用がさまざまあります。

購入金額が10万円以上で長く使える車は固定資産扱いとなるため、経費計上できる額も年々決まっていますので、思ったほど節税にならなかったというケースもあります。

そこで検討したいのが購入ではなく、リース契約という方法です。

毎月支払うのはリース費用のみで、リース契約の車はリース会社の所有となるため、固定資産として計上する必要もありません。

個人事業主におすすめなトヨタのKINTO

車の税金で悩んでいる方必見!車の購入や維持にかかる税金を分かりやすく解説

トヨタの愛車サブスクリプション「KINTO」とは

個人事業主の方の面倒な手続きが解消され、事務作業の経費削減にも効果的なサービスが、トヨタの愛車サブスクリプションサービス「KINTO」です。

契約期間が終わるとまた次の新車に乗れるので、常に最新のモデルに乗り換えていけるのも大きなメリットです。 車で取引先を回ったりする際も常に新しい車なので、よい印象を与えることにもつながるでしょう 。

KINTOなら頭金がなく初期費用を抑えられる

頭金を用意する必要がなく、毎月の金額には諸費用や保険、自動車税などすべて含まれているコミコミ価格なので、初期費用を抑えられるの点がメリットです。

オイル交換の費用や消耗品の交換費用など、トヨタの販売店で受けられる整備点検費用も月々の金額に含まれているので、車のランニングコストとして他に必要なのは、ガソリン代や駐車場代程度です。

ラクラクWeb申し込み

初期費用を抑えられ、整備費用などすべてコミコミのKINTOですが、申し込みはWebで簡単に行えます。

Web上では申し込みの他に、希望の車種を選択し月いくらの支払いになるのかを算出できる「見積りシミュレーション」もあるので、具体的な計画を立てる上でもまずは算出してみると良いでしょう。

カーリースと異なり、KINTOの月額費用は任意保険コミ

一般的にカーリースではご自身の任意保険に別途加入することになりますが、KINTOの大きな特徴として、月額費用にKINTO専用の任意保険も含んでいます。任意保険には車両保険も付帯されているので安心です。

KINTOなら新車乗り換えが簡単

KINTOでは 期間満了時には返却するか、または新しくトヨタの新車に乗り換えるかを選択できるのが大きな特徴です。

簡単に新車に乗り換えられるので、常に新しいトヨタ車に乗り続けることができますし、車の進化に伴ってより安全な車に乗り続けることにもなります。

個人事業主向け 車の経費計上方法まとめ

個人事業主の車の経費計上方法として、自動車税や保険費、ガソリン代をはじめとした車にかかる各種費用を経費計上できますが、仕事とプライベートで使う分をわけて、仕事で使う分のみ経費計上する必要があります。

また中古車の方が新車購入より節税対策になる場合もありますが、ケースバイケースなのでご自身の状況を踏まえて判断する必要があるでしょう。

こういった複雑な処理を解決する新たな選択肢として、カーリースという方法があります。カーリースなら車を固定資産ではなくリース費用として経費計上できるため経費の計算や計上処理を大幅に簡略化できます。

トヨタの愛車サブスクリプション「KINTO」は、諸費用や税金、任意保険まですべてコミコミの月々定額で利用できます。楽に経費処理したい個人事業主におすすめの、新しい車の乗り方です。

この記事をシェアする

MEMBERSHIP

1分のメンバー登録で、
お得情報、見積もり保存、クルマ比較を
ご利用いただくことができます。

メンバーシップに登録

SNSをフォローする

PAGE TOP