COLUMN コラム

レクサスESをレビュー!エグゼクティブセダンの魅力を余すところなく解説!

レクサスESをレビュー!エグゼクティブセダンの魅力を余すところなく解説!
この記事をシェアする

<この記事は7分で読めます。>

レクサスESは、2018年より販売されている高級車ブランドレクサスのミドルサイズセダンです。レクサスESは、レクサスブランドの立ち上げ期からレクサスLSとともにフラッグシップとしてラインアップされ、モデルとしては7世代目にあたる非常に歴史あるモデルです。

新型レクサスESは、レクサスらしい先鋭的なエクステリアデザインを採用し、いち早くデジタルアウターミラーを採用するなど、退屈で常識的なセダンとは一線を画す仕上がりで話題になりました。

日本では新規モデルとして導入されましたが、世界戦略車として販売台数の面でもレクサスRXと並びブランドの根幹を支える重要なモデルとなったレクサスESが、満を持して発売されたというわけです。

<この記事の目次>

  1. 成熟した大人のプレミアムセダン!レクサスES
  2. レクサスESの乗り心地
  3. レクサスESの燃費性能は?
  4. 安全性もバッチリなレクサスES
  5. レクサスESの目を見張るインテリアデザイン
  6. 量産車世界初!カメラを使うサイドミラーに注目
  7. レクサスESのグレードと価格帯
  8. レクサスESのレビューまとめ

成熟した大人のプレミアムセダン!レクサスES

レクサスESをレビュー!エグゼクティブセダンの魅力を余すところなく解説!

レクサスESは世界戦略車として作られた車にふさわしく、全長4,975mm×全幅1,865mm×全高1,445mmと堂々としたボディサイズです。さらにFF(前輪駆動方式)を採用することで、特に後席足元にも余裕ある空間を確保しており、少し体の大きな方でも快適に過ごすことができるでしょう。

高い実用性を確保しながら、上級セダンならではの美しいデザインも両立しているのもESの特徴です。 ロー&ワイドの伸びやかなフォルム、6ライトウィンドウにクーペのようなルーフラインを採用したエクステリアデザインをはじめ、成熟した大人にふさわしいセダンに仕上がっています。

エンジンは、走行性能だけでなく燃費も重視する日本でのお客様志向性に合わせ、2.5L直列4気筒+モーターを採用したハイブリッド車での販売となっています。

レクサスESの乗り心地

レクサスES最大の魅力といえるのが乗り心地の良さです。2モーター式ハイブリッドのTHS 2は車重1.7トンのボディをまるで魔法のカーペットのように軽々と加速させていきます。

これを実現しているのが、新たに開発したGA-Kプラットフォームです。車体の重心を低く、軽量に、かつ高い剛性を実現したことで思い通りのコーナリングや心地よい加速感、そして高い静粛性や快適な乗り心地を実現しました。

レクサスESの燃費性能は?

レクサスESはハイブリッド専用車ということで燃費にも注目が集まりますが、WLTC モードでなんと20.6km/Lというコンパクトカー並みの低燃費を実現しています。

さらにプレミアカーでありながら、燃料がレギュラーガソリン仕様となっているのもうれしいポイントではないでしょうか。

安全性もバッチリなレクサスES

レクサスESには第二世代となる先進安全システム(ADAS)「Lexus Safety System +」を採用しています。

危険を察知して自動でブレーキをかけることで衝突の被害を防ぐ、または軽減する「プリクラッシュセーフティ機能」は、昼間の自転車や、夜間の歩行者の検知も可能にしました。

さらに高速道路などで前走車との距離を一定になるように速度を自動的に調節し、同一車線内を走行できるようにアシストする「レクサス コドライブ(Lexus CoDrive)」も採用しています。

また道路標識を読み取ってメーター内及びヘッドアップディスプレイ内に表示する「ロードサインアシスト」(RSA)も採用するなど、安全で快適に走るための装備が充実しているといえるでしょう。

レクサスESのこうした運転支援は「単眼カメラ+ミリ波レーダー」のシステムに、より洗練させた制御方法を用いることで、ドライバーに違和感を抱かせない仕上がりになっています。

レクサスESの目を見張るインテリアデザイン

レクサスESをレビュー!エグゼクティブセダンの魅力を余すところなく解説!

レクサスESのインテリアはプレミアムセダンらしい仕上がりとなっています。モニターには12.3インチのワイドのディスプレイを採用、地図とインフォメーションを両方表示することが出来るなど、サイズもさることながら使い勝手の良さにも気が配られています。

シフトレバー横に配置されたタッチパッド式のマルチメディアコントローラーと組み合わせれば、直感的にスマホ感覚で使いこなせるでしょう。

インテリアの印象を大きく左右するシートですが、標準車はL texと呼ばれる人工皮革を使用しトパーズブラウン、シャトー及びブラックの3種類のカラーが用意されています。「version L」では素材が本革となり、標準車の3色に加え華やかな白系のリッチクリームが選べるようになります。

そして「F SPORT」にはL texスポーツシートと呼ばれるホールド性の高いシートを採用し、カラーは精悍なブラックと鮮烈なフレアレッドの2色から選択可能となっています。

量産車世界初!カメラを使うサイドミラーに注目

レクサスESに世界で初めて採用され話題を呼んだのがデジタルアウターミラーです。従来のサイドミラーの位置に取り付けられた小型のカメラが後方の画像を捉えて、左右Aピラーの根本に取り付けられた5インチの液晶ディスプレイに映し出します。

夜間など周囲が暗い時でもはっきりとした画像を映し出せることや、通常のサイドミラーに比べて視線の移動が少なかったり、画角が広くより広範囲を見れるなどのメリットがあります。雨天時にサイドウィンドウが雨に濡れて、ミラーが見えづらくなる心配もなくなるでしょう。

レクサスESのグレードと価格帯

【ES300h】
●2WD
・version L:710万9,259円
・F SPORT:640万6,481円
・スタンダード:590万7,407円

エンジンも直列4気筒 2.5L ハイブリッド仕様のみ、駆動方式もFFのみとなっているのでほしい装備を選んでグレードを決めていけば良いでしょう。

なお話題のデジタルアウターミラーは、version Lにのみオプション設定が可能(21万6,000円)となっています。

レクサスESのレビューまとめ

レクサスESはスポーティでエレガントなスタイリングでありながら、大柄な方でもゆったり快適に移動できるような広々とした空間を備えるなど、実用性とデザイン性を高次元でまとめ上げたプレミアムセダンです。

レクサスESは生活を楽しむ成熟した大人の毎日を一層艶やかに彩ってくれるのではないでしょうか。

月々定額で新車に乗れるトヨタの愛車サブスクリプションサービス「KINTO」でもレクサスES全グレードの取り扱いを2020年2月から開始しています。

任意保険や自動車税など、クルマにかかる諸経費がコミコミで月々定額12万5,400円(税込)からで、車にかかる面倒や手間が省けます。もちろんWeb申し込みも可能で、時間も有効活用。3年毎に新車に乗り換えられるのも大きな魅力です。

詳しくはKINTO公式サイトでご確認ください。
(一部取扱いのない車種がある場合がございます)

≪関連記事≫
レクサスNXを徹底レビュー!あらゆるシーンに対応できるサイズと上品さを兼ね備えたプレミアムSUVに迫る
レクサスUXをレビュー!高級感あるコンパクトクロスオーバー魅力とは?
レクサスISをレビュー!スポーティーな4ドアセダン
レクサスRCを徹底レビュー!進化し続ける2ドアクーペ
レクサスRXをレビュー!3列シートも選べる国産高級SUV
レクサスLSをレビュー!快適な乗り心地のフラッグシップセダン

この記事をシェアする

MEMBERSHIP

1分のメンバー登録で、
お得情報、見積もり保存、クルマ比較を
ご利用いただくことができます。

メンバーシップに登録

SNSをフォローする

PAGE TOP