COLUMN コラム

トヨタの新型プリウスを徹底レビュー!マイナーチェンジで外観以外も変わった!?

トヨタの新型プリウスを徹底レビュー!マイナーチェンジで外観以外も変わった!?
この記事をシェアする

<この記事は7分で読めます。>

ハイブリッドカーの代表格のトヨタプリウス。2015年にフルモデルチェンジされ4代目へ世代交代。そしてフルモデルチェンジから3年後の2018年4月にマイナーチェンジされました。

賛否両論あった特徴的なエクステリアデザインを変更。さらに内装のカラー変更、予防安全機能を充実させています。マイナーチェンジで外観以外に何が変わったのか徹底レビューします。

<この記事の目次>

  1. 2018年4月にマイナーチェンジされた新型プリウス
  2. 3つのドライブモードによる走り
  3. ハイブリッドシステム「THS II」による低燃費
  4. 安全装備として「Toyota Safety Sense」を標準化
  5. 賛否両論あったエクステリアを変更
  6. インテリアも変更された新型プリウス
  7. T-Connectサービスが3年間無料
  8. プリウスのグレードと価格帯
  9. プリウスのレビューまとめ

2018年4月にマイナーチェンジされた新型プリウス

2018年4月にマイナーチェンジされた新型プリウス

通算4代目となるトヨタ プリウスは、トヨタの新型プラットフォームTNGA (トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャ)を採用した第1号モデルとして話題になりました。進化したハイブリッドシステム、アグレッシブなエクステリアデザイン、広がりと包容感があるインテリアデザインが「進化とチャレンジ」を感じさせます。

今回のマイナーチェンジで大きく変わったのが、特にフロントとリアのエクステリアデザイン。縦基調のライト類を備えた斬新なデザインは、水平基調のデザインへ変更されました。エクステリアの変更に合わせ、内装もホワイトベースからブラックベースのカラーへ変更。内装・外装ともに、品の良さを重視した方向へ、シフトしています。

3つのドライブモードによる走り

TNGAの採用によって低重心化したプリウスで定評あるポイントは、その走りです。ドライブモードは「ノーマル」「エコドライブ」「パワー」の3つから選択できます。

ノーマルモードは、柔軟に対応できるモードで、ストレスなく一般道や高速道路を走れます。日常使いであればノーマルモードで良いでしょう。

エコドライブモードは、エンジン出力を抑え、バッテリーの電力を積極的に使うことで燃費の良い走りを実現できます。

パワーモードは、エンジンとモーターのパワーを引き出し、ハイブリッド車ならではのトルク感ある力強い走りを実現します。

ハイブリッドシステム「THS II」による低燃費

パワフルな走りと同時に、世界トップクラスの低燃費を実現しているハイブリッドシステム(THS Ⅱ)が4代目プリウスの特徴です。

3代目と同様に1.8L直列4気筒エンジンですが、熱効率の改善とともにハイブリッドシステム全体の小型軽量化を図ったことで、燃費が大幅に向上。JC08モード燃費で比較すると、3代目の30.4km/Lに対し、4代目では37.2km/L(Eグレードをのぞく2WD)まで向上しました。

鋭い加速力と日常シーンにおける低燃費を高い次元でバランスさせたハイブリッドシステムが、4代目プリウスに搭載されているTHS Ⅱなのです。

安全装備として「Toyota Safety Sense」を標準化

予防安全機能「Toyota Safety Sense」は、マイナーチェンジのタイミングで全グレード標準装備となりました。

機能の内容として、昼間の歩行者まで対応できるミリ波レーダーと単眼カメラによる歩行者検知機能付衝突回避支援、駐車支援システム、パノラミックビューモニターなどがあります。またオプション設定ですが、後退時に左右後方から接近してくる車両を知らせてくれる、リヤクロストラフィックアラートを装着できるようになりました。

新型プリウスは、予防安全機能の標準化による価格上昇も最小限に抑えられており、コストパフォーマンスにも優れています。

賛否両論あったエクステリアを変更

マイナーチェンジ最大のトピックは、賛否両論あったエクステリアの意匠変更です。

縦方向を強調した斬新なデザインから、横方向へのワイド感を持たせたデザインへ大きく変わりました。

横方向への造形を取り入れることで、どっしりとした安定感のある印象を与えることに成功。さらに車格がアップしたかのような落ち着きも手に入れ、上品なイメージも獲得しています。

インテリアも変更された新型プリウス

インテリアも変更された新型プリウス

インテリアも上質なイメージへ変更されています。

シフト周りやセンターコンソールトレイなどのカラーが、ホワイトからブラックへ変わりました。わずかなカラー変更ですが、ブラックを基調とすることで引き締まったインテリアになり、高級車の風格すら感じさせてくれます。

エアコン吹き出し口、ナビ画面、コントロールパネル、センターコンソールを中心に左右に広がるインパネの造形は、コントラストが強調され上質な車に乗っている雰囲気を与えてくれます。

T-Connectサービスが3年間無料

2018年のマイナーチェンジからプリウスとしては初めてのコネクティッドサービス「T-Connect」が導入されました。

専用通信モジュール (DCM=データ・コミュニケーション・モジュール)が全グレードに標準装備され、トヨタカスタマーセンターとつながることで、24時間カーライフサポートを受けられます。車両情報通知機能、事故や急病による緊急時の通報機能、オペレーターによる目的地設定や渋滞情報などのデータ送信をしてくれます。車との生活をより安心で快適にしてくれるコネクティッドサービスがT-Connectなのです。

多くの機能を搭載したサービスが3年間無料で受けられるのは特筆すべきポイント。4年目からは年間12,000円の有料サービスとなりますが、まずは3年間じっくりT-Connectを使ってその利便性をたっぷりと味わってみてはいかがでしょうか。

プリウスのグレードと価格帯

マイナーチェンジにより先進機能が多数搭載されたプリウスのグレード構成は、廉価版の「E」、標準グレードの「S」、上級グレードの「A」、ベンチレーション機能付き本革シートが装着される「Aプレミアム」の4タイプです。

「S」「A」「Aプレミアム」は、17インチホイールなどが装着される「ツーリングセレクション」も設定。 さらに「E」以外のグレードに四輪駆動の「E-Four」もラインナップしています。

【グレードと価格】
「E」2,565,200円 (税込)
「S」2,612,500円 (税込)~
「Sツーリングセレクション」2,783,000円 (税込)~
「A」2,895,200円 (税込)~
「Aツーリングセレクション」3,062,400円 (税込)~
「Aプレミアム」3,234,000円 (税込)~
「Aプレミアムツーリングセレクション」3,345,100円 (税込)~

プリウスのレビューまとめ

プリウスのレビュー

エクステリアデザインの変更、インテリアカラーの変更、予防安全機能「Toyota Safety Sense」の全グレード標準装備、コネクティッドサービス「T-Connect」の搭載など、マイナーチェンジでその魅力をさらに磨いた新型プリウス。

年間12,000円のコネクティッドサービスを3年間無料で使えたり、安全性能を向上させているにもかかわらず価格上昇は控えめです。進化を遂げたプリウスを、まずは試乗で体感してみてはいかがでしょうか。

定額で新車に乗れるトヨタの車のサブスクリプション「KINTO」では、プリウスが任意保険や自動車税など、クルマにかかる諸経費が込みで乗れます。
(一部取扱いのない車種がある場合がございます)

≪関連記事≫
4代目プリウスはさらに燃費向上!リッター30キロを超える低燃費を実現!

この記事をシェアする

MEMBERSHIP

1分のメンバー登録で、
お得情報、見積もり保存、クルマ比較を
ご利用いただくことができます。

メンバーシップに登録

SNSをフォローする

  • ホーム
  • コラム
  • トヨタの新型プリウスを徹底レビュー!マイナーチェンジで外観以外も変わった!?

PAGE TOP